爬虫類図鑑-ヘビ

動物園・水族館爬虫類図鑑-ボアコンストリクター/ボア・インペラトール(Boa constrictor)

ボアコンストリクターは中米~南米大陸に生息しているボア科のヘビで、ペットとしても人気のある種類でした。(2020年の改正動物愛護法の施行により、愛玩目的の飼育は禁止されています。) アカボアやボアコンストリクターを略して「ボアコン」と呼ばれる事も…

動物園・水族館爬虫類図鑑-オオミズヘビ(Enhydris bocourti)

オオミズヘビはミズヘビ属の最大種で、日本ではペットとして飼育される事もあります。 JAZA加入の施設では鳥羽水族館でのみ展示されています。 オオミズヘビについて! オオミズヘビを展示している施設! オオミズヘビと鳥羽水族館 オオミズヘビについて! …

動物園・水族館爬虫類図鑑-ヒゲミズヘビ(Erpeton tentaculatum)

ヒゲミズヘビは名前の通り、吻端にヒゲ状の1対の突起があるのが特徴のミズヘビの仲間です。 陸上に上がる事はほとんどなく、一生のほとんどを水中で過ごします。 ヒゲミズヘビについて! ヒゲミズヘビを展示している施設! ヒゲミズヘビと鳥羽水族館 ヒゲミ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-オオアナコンダ(Eunectes murinus)

オオアナコダンは最大9mまで成長すると言われている世界最大のヘビの1種です。 体重も重く、陸上では俊敏に動くことができないため、主に水中で生活しています。 オオアナコンダについて! オオアナコンダを展示している施設! オオアナコンダと登別ニクス …

動物園・水族館爬虫類図鑑-タタールスナボア(Eryx colubrinus)

タタールスナボアはアフリカ大陸南部のサバンナや砂漠に分布しているボア科のヘビで、日本ではペットとして飼育される事もあります。 マダラスナボアやケニアサンドボアという名称で呼ばれる事もあります。 タタールスナボアについて! タタールスナボアは体…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ビルマニシキヘビ(Python bivittatus)

ビルマニシキヘビは東南アジアに分布する大型のニシキヘビで、日本では特定生物に指定されています。 古くから飼育されているニシキヘビの仲間で、様々な見た目の品種が流通していました。 2009年まではインドニシキヘビの亜種であると考えられていました。 …

動物園・水族館爬虫類図鑑-ベーレンニシキヘビ(Morelia boeleni)

ベーレンニシキヘビはニューギニア島に分布しているニシキヘビの仲間で、虹色に反射する鱗が特徴です。 標高の高い森林に生息しており、確認される事が少ないため「幻のニシキヘビ」と呼ばれていた事もあります。 JAZA加入の施設では足立区生物園でのみ展示…

動物園・水族館爬虫類図鑑-エメラルドツリーボア(Corallus caninus)

エメラルドツリーボアは完全樹上棲のヘビで、枝の上でとぐろを巻いた状態でじっとしています。 日本ではペットとして飼育される事があります。 エメラルドツリーボアについて! エメラルドツリーボアを展示している施設! エメラルドツリーボアと東山動物園 …

動物園・水族館爬虫類図鑑-アフリカニシキヘビ(Python sebae)

アフリカニシキヘビはニシキヘビの中でも大型に成長する種類で、日本では特定生物に指定されており、愛玩目的での飼育は禁止されています。(2020年5月末時点で飼育許可を持っていた個体のみ継続して飼育可能) アフリカニシキヘビについて! アフリカニシキヘ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ミドリニシキヘビ(Morelia viridis)

ミドリニシキヘビは樹上でとぐろを巻いている姿が有名なニシキヘビの仲間で、展示している動物園も多いです。 旧和名のグリーンパイソンで呼ばれることも多いです。 ミドリニシキヘビについて! ミドリニシキヘビを展示している施設! ミドリニシキヘビと鳥…

動物園・水族館爬虫類図鑑-スマトラアカニシキヘビ/ヒイロニシキヘビ(Python curtus)

スマトラアカニシキヘビはスマトラ島とその周辺の島に分布しているニシキヘビの仲間で、体長は2m程度とニシキヘビの仲間としてはやや小型です。 ヒイロニシキヘビ、アカニシキヘビ、ブラックブラッドパイソン、スマトラブラッドパイソンなどの名称で呼ばれる…

動物園・水族館爬虫類図鑑-キイロネズミヘビ(Pantherophis obsoletus qudrivittata)

キイロネズミヘビはアメリカ合衆国の南東部に分布しているヘビで、ペットとして飼育される事があります。 キイロネズミヘビについて! キイロネズミヘビを展示している施設! キイロネズミヘビと東山動物園 キイロネズミヘビを展示している施設の一覧 キイロ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-シマヘビ(Elaphe quadrivirgata)

シマヘビは体にある縦縞模様が名前の由来になっているヘビの仲間で、ペットとして飼育される事があります。 黒化個体はカラスヘビと呼ばれています。 シマヘビについて! シマヘビを展示している施設! シマヘビと千歳水族館 シマヘビと東山動物園 シマヘビ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-プエーブラミルクヘビ(Lampropeltis triangulum)

プエーブラミルクヘビは毒々しい見た目をしたキングヘビ属の仲間で、日本でもペットとして飼育される事があります。 プエーブラミルクヘビについて! プエーブラミルクヘビを展示している施設! プエーブラミルクヘビと登別ニクス プエーブラミルクヘビを展…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ニホンマムシ(Gloydius blomhoffii)

ニホンマムシは日本各地に分布している毒蛇で、ハブよりも強い毒性を持ちます。(体が小さいため、注入量が少ないです。) 滋養強壮や漢方などの目的で使用されることもあります。 ニホンマムシについて! ニホンマムシを展示している施設! ニホンマムシと旭…

動物園・水族館爬虫類図鑑-アオダイショウ(Elaphe climacophora)

アオダイショウは都市部でも多く見られるヘビで、本州に分布しているヘビの中では最大種です。 品種改良種などがペットとして飼育される事があります。 アオダイショウについて! アオダイショウを展示している施設! アオダイショウと千歳水族館 アオダイシ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-カリフォルニアキングヘビ(Lampropeltis getula californiae)

カリフォルニアキングヘビはペットとして人気のあるヘビで、様々な品種改良種が流通しています。 大型種ではありませんが、体長に対して締め付ける力は非常に強い事で知られています。 カリフォルニアキングヘビについて! カリフォルニアキングヘビを展示し…