水族館魚図鑑-ベラ科

水族館魚図鑑-テンス(Iniistius dea)

テンスは背側に黒色の斑点があることで「点魚(てんす)」となったようです。 食用としても利用されている魚で柔らかい身質で煮つけなどで調理されます。 テンスについて! テンスを展示している水族館! テンスと京急油壺マリンパーク テンスを展示している水…

水族館魚図鑑-カンムリベラ(Coris aygula)

カンムリベラはベラ科カンムリベラ属の魚で、カンムリベラ属20種類以上の中で最も大きくなる種類です。 成長に伴い見た目が変化することでも知られており、水族館や観賞魚として飼育されることもあります。 カンムリベラについて! カンムリベラを展示してい…

水族館魚図鑑-キュウセン(Parajulis poecilopterus)

キュウセンはベラの仲間で砂で眠る事で有名ですが、ベラの仲間は本種以外にも砂に潜る種類は多いです。 キュウセンが分類されているキュウセン属は本種のみが確認されています。 キュウセンについて! キュウセンを展示している水族館! キュウセンと葛西臨…

水族館魚図鑑-ヒレグロベラ(Bodianus loxozonus)

ヒレグロベラは名前の通り、鰭(腹鰭は全体、尻鰭、背鰭、尾鰭は一部)が黒いべラの仲間で、琉球諸島では食用として利用されることもあります。 ヒレグロベラについて! ヒレグロベラを展示している水族館! ヒレグロベラとアクアパーク品川 ヒレグロベラにつ…

水族館魚図鑑-ホンソメワケベラ(Labroides dimidiatus)

ホンソメワケベラと言えば、魚に詳しくない方にも知名度の高い魚で多くの水族館で展示されています。(私が小学生の頃は教科書にも載っていました。) ホンソメワケベラは「ホソソメワケベラ」という名前になるはずでしたが、「ン」と「ソ」の読み違いによりホ…

水族館魚図鑑-ブルームテールラス(Cheilinus lunulatus)

ブルームテールラスは地中海、オマーン湾に生息しているナポレオンフィッシュと同じモチノウオ属の魚です。 地中海に生息しているため、国内で見られる水族館は葛西臨海水族園のみとなっています。 ブルームテールラスについて! ブルームテールラスを展示し…

水族館魚図鑑-ピーコックラス(Symphodus tinca)

ピーコックラスは地中海などに生息しているベラの仲間で、葛西臨海水族園でのみ展示されている魚です。(2020年9月時点) ピーコックとは「peacock」=クジャク という意味で、メスは地味な色をしていますが、オスは非常に綺麗な見た目をしています。 ピーコッ…

水族館魚図鑑-ニセモチノウオ(Pseudocheilinus hexataenia)

ニセモチノウオは綺麗な見た目から観賞魚として利用されることもあるベラの仲間ですが、気性が荒く混泳には注意が必要だと言われています。(水族館では他の小型魚と一緒に展示されていますが、小型のベラは展示されいないので同じような見た目の魚には反応す…

水族館魚図鑑-タヌキベラ(Bodianus izuensis)

タヌキベラは日本では伊豆~高知の狭い範囲で見られ、学名は「Bodianus izuensis 」と伊豆が入っています。 しかし、オーストラリ等でも見られることが分かっているので、伊豆でしか見られない訳ではありません…(学名あるあるです) タヌキベラについて! タ…

水族館魚図鑑-セニョリータ(Oxyjulis californica)

セニョリータとはスペイン語・ポルトガル語で未婚女性を呼びかける際の言葉で、漫画や映画で聞いたことがある方も多いかと思います。 何故、セニョリータという名前が付けられたのかは不明ですが、そんな変わった名前のベラの仲間を紹介していきます。 セニ…

水族館魚図鑑-スミツキベラ(Bodianus axillaris)

スミツキベラは体にある黒色の斑点が由来になっています。 他にもスミツキ○○という標準和名の魚は多くおり、他の種類も似たような黒色の斑点が由来になっています。 スミツキベラについて! スミツキベラを展示している水族館! スミツキベラとマリンワール…

水族館魚図鑑-カリフォルニアシープヘッド(Semicossyphus pulcher)

カリフォルニアシープヘッドは名前の通り、カリフォルニア湾、メキシコ湾等で見られる大型のベラの仲間で「カリフォルニアヒツジベラ」、「カリフォルニアキツネベラ」と呼ばれることもあります。 カリフォルニアシープヘッドについて! カリフォルニアシー…

水族館魚図鑑-カミナリベラ(Stethojulis interrupta terina)

カミナリベラは南日本で見られるベラの仲間で、頬に青色の筋が入るのが特徴です。 オスとメスで見た目が異なるため、オスは別種と考えられ「ニジベラ」と呼ばれている時期もありました。 カミナリベラについて! カミナリベラを展示している水族館! カミナ…

水族館魚図鑑-イラ(Choerodon azurio)

イラは特徴的な見た目をしているベラの仲間で他の種類と見分けることができます。 イラについて! イラを展示している水族館! イラとマリンワールド海の中道 イラを展示している水族館の一覧 イラについて! イラは全長45cm程度にまで成長するスズキ目ベラ…

