水族館魚図鑑-レッドマウスドゴビー(Gobius cruentatus)

レッドマウスゴビーは名前の通り唇が赤色のハゼで、地中海や東部大西洋に生息しています。

国内では葛西臨海水族園でのみ展示されています。

 

 

レッドマウスドゴビーについて!

レッドマウスゴビーは18cm程度に成長するスズキ目ハゼ科Gobius属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200904115808j:plain

レッドマウスゴビーは名前の通り、赤色の唇が特徴のハゼで背鰭・胸鰭が大きく発達しています。

厚く塗った口紅のような色をしています。 

 

和名 レッドマウスドゴビー
学名 Gobius cruentatus
英名 Red-mouthed goby
スズキ目(Perciformes)
ハゼ科(Gobiidae)
Gobius属(Gobius)
分布

東部大西洋、地中海

生息環境 岩礁

レッドマウスゴビーは東部大西洋、地中海に生息しており、岩礁や砂底の場所で見られます。

水族館で展示されることもあります。

レッドマウスドゴビーを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年8月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

レッドマウスドゴビーを展示しているJAZA加入の施設は葛西臨海水族園のみとなっています。

地中海に生息しているため、他の水族館で展示されることはほとんどないと思われます。

レッドマウスドゴビーと葛西臨海水族園

葛西臨海水族園では世界の海エリアの地中海水槽にてレッドマウスゴビーを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200904115901j:plain

この水槽では複数のレッドマウスゴビーが展示されており、縄張り争いする姿を見ることができました。(大きな個体が他の個体を追い払っていました。)

タイミングによっては上のように鰭を開いてくれるので是非ゆっくり観察してみてください。

地中海水槽にはレッドマウスゴビー以外にも珍しい魚が展示されており、ここでしか見られない魚が展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。