水族館魚図鑑-タンチョウ(丹頂)

今回紹介する金魚の品種は、タンチョウという頭の部分だけ赤色の金魚についてです!

品種名の由来はタンチョウという頭の部分が赤色ツルの仲間から来ています。

 

 

タンチョウについて!

タンチョウはポピュラーな品種で流通量も多いです。

f:id:itsuwalove777:20190222160748j:plain

紅白で頭だけ模様があるので縁起が良さそうな金魚です。

シルエットはオランダシシガシラですが、その特徴的な模様で簡単に見分けることができます。

頭のコブの部分のみが赤くなります。(オランダシシガシラの変異個体を固定したもののようです)

 

f:id:itsuwalove777:20190208151325j:plain

上から見るとこのようになります。

大きくなっても、ふっくらしている体型と相まって可愛いらしさを感じます。

中国でもよく飼育されている種類のようです。

 

名前 タンチョウ
漢字 丹頂

漢字で書くと丹頂となりますが、これは名前の由来となった鶴の仲間と同じ漢字になります。

f:id:itsuwalove777:20190923142211j:plain

上の画像はツルのタンチョウです。 頭の上だけ赤いのが分かると思います!

 

人気の高い品種でネットでも多くの個体が流通しています。

タンチョウを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

JタンチョウはJAZA加入の施設で10施設で展示されており、多くの水族館で見ることができます。

千歳水族館 足立区生物園 すみだ水族館
八景島シーパラダイス 鳥羽水族館 志摩マリンランド
姫路水族館 しまね海洋館 桂浜水族館
宮島水族館    

タンチョウとすみだ水族館

すみだ水族館では江戸リウムにてタンチョウを含む様々な品種の金魚を展示しています。

f:id:itsuwalove777:20191123192500j:plain

上の画像は上から見たものですが、横から見ることができる水槽にも展示されているので上からでも横からでも観察することができます。

タンチョウの他にも多くの品種が展示されているオススメの水族館です。

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

タンチョウと葛飾区金魚展示場

葛飾区金魚展示場は元東京水産試験場であり、水元公園内にあります。

f:id:itsuwalove777:20190208151325j:plain

上から見てもきれいな種類で、白色に鮮やかな赤色がとても映えます。

立派に育ったタンチョウを見ることできます!(ふっくらしているのですが、それもまた可愛いです!)

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

タンチョウと足立区生物園

足立区生物園では金魚大水槽にて展示されています。

f:id:itsuwalove777:20190222160756j:plain

タンチョウは様々な品種が展示されている金魚大水槽でも目立つ品種です。

コブが盛り上がっているので、赤色が更に目立ちます!

 

f:id:itsuwalove777:20190222160757j:plain

展示されている金魚の中でも見つけやすい品種なので訪れた際はぜひ探してみてください。

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。