水族館魚図鑑

水族館魚図鑑-ティモールラス(Halichoeres timorensis)

ティモールラスはティモールの固有種ではなく、インド洋~太平洋西部に生息しているベラの仲間です。 日本でも観賞魚として流通することがあります。 ティモールラスについて! ティモールラスを展示している施設! ティモールラスを展示している施設の一覧 …

水族館魚図鑑-モンツキベラ(Bodianus dictynna)

モンツキベラは名前の通り、体側に複数の斑点があるベラの仲間で、観賞魚として飼育される事があります。 以前はインド洋に生息している「Bodianus diana」と同種とされていましたが、現在は別種とされています。 モンツキベラについて! モンツキベラを展示…

水族館魚図鑑-スミツキカミナリベラ(Stethojulis maculata)

スミツキカミナリベラは日本固有種で、オスの体には黒色の斑紋が複数並んでいます。 スミツキカミナリベラについて! スミツキカミナリベラを展示している施設! スミツキカミナリベラと葛西臨海水族園 スミツキカミナリベラについて! スミツキカミナリベラ…

水族館魚図鑑-タキベラ(Bodianus perditio)

タキベラはベラ科の中でも大型に成長する種類で、体にある淡色の斑紋が特徴です。 成魚は食用として利用されており、幼魚は観賞魚として飼育される事があります。 タキベラについて! タキベラを展示している施設! タキベラと鴨川シーワールド タキベラを展…

水族館魚図鑑-キスジキュウセン(Halichoeres hartzfeldii)

キスジキュウセンは国内では駿河湾以南で見られ、体にある黄色の縦線が名前の由来となっています。 キスジキュウセンについて! キスジキュウセンを展示している施設! キスジキュウセンと八景島シーパラダイス キスジキュウセンを展示している施設の一覧 キ…

水族館魚図鑑-キツネダイ(Bodianus oxycephalus)

キツネダイはキツネのように吻が突き出ているのが特徴のベラの仲間で、定置網で漁獲されたものが食用として利用されています。 漁獲量が少ないためか、キツネダイを展示している水族館は少ないです。 キツネダイについて! キツネダイを展示している施設! …

水族館魚図鑑-シロタスキベラ(Hologymnosus doliatus)

シロタスキベラはオスの個体に見られる白色の横帯が名前の由来になっている30cm以上に成長する大型のベラ科の魚です。 シロタスキベラを展示している施設は少なく、八景島シーパラダイスで展示しているのを確認しました。(2020年11月時点) シロタスキベラに…

水族館魚図鑑-イロブダイ(Cetoscarus ocellatus)

イロブダイは成魚と幼魚、成魚の性別により見た目が大きく異なるブダイの仲間です。 ブダイの中でも味が良い魚とされており、食用としても利用されています。 イロブダイについて! イロブダイを展示している施設! イロブダイと鴨川シーワールド イロブダイ…

水族館魚図鑑-オビブダイ(Scarus schlegeli)

オビブダイは成魚でも性別により見た目が異なり、オスはメスに比べて派手な見た目をしています。 沖縄では他のブダイの仲間と一緒に「イラブチャー」と呼ばれています。 オビブダイについて! オビブダイを展示している施設! オビブダイと葛西臨海水族園 オ…

水族館魚図鑑-カンムリブダイ(Bolbometopon muricatum)

カンムリブダイはブダイ科の最大種と言われており、1m以上に成長します。 大型の個体はコブダイのように頭部がコブのように盛り上がります。 カンムリブダイについて! カンムリブダイを展示している施設! カンムリブダイとマリンワールド海の中道 カンムリ…

水族館魚図鑑-ヨコスジフエダイ(Lutjanus ophuysenii)

ヨコスジフエダイは名前の通り、黒色の縦帯があるフエダイの仲間で、フエダイの仲間としては珍しい温帯域に生息している種類です。(琉球列島などでは見られません。) 多くの水族館で展示されているヨスジフエダイと名前は似ていますが、別種です。 ヨコスジ…

水族魚図鑑-ニセクロホシフエダイ(Lutjanus fulviflamma)

ニセクロホシフエダイは名前の通り、クロホシフエダイと見た目の似ているフエダイ科の魚です。 日本国内では鹿児島県や沖縄県などの南方で漁獲されており、食用として利用されています。 ニセクロホシフエダイについて! ニセクロホシフエダイを展示している…

水族館魚図鑑-ノコギリダイ(Gnathodentex aureolineatus)

ノコギリダイは小型のフエフキダイの仲間で、主上顎骨の側面に鋸歯状の隆起がある事が名前の由来となっています。 水族館で飼育されている事も多く、背部に淡色の小さな斑点があります。 ノコギリダイについて! ノコギリダイを展示している施設! ノコギリ…

水族館魚図鑑-ハチビキ(Erythrocles schlegelii)

ハチビキは最大70cm以上に成長する魚で、やや深場の環境に生息しています。 英名では「Japanese rubyfish 」と呼ばれていますが、アフリカ大陸の沿岸部等にも分布しています。 ハチビキについて! ハチビキを展示している施設! ハチビキと新江ノ島水族館 ハ…

水族館魚図鑑-ギバゴチ(Gymnodraco acuticeps)

ギバゴチは南極大陸付近に生息している魚で、ゴチと名前についていますが、コチ科の魚ではありません。 日本国内では名古屋港水族館でのみ展示されています。(2020年10月時点) ギバゴチについて! ギバゴチを展示している施設! ギバゴチと名古屋港水族館 ギ…

水族館魚図鑑-ホホスジタルミ(Macolor macularis)

