水族館魚図鑑-アプロケイリクティス・マクラトゥス(Lacustricola maculatus)

アプロケイリクティス・マクラトゥスはタンザニアのルブ川に生息しているカダヤシ目の魚です。

旧学名の「Aplocheilichthys maculatus」が流通名の由来になっています。

 

 

アプロケイリクティス・マクラトゥスについて!

アプロケイリクティス・マクラトゥスは体長3.5cm程度にまで成長するカダヤシ目カダヤシ科Lacustricola属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201220175146j:plain

アプロケイリクティス・マクラトゥスは薄い黄褐色の体色をしており、オスの個体は背鰭と尻鰭の一部が茶褐色にも色がつきます。

 

和名 アプロケイリクティス・マクラトゥス
学名 Lacustricola maculatus
英名 Spotted lampeye
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
カダヤシ科(Poeciliidae)
Lacustricola属(Lacustricola)
分布

タンザニア東部のルブ川

生息環境 河川

アプロケイリクティス・マクラトゥスはタンザニア東部のルブ川に生息しています。

地味な見た目をしているためか、観賞魚として流通することはほとんどありません。

アプロケイリクティス・マクラトゥスを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アプロケイリクティス・マクラトゥスを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

アプロケイリクティス・マクラトゥスと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてアプロケイリクティス・マクラトゥスを展示しています。(東山動物園ではラクストリコラ・マクラトゥス、学名「Lacustricora maculatus」という掲示パネルで掲示されています。 )

f:id:itsuwalove777:20201214092106j:plain

東山動物園の世界のメダカ館では世界中のメダカを集めて展示していますが、カダヤシ目の展示も充実しており、本種のようなマイナーな種類も多く見ることができます。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。