水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-カダヤシ目

水族館魚図鑑-ランプリクティス・タンガニカヌス(Lamprichthys tanganicanus)

ランプリクティス・タンガニカヌスは名前の通り、タンガニーカ湖周辺に生息しているカダヤシの仲間で、薄い水色の体色が特徴です。

 

 

ランプリクティス・タンガニカヌスについて!

ランプリクティス・タンガニカヌスは体長15cm程度にまで成長するカダヤシ目Procatopodinae科Lamprichthys属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201218034514j:plain

ランプリクティス・タンガニカヌスは背側は薄い水色の体色をしており、腹側は白色になります。

背側に黄色のラインがあり、背鰭・尾鰭・尻鰭が薄い黄色になります。

 

和名 ランプリクティス・タンガニカヌス
学名 Lamprichthys tanganicanus
英名 Tanganyika killifish
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
Procatopodinae科(Procatopodinae)
Lamprichthys属(Lamprichthys)
分布

タンガニーカ湖周辺

生息環境

ランプリクティス・タンガニカヌスはタンザニア、コンゴにあるタンガニーカ湖周辺に生息しています。

岸際の岩場に多く見られ、岩の隙間に卵を産卵します。

食用として利用するためにギブ湖にも移入されています。

ランプリクティス・タンガニカヌスを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ランプリクティス・タンガニカヌスを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

ランプリクティス・タンガニカヌスと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてランプリクティス・タンガニカヌスを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201214090338j:plain

東山動物園ではランプリクティス・タンガニカヌスを複数展示しており、同じ水槽内でアプロケイリクティス・プミルスを展示しています。

世界のメダカ館では世界中のカダヤシも展示しており、100種類近くのカダヤシを見ることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-カダヤシ目