水族館魚図鑑-フタイロカエルウオ(Ecsenius bicolor)

フタイロカエルウオは暗色と橙色のツートンカラーをしたイソギンポの仲間で観賞魚としても流通しています。

しかし、環境や個体差によっては2色のツートンカラーとならない場合もあります。 

 

 

フタイロカエルウオについて!

フタイロカエルウオは10cm程度にまで成長するスズキ目イソギンポ科ニラギンポ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20200820222140j:plain

フタイロカエルウオは上半身は 褐色や黒などの暗色、下半身は黄色や橙色になります。

暗色の上半身の中でも口元は白っぽくなっています。

色は個体差・地域差があり、3色になったり黒色になることもあるようです。

食性は雑食で藻類やプランクトンや小型の甲殻類等を捕食しています。

 

和名 フタイロカエルウオ
学名 Ecsenius bicolor
英名 Bicolor blenny
スズキ目(Perciformes)
イソギンポ科(Blenniidae)
ニラギンポ属(Ecsenius)
分布

インド洋~太平洋

生息環境 サンゴ礁

 フタイロカエルウオはインド洋~太平洋に生息しており、国内では琉球列島のサンゴ礁地帯で見られます。

英名の「Bicolor blenny」は二色のイソギンポという意味になります。

綺麗に2色に分かれており、特徴的な見た目をしているため観賞魚として人気のある魚です。

コケを食べると言われており、コケ掃除のために飼育されることもありますが、意外とコケ掃除はしてくれないとか…?

雑食で何でも良く食べ、丈夫なため飼育しやすい種類です。

フタイロカエルウオを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

フタイロカエルウオを展示しているJAZA加入の施設は18ヵ所となっています。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

フタイロカエルウオと すみだ水族館 

すみだ水族館のサンゴ礁エリアの手前から2番目の水槽でフタイロカエルウオを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200806061242j:plain

この水槽では同属のヒトスジギンポも展示されていますが、レイアウトが複雑で岩場も多いので外に出ているタイミングじゃないと見つけることができません。

岩場の陰から砂底まで隅々まで観察してみてください。

この水槽の隣では300匹近くのチンアナゴ達(チンアナゴ、ニシキアナゴ、ホワイトスポッテッドガーデンイール)が展示されている水槽があり、これは国内でもトップクラスの展示数です。

フタイロカエルウオを展示している水族館の一覧

フタイロカエルウオを展示しているJAZA加入の施設は18ヵ所となっています。

福島海洋科学館 鴨川シーワールド サンシャイン水族館
しながわ水族館 アクアパーク品川 すみだ水族館
上越水族博物館 富士水族館 南知多ビーチランド
名古屋港水族館 鳥羽水族館 須磨水族園
城崎マリンワールド しまね海洋館 海の中道水族館
大分マリーンパレス かごしま水族館 美ら海水族館

北側の施設ではほとんど展示されていません。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。