水族館魚図鑑-ハタタテシノビハゼ(Ctenogobiops tangaroai)

ハタタテシノビハゼは背鰭を立てている綺麗なハゼの仲間で、テッポウウオと共生することからダイバーにも人気のある魚のようです。

 

 

ハタタテシノビハゼについて!

ハタタテシノビハゼは体長6cm程度にまで成長するスズキ目ハゼ科シノビハゼ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201031143921j:plain

ハタタテシノビハゼの体色は白色で体の背側に白色の斑点、体全体に橙色の斑点があります。

第1背鰭の第1・2棘が伸長し、これが和名の由来にもなっています。

普段から背鰭を立てていますが、折りたたむと尾鰭の付け根まであります。

食性は肉食で動物プランクトンや甲殻類等を捕食しています。

 

和名 ハタタテシノビハゼ
学名 Ctenogobiops tangaroai
英名 Tangaroan shrimp-goby
スズキ目(Perciformes)
ハゼ科(Gobiidae)
シノビハゼ属(Ctenogobiops)
分布

西部太平洋

生息環境 サンゴ礁

ハタタテシノビハゼは西部太平洋で見られ、国内では琉球列島以南で見ることができます。

水深5m~40mのサンゴ礁の砂底で見られます。

テッポウエビの仲間と共生することで知られています。

観賞魚として飼育されることがあります。

ハタタテシノビハゼを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ハタタテシノビハゼを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ハタタテシノビハゼと志摩マリンランド

志摩マリンランドではサンゴ礁の魚エリアにてハタタテシノビハゼを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201031143838j:plain

この水槽ではテッポウウオと共生するハゼを多く展示しており、ハタタテシノビハゼの他にギンガハゼ、オーロラゴビー、ニチリンダテハゼ、ヒレナガネジリンボウ、メタリックシュリンプゴビーなどが展示されています。

共生ハゼは世界中で多くの種類が知られていますが、この水槽では展示施設が少ないレアな種類も多いので是非観察してみてください。

障害物などに隠れている場合も多いので、見当たらない場合は時間を置いて観察すると良いかもしれません。

ハタタテシノビハゼを展示している施設の一覧

ハタタテシノビハゼを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

志摩マリンランド 城崎マリンワールド  

シノビハゼの仲間は国内で数種類が確認されていますが、JAZA加入の施設で展示されているのは本種のみとなっています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。