水族館魚図鑑-アケボノチョウチョウウオ(Chaetodon melannotus)

今回紹介するのは特徴的な名前をつけられているアケボノチョウチョウウオについてです!

和名の由来は曙光のように見えることから付けられているようです!

たしかに、身体の部分が太陽で黄色の部分が光として見ると、曙光に見えるような気もします!

気になった方は曙光(しょこう)と調べて画像と見比べてみてください!

 

 

アケボノチョウチョウウオについて!

最大で18cmほどになる中型のチョウチョウウオです。

チョウチョウウオの仲間では珍しいシルエットをしており、おにぎりのような形をしています。

f:id:itsuwalove777:20200113191903j:plain

見た目は白をベースに外側のヒレなどを黄色で塗ったような見た目をしています。

似た種類にスポットテールバタフライフィッシュがいます。(尾びれの部分に黒点があるので見分けることができます)

小さく映っていた写真を拡大したのでブレブレで申し訳ないです… もっと綺麗に撮れたら差し替えます!

 

f:id:itsuwalove777:20200113191822j:plain

サンシャイン水族館では中層を泳ぎ回っていたので写真によく写っていました!

これが個体差なのかアケボノチョウチョウウオという種全体の特徴なのかは分かりませんが…

 

和名 アケボノチョウチョウウオ
学名 Chaetodon melannotus
英名 Blackback butterflyfish
スズキ目(Perciformes)
チョウチョウウオ科(Chaetodontidae)
チョウチョウウオ属(Chaetodon)
分布

太平洋、インド洋、紅海 日本でも多くみられる種類になります。

生息環境 サンゴ礁

アケボノチョウチョウウオは英名では(blackback)となっており、黒色の背中に注目して名前がつけられています

見たままの名前で覚えやすいですね!

また、日本でも多く見られる種類で観賞魚としても多く流通しています!

国内で購入できるチョウチョウウオの仲間としては安価な部類に入ります!

本州にも死滅回遊してくるので、夏に海に行くと見る事ができるかもしれません!

アケボノチョウチョウウオを展示している水族館!

情報は記載当時のJAZAや水槽の情報です。(2020年1月更新)

実際に行かれる際には現在も展示しているかどうか確認することをオススメします。(JAZAの情報は古いことも多いので注意してください)

アケボノチョウチョウウオを展示しているJAZA加入の施設は15ヶ所になります!

小樽水族館 福島海洋科学館 鴨川シーワールド
しながわ水族館 アクアパーク品川 新潟市水族館
東海大海洋博物館 名古屋港水族館 志摩マリンランド
串本海中公園 大阪海遊館 城崎マリンワールド
しまね海洋館 足摺海洋館 海の中道水族館

東から西の各地域の水族館で見ることができるようです!

アケボノチョウチョウウオとサンシャイン水族館

サンシャイン水族館では、サンシャインラグーン水槽というサンシャイン水族館のメイン水槽で展示されています!

f:id:itsuwalove777:20200113191837j:plain
f:id:itsuwalove777:20200113191822j:plain
チョウチョウウオが集まりやすいチョウチョウウオの舞というエリアから見るのが観察しやすいです!
しかし、展示されているチョウチョウウオが小型なので個別の写真を撮るのには向いていませんでした…
また、水槽が大きいので近くで撮ることが困難です。
 

f:id:itsuwalove777:20200114020554j:plain

とはいえ、視界にこんなに多くの種類のチョウチョウウオが入る水槽はサンシャイン水族館以外知らないので、サンシャイン水族館を訪れた際はぜひ見ていってください!(私はこれが見たくて休日のカップルだらけのサンシャイン水族館に行ってきました…!)

www.gogo-zoo-aquarium.com

 

今回はアケボノチョウチョウウオを紹介していきました!

多くの水族館にて展示されている種類なので、見つけた際には観察してみてください!

じっくり観察すると和名の由来である曙光のように見えるかもしれません…!!

 

ここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。