爬虫類図鑑-トカゲ

動物園・水族館爬虫類図鑑-オオヒルヤモリ/マダガスカルヒルヤモリ(Phelsuma madagascariensis)

オオヒルヤモリはマダガスカル島東部に分布している昼行性の緑色のヤモリです。 マダガスカル島に分布している事から「マダガスカルヒルヤモリ」や「マダガスカルミドリヤモリ」と呼ばれる事があります。 この記事ではオオヒルヤモリで統一しています。 オオ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-アルマジロトカゲ(Ouroborus cataphractus)

アルマジロトカゲは南アフリカ共和国西部に分布しているトカゲで、アルマジロのように体を丸めて防御態勢をとる事が名前の由来となっています。 アルマジロトカゲについて! アルマジロトカゲを展示している施設! アルマジロトカゲと円山動物園 アルマジロ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ハスオビアオジタトカゲ(Tiliqua scincoides)

ハスオビアオジタトカゲはオーストラリアやタニンバル諸島(インドネシア)に分布しているトカゲで、日本ではペットとして飼育される事があります。 ハスオビアオジタトカゲについて! ハスオビアオジタトカゲを展示している施設! ハスオビアオジタトカゲと登…

動物園・水族館爬虫類図鑑-マツカサトカゲ

マツカサトカゲは松かさのような鱗を持つことが名前の由来になっているトカゲで、オーストラリア南部の一部に分布しています。 日本ではペットとして飼育される事がありますが、流通数は少なく非常に高価です。 マツカサトカゲについて! マツカサトカゲを展…

動物園・水族館爬虫類図鑑-アメリカドクトカゲ(Heloderma suspectum)

アメリカドクトカゲはアメリカ南部~メキシコ南部に分布しているドクトカゲの仲間で、噛みついて獲物に神経毒を擦りこんで麻痺させてから捕食します。 以前は日本でもペットとして飼育される事がありましたが、現在は特定生物に指定されています。 アメリカ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-パンサーカメレオン(Furcifer pardalis)

パンサーカメレオンはマダガスカル北部、レユニオンに分布しているカメレオンで、地域によって色彩の差が大きいです。 日本ではペットとして飼育される事があり、エボシカメレオンなどと並び流通量が多い種類です。 パンサーカメレオンについて! パンサーカ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-エボシカメレオン(Chamaeleo calyptratus)

エボシカメレオンはオスの頭部が烏帽子をかぶったように上に伸長する事が名前の由来になっているカメレオンの仲間です。 カメレオンの中でもペットとして人気の高い種類で、流通量は多い種類です。 エボシカメレオンについて! エボシカメレオンを展示してい…

動物園・水族館爬虫類図鑑-チュウゴクワニトカゲ/シナワニトカゲ(Shinisaurus crocodilurus)

チュウゴクワニトカゲは中国の一部、ベトナム北部に分布しているワニトカゲの仲間で、日本ではペットとして飼育される事があります。 チュウゴクワニトカゲについて! チュウゴクワニトカゲを展示している施設! チュウゴクワニトカゲと円山動物園 チュウゴ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ガイアナカイマントカゲ(Dracaena guianensis)

ガイアナカイマントカゲは南米大陸南部に分布しているトカゲの仲間で、カイマンというワニに見た目が似ている事が名前の由来になっています。 「ギアナカイマントカゲ」と呼ばれる事もあります。 ガイアナカイマントカゲについて! ガイアナカイマントカゲを…

動物園・水族館爬虫類図鑑-オマキトカゲ(Corucia zebrata)

オマキトカゲはソロモン諸島に分布しているトカゲ科の最大種で、尾を枝に巻き付ける事が名前の由来になっています。 オマキトカゲについて! オマキトカゲを展示している施設! オマキトカゲと円山動物園 オマキトカゲを展示している施設の一覧 オマキトカゲ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-イワヤマプレートトカゲ(Gerrhosaurus validus)

イワヤマプレートトカゲはアフリカ南部に分布しているカタトカゲの仲間です。 日本ではペットとして飼育される事がありますが、神経質な性格をしており、流通量が少ないです。 イワヤマプレートトカゲについて! イワヤマプレートトカゲを展示している施設!…

動物園・水族館爬虫類図鑑-オニプレートトカゲ(Broadleysaurus major)

オニプレートトカゲはペットとして人気の高い種類で、アフリカ中央部~東部に分布しています。 オニプレートトカゲについて! オニプレートトカゲを展示している施設! オニプレートトカゲと東山動物園 オニプレートトカゲについて! オニプレートトカゲは全…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ニホンカナヘビ(Takydromus tachydromoides)

ニホンカナヘビは日本各地に分布しているカナヘビの仲間で、草原や低地、低山地など幅広い環境に生息しています。 ニホンカナヘビについて! ニホンカナヘビを展示している施設! ニホンカナヘビと札幌円山動物園 ニホンカナヘビを展示している施設の一覧 ニ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-コガネオオトカゲ(Varanus melinus)

