水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-カダヤシ目

水族館魚図鑑-アフィオセミオン・ロエンバージ(Aphyosemion loennbergii)

アフィオセミオン・ロエンバージはカメルーン南西部に生息している卵生メダカで、ロケーション(タイプ)が多い種類です。

 

 

アフィオセミオン・ロエンバージについて!

アフィオセミオン・ロエンバージは体長5cm程度にまで成長するカダヤシ目Nothobranchiidae科Aphyosemion属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201213201624j:plain

アフィオセミオン・ロエンバージは大きな背鰭を持ち、各鰭にクジャクの目玉模様のような斑点があります。

多くのロケーションが存在する種類で、模様・色彩のバリエーションが豊富です。 

メスの方がやや小型で、見た目が地味です。

 

和名 アフィオセミオン・ロエンバージ
学名 Aphyosemion loennbergii
英名 Leonnbergii Killifish
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
Nothobranchiidae科(Nothobranchiidae)
Aphyosemion属(Aphyosemion)
分布

カメルーン南西部

生息環境 小川

アフィオセミオン・ロエンバージはカメルーン南西部に生息しています。

観賞魚として飼育されることがありますが、流通量は少ないです。

ウィローモス等に粘着質な卵を産卵します。

アフィオセミオン・ロエンバージを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アフィオセミオン・ロエンバージを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

アフィオセミオン・ロエンバージと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてアフィオセミオン・ロエンバージが展示されています。

f:id:itsuwalove777:20201210020704j:plain

アフィオセミオン・ロエンバージはオスとメスの個体が展示されており、オスは個体により色彩に若干の違いがありました。

世界のメダカ館では世界中のメダカが展示されている施設ですが、世界中のカダヤシ目の展示も充実しており100種類近くが展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-カダヤシ目