水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-カダヤシ目

水族館魚図鑑-アフィオセミオン・コエレステ(Aphyosemion coeleste)

アフィオセミオン・コエレステはコンゴ南部、カボンに生息している卵生メダカの仲間で、空色の体色と黄色の鰭が特徴です。

 

 

アフィオセミオン・コエレステについて!

アフィオセミオン・コエレステは体長5cm程度にまで成長するカダヤシ目Nothobranchiidae科Aphyosemion属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201213163900j:plain

アフィオセミオン・コエレステは英名で「Sky-blue killi 」 と呼ばれているように、体色は空色~青色になります(地域により差があり)。

尾鰭の上端・下端の縁と背鰭、尻鰭の先端の縁が黄色になります。(黄色の縁の前に赤色の部分がありますが、これは地域により大きく異なります。)

 

和名 アフィオセミオン・コエレステ
学名 Aphyosemion coeleste
英名 Sky-blue killi
カダヤシ目(Cyprinodontiformes)
Nothobranchiidae科(Nothobranchiidae)
Aphyosemion属(Aphyosemion)
分布

コンゴ南部、カボン

生息環境 小川 

アフィオセミオン・コエレステはコンゴ南部やカボンの湿地帯の小川に生息しています。

他のアフリカで見られる卵生メダカと同じように、地域により色彩や模様の差があり、採集地により区別されています。

観賞魚として飼育されることがありますが、流通することは稀です。

アフィオセミオン・コエレステを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アフィオセミオン・コエレステを展示しているJAZA加入の施設は東山動物園のみとなっています。

アフィオセミオン・コエレステと東山動物園

東山動物園では世界のメダカ館にてアフィオセミオン・コエレステを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201213163900j:plain

東山動物園では上のような模様の個体が展示されており、体長は他のカダヤシ目と比べても小さかったです。

東山動物園の世界のメダカ館では世界中のメダカはもちろん、カダヤシ目の展示も充実しており、100種類近いカダヤシ目を展示しています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-カダヤシ目