水族館魚図鑑-トロピカルガー(Atractosteus tropicus)

トロピカルガーは他のガーの仲間よりも温暖な地域に生息しているガーの仲間で最大で1m以上に成長します。

 

 

トロピカルガーについて!

トロピカルガーは体長1m以上に成長するガー目ガー科Atractosteus属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201105074631j:plain

トロピカルガーは背側が暗色で、腹側は淡色をしています。

体側には不規則な模様がある場合もありますが、無地の個体もいます。

 

f:id:itsuwalove777:20201105074705j:plain

他のガーの仲間と形状が似ていますが、吻が太短いことで見分けることができます。

食性は肉食で甲殻類や魚類を捕食しています。

 

和名 トロピカルガー
学名 Atractosteus tropicus
英名 Tropical gar
ガー目(Lepisosteiformes)
ガー科(Lepisosteidae)
Atractosteus属(Atractosteus)
分布

西部太平洋

生息環境 岩礁

トロピカルガーは中米やカリブ海を中心に生息しており、他のガーと比べても温暖な地域で見られます。

淡水域と汽水域に生息してますが、流れの緩やかな環境で見られます。

あまり食用として利用されていませんが、現地の伝統料理などに使用されることがあります。

スポッテッドガーなどに比べると流通量は少ないですが、特定外来生物に指定される前は観賞魚として流通していました。

トロピカルガーを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年10月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

トロピカルガーを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

トロピカルガーと千歳水族館

千歳水族館では世界の淡水魚ゾーンにてトロピカルガーを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201105074727j:plain

トロピカルガーが展示されている水槽ではポリプテルス・エンドケリーが一緒に展示されています。

千歳水族館で展示されているトロピカルガーはあまり大きくありませんが、違う水槽で大きなアリゲーターガーが展示されています。

トロピカルガーを展示している施設の一覧

トロピカルガーを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

千歳水族館 おさかな館  

同じAtractosteusのアリゲーターガーは10ヵ所以上で展示されていますが、キューバンガーは2ヵ所でしか展示されていません。

おさかな館ではAtractosteus属3種類を展示しています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。