水族館魚図鑑 水族館魚図鑑-カダヤシ目

水族館魚図鑑-ブルーレインボー(Melanotaenia lacustris)

ブルーレインボーはパプアニューギニア島の限られた水系にのみ生息しておrい、名前の通り背側が青色になるのが特徴のレインボーフィッシュの仲間です。

 

 

ブルーレインボーについて!

ブルーレインボーば体長10cm程度にまで成長するトウゴロウイワシ目メラノタエニア科Melanotaenia属の魚です。

f:id:itsuwalove777:20201221133446j:plain

ブルーレインボーは背側が青色、腹側は銀白色になり、全身に光沢があります。

体側の中央部に暗色の縦帯があります。

食性は雑食で藻類や甲殻類や昆虫等を捕食しています。

  

和名 ブルーレインボー
学名 Melanotaenia lacustris
英名 Lake Kutubu rainbowfish
トウゴロウイワシ目(Atheriniformes)
メラノタエニア科(Melanotaeniidae)
Melanotaenia属(Melanotaenia)
分布

パプアニューギニア

生息環境 岩礁

ブルーレインボーはパプアニューギニア島のクチュブ湖、キリコ川、ソロカワにのみ生息しています。

観賞魚として飼育されることがありますが、同じMelanotaenia属のハーフオレンジレインボーなどに比べると流通量は少ないです。

ブルーレインボーを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2020年12月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ブルーレインボーを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ブルーレインボーと千歳水族館

千歳水族館では世界の淡水魚ゾーンにてブルーレインボーを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20201221133601j:plain

千歳水族館では1匹だけブルーレインボーが展示されており、群れを作る魚が1匹で展示されているためか、非常に憶病で人が通ると逃げてしまいました。

この水槽ではハーフオレンジレインボーやコムスケールレインボーというトウゴロウイワシの仲間やグラスキャット、ラージグラスフィッシュ、スポッテッドナイフフィッシュなどが展示されていました。

ブルーレインボーを展示している施設の一覧

ブルーレインボーを展示しているJAZA加入の施設は3ヵ所です。

名古屋港水族館 志摩マリンランド NIFREL

ブルーレインボーは東海~大阪の限られた範囲の施設で展示されています。 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-水族館魚図鑑, 水族館魚図鑑-カダヤシ目