水族館魚図鑑-アプロケイリクティス・シーリ(Micropanchax scheeli)

アプロケイリクティス・シーリは旧学名が「Aplocheilichthys scheeli」で流通名の由来になっています。(現在の学名は「Micropanchax scheeli」)

 

 

アプロケイリクティス・シーリについて!

アプロケイリクティス・シーリは体長4cm程度にまで成長するカダヤシ目カダヤシ科Micropanchax属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201214085550j:plain

アプロケイリクティス・シーリは透明度の高い見た目をしており、骨まではっきりと見えています。

鰭は大きく発達し、尾鰭は扇状になっています。

地域によっては体色や模様に差があります。

 

和名 アプロケイリクティス・シーリ
学名 Micropanchax scheeli
英名 Scheel's lampeye
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
カダヤシ科(Poeciliidae)
Micropanchax属(Micropanchax)
分布

カメルーン南西部、赤道ギニア、ナイジェリア

生息環境 河川、小川

アプロケイリクティス・シーリはカメルーン南西部のロメ川・キエンケ川、赤道ギニアのリオウトンデ川・リオベニ川、ナイジェリアに生息しています。

河川や小川に生息しています。

「Aplocheilichthys scheeli」は本種の旧学名で、現在の流通名の由来となっています。

アプロケイリクティス・シーリを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アプロケイリクティス・シーリを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

アプロケイリクティス・シーリと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてアプロケイリクティス・シーリを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201214085604j:plain

東山動物園では複数のアプロケイリクティス・シーリを展示しており、上のような水槽でゆったりと展示されています。

世界のメダカ館では世界中のメダカを集めて展示している施設ですが、カダヤシ目の展示も充実しています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。