両生類図鑑 両生類図鑑-カエル

動物園・水族館両生類図鑑-フタイロネコガエル(Phyllomedusa bicolor)

フタイロネコガエルは南米大陸南部に分布しているネコガエル属の最大種です。

日本ではペットとして飼育される事もありますが、流通量は少ないです。

 

 

フタイロネコガエルについて!

フタイロネコガエルは体長10cm以上に成長する無尾目アマガエル科ネコメガエル属のカエルです。

本種はネコガエル属の最大種です。

f:id:itsuwalove777:20210419181338j:plain

フタイロネコガエルは明るい緑色の体色をしており、体には黒で縁取られた白色の斑点が散在しています。

目を開いた際に猫の瞳孔のように縦長の形をしている事が特徴です。(上のようにやる気のなさそうな目をしている事もあります。)

皮膚から刺激性の強い毒を分泌します。

食性は肉食で昆虫、節足動物などを捕食しています。

 

和名 フタイロネコガエル
学名 Phyllomedusa bicolor
英名 Giant monkey tree frog
無尾目(Anura)
アマガエル科(Hylidae)
ネコメガエル属(Phyllomedusa)
分布 南米大陸南部
生息環境 森林

フタイロネコガエルはガイアナ、コロンビア、スリナム、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビアに分布しています。

森林に生息しており、樹上棲です。 

生息地の原住民は本種の毒を持ちいて狩猟を行っていました。

生息環境の開発などにより生息数は減少しています。

日本には少数がペットとして輸入されますが、野生個体は状態が悪い個体が多く飼育が難しい場合が多いようです。

フタイロネコガエルを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

フタイロネコガエルを展示しているJAZA加入の施設はアクアパーク品川のみとなっています。

フタイロネコガエルとアクアパーク品川

アクアパーク品川ではアクアジャングルエリアにてフタイロネコガエルを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210416004626j:plain

アクアパーク品川では物陰に隠れるようにしており、私が訪れた際には上のような目をしていますが、タイミングによっては名前の由来なっている猫の瞳孔のような目をしているのを見ることができます。

このエリアではフタイロネコガエルの他にマルメタピオカガエル、イエアメガエル、マダラヤドクガエルという3種類のカエルが展示されています。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

-両生類図鑑, 両生類図鑑-カエル