水族館魚図鑑-トリカラーピーコックシクリッド

トリカラーピーコックシクリッドは交配の元となった種類が不明な品種改良種で、派手な体色と模様をしています。

綺麗な見た目から観賞魚として飼育されることがありますが、シクリッド科の魚が元になっているので気性が荒いです。

 

 

トリカラーピーコックシクリッドについて!

トリカラーピーコックシクリッドは体長15cm程度にまで成長する品種改良種で、ピーコックシクリッドが元になっていると言われていますが、詳しくは不明です。

f:id:itsuwalove777:20201026040344j:plain

トリカラーピーコックシクリッドの体色は薄い紅色や青色をしており、体側に黒や青、赤のまだら模様があります。

シクリッドの体型でニシキゴイの模様をしているようにも見えます。

マウスブリーダーと呼ばれる口内で卵を保護する習性を持っています。

 

f:id:itsuwalove777:20201026040407j:plain

マラウィ湖に生息している種類が元になっていると言われているため、縄張り意識の強い魚で飼育する際は注意が必要です。

水質はアルカリ性を好み、混泳させる場合は隠れ家を多く作るなど対策が必要になります。

トリカラーピーコックシクリッドを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

トリカラーピーコックシクリッドを展示しているJAZA加入の施設は不明です。

志摩マリンランドで展示されているのを確認しました。(2020年10月時点)

トリカラーピーコックシクリッドと志摩マリンランド

志摩マリンランドではマンボウ館のマラウィ湖水槽でトリカラーピーコックシクリッドを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201026040356j:plain

志摩マリンランドではマラウィ湖のシクリッドを集めて展示している大型水槽でトリカラーピーコックシクリッドを展示しています。

この水槽ではトリカラーピーコックシクリッドの他に、ラビドクロミス・カエルレウス(イエローシクリッド)、リコマパールシクリッド、スキアエノクロミス・フライエリー(アーリー)、ゴールデンゼブラシクリッドを展示しています。

他ではほとんど見ることができないような珍しい種類も展示されています。(マラウィ湖に焦点を当てた大型水槽も他の施設でも見ることができません。)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。