水族館魚図鑑-クセノトカ・ヴァリアータ(Xenotoca variata)

クセノトカ・ヴァリアータはメキシコ中央部の高地に生息しているカダヤシの仲間です。

 

 

クセノトカ・ヴァリアータについて!

クセノトカ・ヴァリアータは体長6cm程度にまで成長するカダヤシ目Goodeidae科Xenotoca属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201214090818j:plain

クセノトカ・ヴァリアータの上の写真はオスの個体で、体側の一部が銀色に輝いており、尾鰭の後端が白色になります。

尻鰭はアンドロポディウムという交接器になっています。

 

f:id:itsuwalove777:20201214090806j:plain

上の写真はメスの個体で、オスに比べると体色が薄く、黒色の斑点はオスよりも多いです。

 

和名 クセノトカ・ヴァリアータ
学名 Xenotoca variata
英名 Jeweled splitfin
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
Goodeidae科(Goodeidae)
Xenotoca属(Xenotoca)
分布

メキシコの中央高地

生息環境 淡水

クセノトカ・ヴァリアータはメキシコの中央高地に生息しています。

卵胎魚で、一度の出産数は少ないですが、1cm程度の大型の稚魚を出産します。

昔はハイランドカープという名称で流通していたようです。

クセノトカ・ヴァリアータを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

クセノトカ・ヴァリアータを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

クセノトカ・ヴァリアータと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてクセノトカ・ヴァリアータを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201214090740j:plain

東山動物園では上のように倒木でレイアウトされた水槽でクセノトカ・ヴァリアータを展示していますが、他の魚は水草レイアウトが多いので少し新鮮です。 

世界のメダカ館では世界中のカダヤシ目の魚を展示しており、100種類近いカダヤシの仲間を見ることができます。

 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。