水族館魚図鑑-ネオランプロローグス・ブリチャージ(Neolamprologus brichardi)

ネオランプロローグス・ブリチャージはタンガニーカ湖北部の固有種で、観賞魚として飼育されることもあります。

 

 

ネオランプロローグス・ブリチャージについて!

ネオランプロローグス・ブリチャージは体長10cm程度にまで成長するスズキ目シクリッド科Neolamprologus属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20210301154458j:plain

ネオランプロローグス・ブリチャージは胸鰭の基部に黒色の斑点があり、その周辺が黄色になっています。

尾鰭の上・下葉が長く伸長し、優雅な見た目をしている事から英名で「Princess cichlid」と呼ばれています。

食性は肉食で甲殻類や多毛類等を捕食しています。

 

和名 ネオランプロローグス・ブリチャージ
学名 Neolamprologus brichardi
英名 Princess cichlid
スズキ目(Perciformes)
シクリッド科(Cichlidae)
Neolamprologus属(Neolamprologus)
分布 タンガニーカ湖
生息環境

ネオランプロローグス・ブリチャージはアフリカのタンガニーカ湖の北部に生息しています。

岩の隙間などに卵を産卵し、他の個体が産卵した卵もグループで世話を行います。

観賞魚として飼育されることもあり、水槽内での繁殖も行えます。

シクリッドの仲間の中では大人しい種類で、他の魚とも混泳させることができるようです。

ネオランプロローグス・ブリチャージを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ネオランプロローグス・ブリチャージを展示しているJAZA加入の施設は千歳水族館のみとなっています。

ネオランプロローグス・ブリチャージと千歳水族館

千歳水族館では世界の淡水魚エリアにてネオランプロローグス・ブリチャージを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210228032408j:plain

千歳水族館では上のように様々なシクリッドが展示されている水槽でネオランプロローグス・ブリチャージを展示しています。

この水槽ではネオランプロローグス・ブリチャージの他にコンゴテトラ、ゴールデンゼブラシクリッド、カメレオンシクリッドなどアフリカのマラウィ湖、タンガニーカ湖に生息するシクリッドを中心に展示しています。

JAZA加入の施設のうち、唯一ネオランプロローグス・ブリチャージを見ることができる水槽となっています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。