水族館魚図鑑-クシフォフォルス・クレメンキアエ(Xiphophorus clemenciae)

クシフォフォルス・クレメンキアエは日本ではほとんど流通しないカダヤシの仲間で、尾鰭の一部が刀状に変化するソードフィッシュと呼ばれる魚です。

 

 

クシフォフォルス・クレメンキアエについて!

クシフォフォルス・クレメンキアエは体長5cm程度にまで成長するカダヤシ目カダヤシ科Xiphophorus属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201214101303j:plain

クシフォフォルス・クレメンキアエは空色の体色に赤色の縦帯が2本あり、尾鰭の下端が長く伸長し刀のようになります。(英語ではYellow swordtailと呼ばれています。刀部分が黄色いから?)

上のように尾鰭が刀状になるのはオスだけです。

 

f:id:itsuwalove777:20201210021745j:plain

上の個体がメスで、オスに比べると模様も薄く、尾鰭も刀状になりません

 

和名 クシフォフォルス・クレメンキアエ
学名 Xiphophorus clemenciae
英名 Yellow swordtail
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
カダヤシ科(Poeciliidae)
Xiphophorus属(Xiphophorus)
分布

メキシコ

生息環境 河川

クシフォフォルス・クレメンキアエはメキシコのコアツァコアルコス川やパパロアパン川に生息しています。

流れの遅い環境を好み、流れが速い環境ではほとんど見られません。

メキシコ当局によって絶滅危惧種に指定されているようです。

ソードテールは観賞魚として流通していますが、流通しているソードテールのほとんどが品種改良種です。

原種が流通することはほとんどありません。

クシフォフォルス・クレメンキアエを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

クシフォフォルス・クレメンキアエを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

クシフォフォルス・クレメンキアエと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてクシフォフォルス・クレメンキアエを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201210021733j:plain

東山動物園では上のように綺麗なクシフォフォルス・クレメンキアエを展示しており、オスとメスの個体が展示されています。

世界のメダカ館では世界中のメダカの展示がメインですが、世界中のカダヤシ目も展示しており、100種類近くが展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。