動物園・水族館両生類図鑑-アカメアマガエル(Agalychnis callidryas)

アカメアマガエルは真っ赤な目を持つアマガエルの仲間で、中米に分布しています。

ペットとして飼育される事もあります。

 

 

アカメアマガエルについて!

アカメアマガエルは体長7cm程度にまで成長する無尾目アマガエル科アカメアマガエル属のカエルです。

f:id:itsuwalove777:20210420001157j:plain

アカメアマガエルは明るい緑色の体色をしており、眼は真っ赤です。(夜行性のカエルで、昼間は目を閉じて体を縮こまらせる事で乾燥を防ぎます。)

前肢の根本近くの内側と後肢の内側は鮮やかな青色をしており、体の側面は青や黄色、白色などの縞模様があります。

種小名の「callidryas」は「美しい木の妖精」という意味があります。

食性は肉食で昆虫や節足動物などを捕食しています。

 

和名 アカメアマガエル
学名 Agalychnis callidryas
英名 Red-eyed tree frog
無尾目(Anura)
アマガエル科(Hylidae)
アカメアマガエル属(Agalychnis)
分布 中米
生息環境 熱帯雨林

アカメアマガエルはメキシコ南部、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマに分布しています。

熱帯雨林に生息しており、昼間は葉の上で休んでいます。

産卵は水面に垂れ下がっている葉に行い、孵化すると水中に落ちるようになっています。

ユニークな見た目からペットとして飼育される事もある種類で、流通量も少なくありません。

アカメアマガエルを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アカメアマガエルを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

アカメアマガエルと東山動物園

東山動物園では自然動物館にてアカメアマガエルを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210416005127j:plain

東山動物園では葉が多くあるケースの中でアカメアマガエルを展示しており、夜行性な事もあり上のように体を縮こまらせ、葉に擬態して眠っていました。

自然動物館の2Fでは爬虫類・両生類を展示しており、アカメアマガエルの他にサビトマトガエル、ナゴヤダルマガエル、イエアメガエル、アフリカウシガエル、スズガエルなど多くのカエルが展示されています。

アカメアマガエルと鳥羽水族館

鳥羽水族館では奇跡の森エリアにてアカメアマガエルを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210416005149j:plain

鳥羽水族館では野外にあるエリアでアカメアマガエルを展示しており、明るい事もあり上のように葉に隠れて休んでいました。

このエリアではアカメアマガエルの他にコケガエル、イヌガエル、ニューギニアオオアマガエル、ベルツノガエル、ミドリヒキガエルなどが展示されていました。

アカメアマガエルを展示している施設の一覧

アカメアマガエルを展示しているJAZA加入の施設は4ヵ所です。

サンシャイン水族館 東山動物園 姫路セントラルパーク
鳥羽水族館    

ユニークな見た目で知っている人も多い種類ですが、展示施設は少ないです。

昼間に休んで目を閉じているためかもしれません… 

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。