水族館魚図鑑-コメット(金魚図鑑)

コメットは金魚の品種の1種で、優雅なヒレが特徴の品種です。

エド〇〇やサクラ〇〇みたいな品種は日本、その他の品種は中国が多いのですが、コメットは珍しいアメリカ発の品種となっています。(オランダシシガシラはオランダで作出されたように思うと思いますが、実は中国で作られた品種です!)

 

 

コメットについて!

コメットはワキン、リュウキン、デメキンの次くらいには知名度の品種の一つだと思います。

f:id:itsuwalove777:20190222134231j:plain

体の形はワキンと同じようにフナに近い形をしており、丈夫で飼いやすいですが自慢のヒレが病気になってしまうことがあるので注意が必要なようです。

 

f:id:itsuwalove777:20190222134308j:plain

カラーバリエーションは様々で、真っ白な模様もいます!

カラーバリエーションだけではなく、尾ヒレの長さも個体によって異なります。

尾ヒレがY字に深く切り込んでいる方が尾ヒレが発達する見込みが高いようです。

 

f:id:itsuwalove777:20190222142751j:plain

泳いでいると長い尾ビレがヒラヒラと優雅に泳ぎます。

上の個体は尾ヒレの切り込みがほとんどないですが、ドレスのスカートみたいで良いですよね!

コメットは一般的にも多く流通している品種ですが、それだけの魅力がある品種です!

 

コメットを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

 

コメットを展示しているJAZA加入の施設は9箇所となっています。

福島海洋科学館 足立区生物園 さいたま水族館
すみだ水族館 南知多ビーチランド 志摩マリンランド
伊勢シーパラダイス 桂浜水族館 宮島水族館

常設展示ではなく、ポピュラーな品種なため、イベントの展示等でも見る機会が多いと思われます。

コメットと足立区生物園

足立区生物園では金魚大水槽に展示されています。

f:id:itsuwalove777:20190222135403j:plain

多くの品種が巨大な水槽に展示されていますが、コメットはシルエットが他の品種と大きく異なるので簡単に見つけることができます。

足立区生物園は入園料も安く、様々な金魚の品種を見る事ができるのでオススメの施設です。

 

コメットとすみだ水族館

すみだ水族館の江戸リウムに展示されています。

f:id:itsuwalove777:20191123192548j:plain

 すみだ水族館では常設展示としては国内最大規模の金魚展示を行っており、多くの種類の金魚を見る事が出来ます。

その中でもコメットは多くの水槽で展示されています!

 

葛飾区金魚展示場とコメット

葛飾区の水元公園内にある葛飾区金魚展示場にもコメットは展示されています。

f:id:itsuwalove777:20190208151133j:plain

元東京水産試験場があった場所で、現在は金魚の養殖を行っています。(年に1度販売会も開催されているようです)

東京水産試験場で作出された品種もあるので、興味がある方は是非訪れてみて下さい!(見学料は無料で一般人でも見る事ができますよ)

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。