水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-エイ

水族館魚図鑑-マダラエイ(Taeniurops meyeni)

マダラエイは体盤の幅が2m以上にもなる大型のエイの仲間で、食用として利用されることもあります。

飼育が難しい種類と言われていますが、東海大海洋博物館やアクアパーク品川では繁殖にも成功しているようです。 

 

 

マダラエイについて!

マダラエイは体盤の幅が2m近くまで成長するトビエイ目アカエイ科マダラエイ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201226161346j:plain

マダラエイは灰褐色~褐色の体色をしており、暗色や茶色の斑紋があります。

体盤は綺麗な丸形をしており、目の近くに大きな噴水孔があります。

 

f:id:itsuwalove777:20201226162939j:plain

尾部には上の写真のように毒の棘があり、攻撃的な性格ではありませんが、刺激を受けた場合は尾を振り回して身を守ろうとします。

この棘自体が鋭いので、人間の死亡例もあります。(刺激しない限りは大人しい種類でダイバーにも人気があります。) 

 

f:id:itsuwalove777:20201226160646j:plain

上の写真は頭部をアップしたものです。

噴水孔の上に小さな目がありますが、体に対して目が小さいです。 

口は裏側についており、底部に生息している甲殻類や貝類などを捕食しています。

 

f:id:itsuwalove777:20201226163647j:plain

マダラエイの裏側は上の写真のようになっており、縁は斑点や薄いグレーになります。

鰭をはためかせるようにして泳ぎます。

 

和名 マダラエイ
学名 Taeniurops meyeni
英名 Black-blotched stingray
トビエイ目(Myliobatiformes)
アカエイ科(Dasyatidae)
マダラエイ属属(Taeniurops)
分布

インド洋~西部太平洋

生息環境 岩礁

マダラエイはインド洋=西部太平洋に生息しており、国内では南日本の太平洋沿岸、琉球列島、小笠原諸島などで見られます。

水深20~60mの岩礁地帯や砂泥底の環境で多く見られ、夜行性で小さな群れを作ることもあります。

釣りや定置網等で漁獲され、食用としても利用されています。

大型に成長することから釣りの対象魚となることもあるようです。

マダラエイを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年5月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

マダラエイを展示しているJAZA加入の施設は10ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下記載しています。

マダラエイと小樽水族館

小樽水族館では本館内にてマダラエイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201226160622j:plain

この水槽ではマダラエイの他に、マダラトビエイ、ウシバナトビエイ、ホシエイ、ドチザメ、イヌザメ、ツマグロ、クロヘリメジロザメ、トラフザメ、ネコザメを展示しています。

本館に入ってすぐの水槽で多くの軟骨魚類を展示しており、水もクリアで非常に見やすい水槽となっています。

マダラエイとアクアパーク品川

アクアパーク品川ではワンダーチューブにてマダラエイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201226161024j:plain

アクアパーク品川ではワンダーチューブという館内でも目玉の水槽でマダラエイを展示しています。

上の写真のような綺麗なトンネル水槽で、この水槽内だけで10種類以上のエイの仲間を展示しています。 

ナンヨウマンタやノコギリエイなどマダラエイよりも目立つ大型のエイが展示されており、マダラエイは目立たない底部を泳いでいる事が多いです。

マダラエイと すみだ水族館

すみだ水族館では小笠原大水槽にてマダラエイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200822045740j:plain

すみだ水族館で展示されているマダラエイは巨大な個体で、一緒に展示されているシロワニと比較しても大きいです。

私が訪れた際は岩の上から動くことはありませんでした。

小笠原大水槽では約50種類の魚が展示されているようですが、水槽の形状が複雑、展示生物を単体で観察するのにはあまり向いていない水槽です。(水槽全体がライトアップされて非常に綺麗です。)

マダラエイとマリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道では外洋大水槽にてマダラエイを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20200822045417j:plain

マリーンワールド海の中道の外洋大水槽は水量1,400tもある巨大な水槽で、ガラス面が非常に多くオープンな水槽となっています。

巨大な水槽ですが、大きなマダラエイは複数展示されているので簡単に見つけることができます。

外洋大水槽ではマダラエイの他にシロワニ、エイラクブカ、クモハダオオセ、コモリザメ、ホシエイ、マダラトビエイなどサメ・エイだけで10種類以上が展示されています。

f:id:itsuwalove777:20201226170350j:plain

水槽内の生き物に餌を与える時間では、ダイバーから直接餌を貰う姿も見ることができました。

マダラエイを展示している水族館の一覧

マダラエイを展示しているJAZA加入の施設は10ヵ所です。

小樽水族館 すみだ水族館 名古屋港水族館
宮津水族館 串本海中公園 大阪海遊館
須磨水族園 しまね海洋館 宮島水族館
海の中道水族館 大分マリーンパレス  

マダラエイを展示している施設はあまり数が多くなく、他のアカエイ科の大型種のホシエイ(30ヵ所以上)と比べても少ないです。

大きな水槽で展示されている事が多く、体が大きいので水槽内でも目立っている事が多いです。(水槽の底部でじっとしている事も多いです)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-エイ