コガネオオトカゲは名前の通り、黄色の体色をしたオオトカゲの仲間です。(個体差が大きく、個体によっては黄色ではない場合もあります。) オオトカゲの中では温和な種類で、ペットとして飼育される事もあります。 コガネオオトカゲについて! コガネオオトカ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-サバンナオオトカゲ(Varanus exanthematicus)

サバンナオオトカゲはアフリカ大陸に分布しているオオトカゲの仲間で、オオトカゲの中でも小型の種類です。 愛好家の間では「サバンナモニター」と呼ばれる事が多いです。 サバンナオオトカゲについて! サバンナオオトカゲは全長100cm程度にまで成長する有…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ミズオオトカゲ(Varanus salvator)

ミズオオトカゲは中国南部から東南アジアにまで分布しているオオトカゲの仲間で、名前の通り水辺の近くで多く見られます。 日本ではペットとして飼育される事もあります。 ミズオオトカゲについて! ミズオオトカゲを展示している施設! ミズオオトカゲと札…

動物園・水族館爬虫類図鑑-サイイグアナ(Cyclura cornuta)

サイイグアナは頭部にサイのような角がある事が名前の由来になっているイグアナの仲間です。 日本では札幌円山動物園でのみ展示されています。 サイイグアナについて! サイイグアナを展示している施設! サイイグアナと円山動物園 サイイグアナについて! …

動物園・水族館爬虫類図鑑-トゲチャクワラ(Sauromalus hispidus)

トゲチャクワラはアンヘルデラグアルダ島等に分布しているイグアナ科のトカゲで、頸部に棘状の鱗が並んでいるのが特徴です。 日本ではペットとして飼育される事があります。 トゲチャクワラについて! トゲチャクワラを展示している施設! トゲチャクワラと…

動物園・水族館爬虫類図鑑-アオホソオオトカゲ(Varanus macraei)

アオホソオオトカゲはインドネシアのバタンタ島に分布しているオオトカゲです。 「コバルトツリーモニター」と呼ばれる事があります。 アオホソオオトカゲについて! アオホソオオトカゲを展示している施設! アオホソオオトカゲと円山動物園 アオホソオオト…

動物園・水族館爬虫類図鑑-グリーンイグアナ(Iguana iguana)

グリーンイグアナは中米南部、南米北部に分布しているイグアナで、日本で最も一般的に流通するイグアナの仲間です。 幼体が多く流通しますが、大型に成長するため、捨てられたと考えられる個体が見つかりニュースになる事もあります。 グリーンイグアナにつ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-グリーンバシリスク(Basiliscus plumifrons)

グリーンバシリスクは水上を走るトカゲとして有名な種類で、日本ではペットとして飼育される事もあります。 驚くと走り回る習性があるため、飼育には落ち着いた環境と大型のケージが必要になります。 グリーンバシリスクについて! グリーンバシリスクを展示…

動物園・水族館爬虫類図鑑-ケイマンイワイグアナ(Cyclura nubila caymanensis)

ケイマンイワイグアナはリトルケイマン島、ブラック・ケイマン島にのみ分布している絶滅が危惧されているイワイグアナの仲間です。 日本では東山動物園で展示されています。 ケイマンイワイグアナについて! ケイマンイワイグアナを展示している施設! ケイ…

動物園・水族館爬虫類図鑑-インドシナウォータードラゴン(Physignathus cocincinus)

インドシナウォータードラゴンは中国西部、タイ、ベトナムに分布しているトカゲで、日本にはペットとして輸入される事があります。 インドシナウォータードラゴンについて! インドシナウォータードラゴンを展示している施設! インドシナウォータードラゴン…

動物園・水族館爬虫類図鑑-フィリピンホカケトカゲ(Hydrosaurus pustulatus)

フィリピンホカケトカゲはフィリピンの島々に分布しているホカケトカゲの仲間で、日本ではペットとして飼育される事があります。 フィリピンホカケトカゲについて! フィリピンホカケトカゲを展示している施設! フィリピンホカケトカゲとサンシャイン水族館…

動物園・水族館爬虫類図鑑-フトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)

フトアゴヒゲトカゲはオーストラリア中部に分布しており、喉部にあるトゲ状の突起が名前の由来になっています。 外国産のトカゲの中では流通量の多い種類で、ペットとして人気があります。 フトアゴヒゲトカゲについて! フトアゴヒゲトカゲを展示している施…

動物園・水族館爬虫類図鑑-アンボイナホカケトカゲ(Hydrosaurus amboinensis)

アンボイナホカケトカゲはアンボイナ島やニューギニア島に分布しているホカケトカゲの仲間で、尾にクレストと呼ばれる帆のようなヒレ状の突起があります。 日本ではペットとして飼育される事がありますが、活発的な種類で落ち着いた環境と大型のケージが必要…