水族館魚図鑑-古代魚

水族館魚図鑑-ポリプテルス・エンドケリー(Polypterus endlicheri endlicheri)

ポリプテルス・エンドケリーはポリプテルスの仲間としては国内で最も多く流通している種類で、観賞魚として人気の高い魚です。 ポリプテルス・エンドケリーについて! ポリプテルス・エンドケリーを展示している施設! ポリプテルス・エンドケリーと千歳水族…

水族館魚図鑑-ロングノーズガー(Lepisosteus osseus)

ロングノーズガーは名前の通り、長い吻を持つガーの仲間で2m近くまで成長します。 空気呼吸を行うことができるため、酸素濃度が低い環境でも生きることができます。 ロングノーズガーについて! ロングノーズガーを展示している施設! ロングノーズガーと志…

水族館魚図鑑-ノーザンバラムンディ(Scleropages jardinii)

ノーザンバラムンディはオーストラリア北部やパプアニューギニアに生息するアロワナの仲間です。 アジアアロワナに似ていますが、鰭に赤色の斑点があることで見分けることができます。 ノーザンバラムンディについて! ノーザンバラムンディを展示している施…

水族館魚図鑑-バタフライフィッシュ(Pantodon buchholzi)

バタフライフィッシュは水面を滑るように飛ぶことがあるアロワナ目の魚で、本種のみでパントドン科を構成しています。 バタフライフィッシュについて! バタフライフィッシュを展示している施設! バタフライフィッシュとサンピアザ水族館 バタフライフィッ…

水族館魚図鑑-プロトプテルス・アネクテンス(Protopterus annectens)

プロトプテルス・アネクテンスはアフリカ大陸の広い範囲に生息しているアフリカハイギョの仲間で、観賞魚として飼育されることがあります。 プロトプテルス・アネクテンスについて! プロトプテルス・アネクテンスを展示している施設! プロトプテルス・アネ…

水族館魚図鑑-プロトプテルス・ドロイ(Protopterus dolloi)

プロトプテルス・ドロイはコンゴ川流域等に生息しているアフリカハイギョで、他のアフリカハイギョと比べると細長い体型をしています。 本種は観賞魚として流通しています。 プロトプテルス・ドロイについて! プロトプテルス・ドロイを展示している施設! …

水族館魚図鑑-ポリプテルス・ビキール(Polypterus bichir)

ポリプテルス・ビキールは観賞魚として飼育されることがありますが、ポリプテルス・エンドケリーやポリプテルス・デルヘジィと比べるとやや高価です。 ポリプテルスは英語でpolypterusとなり「poly」(たくさんの)+「pterus」(鰭)となり、背鰭がたくさんある…

水族館魚図鑑-スポッテッドガー(Lepisosteus oculatus)

スポッテッドガーはガーの仲間の中では小型の種類で、名前の由来にもなっている体側の斑点が特徴の魚です。 現在は特定外来生物に指定されているため、新しく飼育することができませんが以前は観賞魚として流通していました。(指定以前から飼育していた個体…

水族館魚図鑑-トロピカルガー(Atractosteus tropicus)

トロピカルガーは他のガーの仲間よりも温暖な地域に生息しているガーの仲間で最大で1m以上に成長します。 トロピカルガーについて! トロピカルガーを展示している施設! トロピカルガーと千歳水族館 トロピカルガーを展示している施設の一覧 トロピカルガー…

水族館魚図鑑-ショートノーズガー(Lepisosteus platostomus)

ショートノーズガー はガー目の魚としては最小種で最大でも1mにもなりません。 日本では他のガーと同じように特定外来生物に指定されています。 ショートノーズガーについて! ショートノーズガーを展示している施設! ショートノーズガーと志摩マリンランド…

水族館魚図鑑-オーストラリアハイギョ(Neoceratodus forsteri)

オーストラリアハイギョはオーストラリアの限られた水系でのみ見られる魚で、ワシントン条約で野生個体の商取引が規制されています。 オーストラリアで養殖された個体が観賞魚として流通することがありますが、非常に高価です。 オーストラリアハイギョにつ…

水族館魚図鑑-アリゲーターガー(Atractosteus spatula)

アリゲーターガーは北米大陸の東南部に生息しているガー目の魚で、非公式な記録では3mを超える個体も確認されています。 口がワニのように見えることが英名の「Alligator gar 」の由来となっています。 アリゲーターガーについて! アリゲーターガーを展示し…

水族館魚図鑑-アミア・カルヴァ(Amia calva)

アミア・カルヴァは北米大陸の東部に生息している魚で、観賞魚として飼育されることがあります。 日本でも見られるカムルチーなどのスズキ目タイワンドウジョウ科の魚と似ていますが、本種はアミア目に分類されています。 アミア・カルヴァについて! アミア…

水族館魚図鑑-ポリプテルス・セネガルス(Polypterus senegalus)

ポリプテルス・セネガルスはポリプテルスの仲間の中でも小型種で流通量が多く観賞魚として人気の高い種類です。 性格は温和で他の大型魚と混泳されることもあります。 ポリプテルス・セネガルスについて! ポリプテルス・セネガルスを展示している水族館! …

水族館魚図鑑-ピラルク(Arapaima gigas)

今回紹介する魚は南米に生息する世界最大の淡水魚としても知名度の高いピラルクについてです!(日本では一般的にピラルクと呼ばれますが、アラパイマやパイチェと呼ばれることもあります。) ※現在ではメコンオオナマズや淡水エイの仲間が世界最大の淡水魚と…

水族館魚図鑑-シルバーアロワナ(Scleropages formosus)

今回紹介する魚はアロワナの中でも最も大きくなる種類であるシルバーアロワナについてです! 多くの水族館で展示されており、目にする機会も多いと思います! 観賞魚としても人気の高い種類ですが、価格も安価で流通量も多いです! シルバーアロワナについて…

水族館魚図鑑-インディアンナイフフィッシュ(Notopterus notopterus)

今回紹介する魚はインディアンナイフフィッシュというナイフフィッシュの仲間です! ナイフフィッシュ自体はアクアリウムなどをやっている方には知られている存在ですが、詳しく知っている方は少ない属です。 インディアンナイフフィッシュについて! インデ…

水族館魚図鑑-アジアアロワナ(Scleropages formosus)

今回紹介する魚は大型熱帯魚の中でも知名度の高いアジアアロワナについてです! 観賞魚としても人気の高い種類で、高価で取引されています。 アジアアロワナについて! アジアアロワナを展示している水族館! アジアアロワナについて! アジアアロワナは最大…