動物園・水族館両生類図鑑-ジュウジメドクアマガエル(Phrynohyas resinifictrix)

ジュウジメドクアマガエルは目に十字の模様があるドクアマガエルの仲間で、皮膚から毒液を分泌します。

ペットとして飼育される事があり、主に欧州の飼育下繁殖個体が流通します。

 

 

ジュウジメドクアマガエルについて!

ジュウジメドクアマガエルは体長8cm程度位にまで成長する無尾目アマガエル科ドクアマガエル属のカエルです。

f:id:itsuwalove777:20210416005239j:plain

ジュウジメドクアマガエルは体色を環境により変化させ、表面にはイボがあり、体には太い暗色の縞模様が入ります。

虹彩は黄色で、十字色の斑紋が入る事が和名の由来となっています。

外敵に襲われると皮膚から毒液を分泌します。

食性は肉食で昆虫、節足動物を捕食しています。

 

和名 ジュウジメドクアマガエル
学名 Phrynohyas resinifictrix
英名 Amazon milk frog
無尾目(Anura)
アマガエル科(Hylidae)
ドクアマガエル属(Phrynohyas)
分布 南米大陸南部
生息環境 森林

ジュウジメドクアマガエルはエクアドル、ベネズエラ、スリナム、ギアナ、ブラジル北部、ボリビアに分布しています。

森林に生息しており、水の溜まった洞の中に卵を産みます。

日本でもペットとして飼育される事がありますが、皮膚から毒を分泌するため取り扱いには注意が必要です。(流通するのは飼育下繁殖個体が輸入されているようです。)

ジュウジメドクアマガエルを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

ジュウジメドクアマガエルを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

ジュウジメドクアマガエルとサンシャイン水族館

サンシャイン水族館では水から陸へ~両生類の世界~にてジュウジメドクアマガエルを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210416005239j:plain

サンシャイン水族館では上のように地面が泥上になった多湿なケースでジュウジメドクアマガエルを展示していました。

このエリアではジュウジメドクアマガエルの他にベルツノガエル、コモリガエル、アイゾメヤドクガエル、マダラヤドクガエルなどのカエルの仲間を展示しています。

ジュウジメドクアマガエルを展示している施設の一覧

ジュウジメドクアマガエルを展示しているJAZA加入の施設は2ヵ所です。

サンシャイン水族館 東山動物園  

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。