ホホスジタルミは国内ではあまり多く漁獲されませんが、味が良く食用として利用されています。 同属のマダラタルミと似ています。 ホホスジタルミについて! ホホスジタルミを展示している施設! ホホスジタルミとしながわ水族館 ホホスジタルミについて! …

水族館魚図鑑-ヌノサラシ(Grammistes sexlineatus)

ヌノサラシは黒色の体色に白色の線・点線があるハタ科の魚で、粘液毒を分泌する事で知られてます。 食べた場合の毒性が不明なため、原則食用不可とされています。(綺麗な見た目から観賞魚として飼育される事があります。) ヌノサラシについて! ヌノサラシを…

水族館魚図鑑-ハクテンハタ(Epinephelus coeruleopunctatus)

ハクテンハタは名前の通り、白色の斑点が散在しているハタ科の魚です。 日本で見られる事は稀ですが、海外では食用として利用されています。 ハクテンハタについて! ハクテンハタを展示している施設! ハクテンハタと八景島シーパラダイス ハクテンハタを展…

水族館魚図鑑-ヤイトハタ(Epinephelus malabaricus)

ヤイトハタはインド洋~太平洋西部の熱帯・亜熱帯域のサンゴ礁・岩礁で見られるハタの仲間で、食用として利用されています。 クエやチャイロマルハタに似ていますが、斑点の色や大きさなどで見分ける事ができます。 ヤイトハタについて! ヤイトハタを展示し…

水族館魚図鑑-キンメモドキ(Parapriacanthus ransonneti)

キンメモドキはキンメダイに似ている事が名前の由来になっていますが、キンメダイ目ではなく、ハタンポ科の魚です。 大きな群れを作る事があり、練り物の原料として利用されています。 キンメモドキについて! キンメモドキを展示している施設! キンメモド…

水族館魚図鑑-カケハシハタ(Epinephelus radiatus)

カケハシハタはイヤゴハタやホウキハタに似た見た目をしているハタの仲間で、食用として利用されています。 東海大海洋博物館で展示されているのを確認しました。(2020年10月時点) カケハシハタについて! カケハシハタを展示している施設! カケハシハタと…

水族館魚図鑑-コリドラス・シュワルツィ(Corydoras schwartzi)

コリドラス・シュワルツィはブラジルの熱帯魚輸出業者のウィリー・シュワルツィという人物が名前の由来になっているコリドラスです。 日本でも観賞魚として飼育されています。 コリドラス・シュワルツィについて! コリドラス・シュワルツィを展示している施…

水族館魚図鑑-スジハゼ(Acentrogobius virgatulus)

スジハゼは体側に輝度の高い小さな青色の斑点があるのが特徴の小型のハゼで、北海道や沖縄等を除く日本各地に分布されています。 スジハゼについて! スジハゼを展示している施設! スジハゼと八景島シーパラダイス スジハゼを展示している施設の一覧 スジハ…

水族館魚図鑑-ツバサハゼ(Rhyacichthys aspro)

ツバサハゼは名前の由来になっている翼のように大きな胸鰭を持つハゼの仲間です。 日本国内では奄美大島、沖縄本島などで見られます。 ツバサハゼについて! ツバサハゼを展示している施設! ツバサハゼと新江ノ島水族館 ツバサハゼについて! ツバサハゼは…

水族館魚図鑑-ヌマチチブ(Tridentiger brevispinis)

ヌマチチブは「沼」が名前の由来に思えますが、河川にも生息しているハゼの仲間です。 気性が荒く縄張り意識を持つことで知られています。 ヌマチチブについて! ヌマチチブを展示している施設! ヌマチチブと千歳水族館 ヌマチチブを展示している施設の一覧…

水族館魚図鑑-ケショウハゼ(Oplopomus oplopomus)

ケショウハゼは体側に黒色・茶褐色の点があり、明るい青色の斑点が散在しているハゼの仲間です。 日本では奄美大島以南で見られます。 ケショウハゼについて! ケショウハゼを展示している施設! ケショウハゼと新江ノ島水族館 ケショウハゼについて! ケシ…

水族館魚図鑑-サビハゼ(Sagamia geneionema)

サビハゼは下顎にヒゲがあるのが特徴のハゼの仲間で、体側には黒色or赤褐色の斑点が縦列しています。 本州・九州で見られ、キス釣りの外道で釣られる事もあります。 サビハゼについて! サビハゼを展示している施設! サビハゼと八景島シーパラダイス サビハ…

水族館魚図鑑-シコンハタタテハゼ(Nemateleotris helfrichi)

シコンハタタテハゼは名前の通り、体の前半部が紫色をしたハタタテハゼの仲間です。 日本国内では奄美大島以南で見られ、観賞魚として飼育される事もあります。 シコンハタタテハゼについて! シコンハタタテハゼを展示している施設! シコンハタタテハゼと…

水族館魚図鑑-タメトモハゼ(Ophieleotris sp.)

タメトモハゼはカワアナゴ科の魚で、ハゼ亜目の中でも大型に成長し、発色も非常に派手で綺麗です。(観賞魚として飼育されることもあります。) タメトモハゼの仲間は1種類のみが分布していると考えられていましたが、琉球列島では2種類の未記載種が生息してい…

水族館魚図鑑-キイロサンゴハゼ(Gobiodon okinawae)

キイロサンゴハゼはサンゴ礁に生息している黄色一色の小型のハゼで、観賞魚としても人気のある魚です。 10匹前後の小さな群れを作って生活しています。 キイロサンゴハゼについて! キイロサンゴハゼを展示している施設! キイロサンゴハゼと鴨川シーワール…