水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-カダヤシ目

水族館魚図鑑-アプロケイリクティス・ミヤポサエ(Lacustricola myaposae)

アプロケイリクティス・ミヤポサエはナタールに生息しているカダヤシの仲間で、英名では「Natal topminnow」と呼ばれています。

 

 

アプロケイリクティス・ミヤポサエについて!

アプロケイリクティス・ミヤポサエは体長5cm程度にまで成長するカダヤシ目カダヤシ科Lacustricola属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201220180222j:plain

アプロケイリクティス・ミヤポサエは日本でも見られるメダカのような見た目をしていますが、オスの個体は鰭に模様があります。

 

和名 アプロケイリクティス・ミヤポサエ
学名 Lacustricola myaposae
英名 Natal topminnow
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
カダヤシ科(Poeciliidae)
Lacustricola属(Lacustricola)
分布

ナタール

生息環境 岩礁

アプロケイリクティス・ミヤポサエはナタールのポンゴラ川やウムララジ川流域の小川や河川、河口に生息しています。

ナタールに生息している事から英語では「Natal topminnow 」と呼ばれています。

旧学名の「Aplocheilichthys myaposae」が流通名の由来になっていますが、観賞魚として流通することは少ないです。

アプロケイリクティス・ミヤポサエを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アプロケイリクティス・ミヤポサエを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

アプロケイリクティス・ミヤポサエと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてアプロケイリクティス・ミヤポサエを展示しています。

東山動物園ではラクストリコラ ミヤポサエという名前で、学名「Lacustricola myaposae」で展示されていました。

f:id:itsuwalove777:20201214092130j:plain

東山動物園で展示されているカダヤシの中でも地味な見た目をしており、メスの個体しか見当たらなかったため、メダカにしか見えませんでした…

世界のメダカ館では世界中のカダヤシ目を展示しており、100種類近いカダヤシの仲間を見ることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-カダヤシ目