動物園・水族館両生類図鑑-アイゾメヤドクガエル(Dendrobates tinctorius)

アイゾメヤドクガエルはヤドクガエルの中でも大型の種類で、地域により別種に見えるほど体色に変異があります。

日本ではペットとして飼育される事があり、飼育下繁殖個体や長期間飼育された個体は毒を持たないと言われています。

 

 

アイゾメヤドクガエルについて!

アイゾメヤドクガエルは体長5cm程度にまで成長する無尾目ヤドクガエル科ヤドクガエル属のカエルです。

f:id:itsuwalove777:20210416012743j:plain

アイゾメヤドクガエルは地域によって体色が大きく異なり、青色や黄色、黒色など様々な体色をした個体がいます

体や前肢、後肢に黒色のまだら模様が表れる場合もあります。

 

f:id:itsuwalove777:20210424053030j:plain

上のように黄色の体色をした個体もいます。

食性は肉食で昆虫(特にアリ)を主食としています。

 

和名 アイゾメヤドクガエル
学名 Dendrobates tinctorius
英名 Dyeing poison dart frog
無尾目(Anura)
ヤドクガエル科(Dendrobatidae)
ヤドクガエル属(Dendrobates)
分布 ガイアナ、スリナム、ブラジル北部、フランス領ギアナ
生息環境 熱帯雨林

アイゾメヤドクガエルはガイアナ、スリナム、ブラジル北部、フランス領ギアナという南米大陸の北部に分布しています。

卵を落ち葉の下などに産卵し、孵化した幼体を背中に乗せて水場まで運びます。

日本ではペットとして飼育される事があり、臆病な性格で物陰に隠れている事も多いです。(長期間飼育された個体や飼育下繁殖個体は毒を持たないと言われています。)

アイゾメヤドクガエルを展示している施設!

情報は記載当時のJAZAの情報です。(2021年3月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

アイゾメヤドクガエルを展示しているJAZA加入の施設は8ヵ所です。

展示している施設の一覧は記事の一番下に記載しています。

アイゾメヤドクガエルとサンシャイン水族館

サンシャイン水族館では水から陸へ~両生類の世界~にてアイゾメヤドクガエルを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210416012730j:plain

サンシャイン水族館では上のように黄色の範囲が広い個体が複数展示されています。

このエリアではアイゾメヤドクガエルの他にコモリガエル、ベルツノガエル、ジュウジメドクアマガエルなどのカエルが展示されています。

アイゾメヤドクガエルと八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスでは海の源・豊かな森にくらす生きものたちエリアにてアイゾメヤドクガエルを展示しています。

f:id:itsuwalove777:20210424052941j:plain

アイゾメヤドクガエルは上のように大きな水槽の中でアイゾメヤドクガエルとマダラヤドクガエルを展示しており、私は1匹しか見つけられませんでしたが、ケースが大きいため複数の個体が展示されていると思われます。

このエリアではアイゾメヤドクガエルの他にキオビヤドクガエル、マダラヤドクガエルが展示されています。

アイゾメヤドクガエルを展示している施設の一覧

アイゾメヤドクガエルを展示しているJAZA加入の施設は8ヵ所です。

円山動物園 上野動物園 サンシャイン水族館
東山動物園 姫路セントラルパーク 鳥羽水族館
伊勢シーパラダイス 大分マリーンパレス  

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。