水族館魚図鑑-スカラレエンゼルフィッシュ(Pterophyllum scalare)

スカラレエンゼルフィッシュはアマゾン川流域に生息しているエンゼルフィッシュの仲間で、日本でも観賞魚として流通しています。

エンゼルフィッシュの原種は2種or3種or4種とされており、日本で観賞魚として見られるのは本種を品種改良した物が多いです。

 

 

スカラレエンゼルフィッシュについて!

スカラレエンゼルフィッシュは体長15cm程度にまで成長するスズキ目シクリッド科エンゼルフィッシュ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210228032028j:plain

スカラレエンゼルフィッシュはくすんだ銀白色の体色に暗色の横帯が数本入っています。

長く発達した背鰭、尾鰭、腹鰭を持っており、大きな鰭でゆっくり泳ぐ姿が天使のように見えることが名前の由来となっています。

 

f:id:itsuwalove777:20210228032205j:plain
f:id:itsuwalove777:20210228032602j:plain
f:id:itsuwalove777:20210228032713j:plain

エンゼルフィッシュは多くの品種改良種が存在し、スカラレエンゼルフィッシュが元になっている品種が多いです。

原種に近い特徴を持った養殖個体を「並エンゼル」と呼ぶ事があります。

食性は肉食で水生昆虫、甲殻類等を捕食しています。

 

和名 スカラレエンゼルフィッシュ
学名 Pterophyllum scalare
英名 Freshwater Angelfish
スズキ目(Perciformes)
シクリッド科(Cichlidae)
エンゼルフィッシュ属(Pterophyllum)
分布 アマゾン川水系
生息環境 河川

スカラレエンゼルフィッシュはアマゾン川流域に生息しています。

水草や水に浸かった葉に1,000個ほどの卵を産卵し、卵と稚魚をペアで保護・世話します。

観賞魚として人気の高い魚で品種改良種も多く存在します。

流通するのはほとんどが養殖個体で、野生個体も輸入されますがペアで1万円をこえる事もあります。

天使が由来なっている魚ですが、シクリッド科の魚らしく縄張りを持ち他の魚を攻撃してしまう事もあるので注意が必要です。

スカラレエンゼルフィッシュを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

スカラレエンゼルフィッシュを展示しているJAZA加入の施設は13ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

エンゼルフィッシュと鳥羽水族館

鳥羽水族館ではジャングルワールドエリアにてエンゼルフィッシュを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210228032052j:plain

鳥羽水族館では大きな水槽でエンゼルフィッシュのみを展示しており、水槽が大きいためか縄張りを持って争うエンゼルフィッシュを見ることができました。

この水槽では様々なエンゼルフィシュを展示しており、上のようなノーマルカラーやゴールデンタイプ、マーブルタイプ、プラチナタイプなど多くのエンゼルフィッシュを見ることができます。

スカラレエンゼルフィッシュを展示している施設の一覧

スカラレエンゼルフィッシュを展示しているJAZA加入の施設は13ヵ所です。

千歳水族館 男鹿水族館 なかがわ水遊園
さいたま水族館 サンシャイン水族館 アクアパーク品川
富士水族館 名古屋港水族館 鳥羽水族館
伊勢シーパラダイス 志摩マリンランド 大阪海遊館
須磨水族園    

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。