水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-カラシン目

水族館魚図鑑-ゴールデンプリステラ(品種改良種)

ゴールデンプリステラはプリステラを品種改良した種類で、丈夫で飼育しやすい事から観賞魚としても人気のある魚です。

 

 

ゴールデンプリステラについて!

ゴールデンプリステラは体長5cm程度にまで成長するカラシン目カラシン科プリステラ属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201221173738j:plain

ゴールデンプリステラはやや黄色がかった白っぽい体色をしており、尾鰭が薄い赤色になります。

 

f:id:itsuwalove777:20210115010533j:plain

上の写真は原種のプリステラです。

ゴールデンプリステラと体型や鰭の模様は似ていますが、体色や背鰭の模様が違います。

 

和名 ゴールデンプリステラ
学名 Pristella maxillaris var.
英名  
カラシン目(Characiformes)
カラシン科(Characidae)
プリステラ属(Pristella)
分布

品種改良種

生息環境 品種改良種

原種のプリステラはアマゾン川流域に生息しています。 

ゴールデンプリステラは観賞魚として飼育されており、温和で群れを作ることから群れで他の魚と一緒に飼育されることが多いです。

飼育下での産卵難易度が高い種類が多いカラシン目の仲間の中では飼育下での産卵難易度が低い種類で、ウィローモスなどにばら撒くように産卵するようです。

ゴールデンプリステラの他にバルーンプリステラなど他の品種改良種も存在します。

ゴールデンプリステラを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ゴールデンプリステラを展示しているJAZA加入の施設は記載されていないため不明です。

千歳水族館で展示されているのを確認しました。(2020年10月時点)

ゴールデンプリステラと千歳水族館

千歳水族館では世界の淡水魚ゾーンにてゴールデンプリステラを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201222184230j:plain

千歳水族館では上のような水草でレイアウトされた横長の水槽でゴールデンプリステラを展示しています。(上で見えている3倍くらいの幅があります。)

この水槽ではゴールデンプリステラの他にプリステラやゴールデンテトラ、ネオンテトラ、カージナルテトラ、レッドファントムテトラ、ブラックファントムテトラ、ディスカスなどカラシン目の魚が多く展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-カラシン目