水族館魚図鑑-ノドグロベラ(Macropharyngodon meleagris)

ノドグロベラは変わった見た目から観賞魚としても流通することがあるベラの仲間です。 特徴的な見た目をしていますが、展示している施設はほとんどありません。 ノドグロベラについて! ノドグロベラを展示している水族館! ノドグロベラと板橋区熱帯環境植…

水族館魚図鑑-ツユベラ(Coris gaimard)

ツユベラは見た目が綺麗な魚で観賞魚としても流通することもあります。 ツユベラという名前の由来は詳しくは分かっていないようです。 ツユベラについて! ツユベラを展示している水族館! ツユベラと板橋区熱帯環境植物館 ツユベラを展示している水族館の一…

水族館魚図鑑-オトメベラ(Thalassoma lunare)

オトメベラは尾鰭の黄色が特徴的な魚で三日月のように見えることから英名で「Moon wrasse 」と呼ばれています。 オトメベラについて! オトメベラを展示している水族館! オトメベラとマリンワールド海の中道 オトメベラと板橋区熱帯環境館 オトメベラを展示…

水族館魚図鑑-ギチベラ(Epibulus insidiator)

口を大きく伸ばして獲物を捕食することで有名な魚です。 沖縄では「ウーヤマグナー」や「タンメータニクーヤー」と呼ばれています。 ギチベラについて! ギチベラを展示している水族館! ギチベラとマリンワールド海の中道 ギチベラを展示している水族館の一…

水族館魚図鑑-ミツバモチノウオ(Cheilinus trilobatus)

ミツバモチノウオは有名なナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)と同じくモチノウオ属の仲間です。 独特な色彩をしているので、僅かですが水族館でも展示されています。 ミツバモチノウオについて! ミツバモチノウオを展示している水族館! ミツバモチノ…

水族館魚図鑑-ヤシャベラ(Cheilinus fasciatus)

今回紹介する魚はヤシャベラというベラの仲間です! ナポレオンフィッシュと同じ、ベラ科モチノウオ属の魚で大きくなると強面な見ためになります! 幼魚から大きくなると模様や見た目が変わるので色々な水族館で見比べるのも面白いと思います。 ヤシャベラに…

水族館魚図鑑-サドルラス(Thalassoma duperrey) ハワイに生息するニシキベラの仲間!

今回紹介する魚はハワイに生息するベラ科の仲間、サドルラスです! 美しいベラの仲間で、観賞魚としてハワイから輸入されることもある魚です。 サドルラスについて! サドルラスを展示している水族館! サドルラスについて! サドルラスは最大で20cmを超える…

水族館魚図鑑-クギベラ(Gomphosus varius)

今回紹介する魚は特徴的な口をしているベラの仲間、クギベラです! 英名ではBird wrasseで鳥と表現されていますが、和名では釘のような形だということでクギベラと付けられています! クギベラについて! クギベラを展示している水族館! クギベラについて!…

水族館魚図鑑-スパニッシュホグフィッシュ(Spanish hogfish)

今回紹介する魚は西大西洋で見られるベラの仲間、スパニッシュホグフィッシュです! 青色と黄色が美しい種類で、カリブ海という遠くに生息している種類ですが何カ所かの水族館でも見る事ができます! スパニッシュホグフィッシュについて! スパニッシュホグ…

水族館魚図鑑-スポットフィンホグフィッシュ

今回紹介する魚は太平洋の西側に生息するスポットフィンホグフィッシュについてです。(ベニキツネベラやキューバンホグフィッシュと呼ばれる事もあります。) 特徴的で綺麗な体色をしているため、遠くカリブ海から観賞魚として輸入されることもあります! ス…

水族館魚図鑑-ニシキベラ(Thalassoma cupido) 虹色のベラ??

今回紹介する魚はカラフルなベラの仲間、ニシキベラです! ニシキベラ属の仲間としてはスマートな体型をした種類です! ニシキベラについて! ニシキベラを展示している水族館! ニシキベラについて! ニシキベラは最大20cmまで成長する中型のベラの仲間です…

水族館魚図鑑-シロクラベラ(Choerodon schoenleinii) 沖縄ではマクブー!

今回紹介する魚はベラの仲間でも大型になる、シロクラベラという種類です! シロクラベラは沖縄ではマクブーと呼ばれており、沖縄3大高級魚の1種です。(他の2種はは沖縄の方言でアカジンミーバイ(和名:スジアラ)、アカマチ(和名:ハマダイ)です。) シロク…

水族館魚図鑑-ヤマブキベラ(Thalassoma lutescens)

今回紹介する魚はヤマブキ色の体色が由来のベラの仲間、ヤマブキベラです! ヤマブキ色が由来ですが、様々な色が入ったとても綺麗なベラです! ヤマブキベラについて! ヤマブキベラは20cmにまで成長する中型のベラです! ニシキベラ属の種類らしい、鮮やか…

水族館魚図鑑-メディタレイニアンレインボーラス(Coris julis)

今回紹介する魚はメディタレイニアンレインボーラスという美しいベラの仲間です!(ラスとは英語でベラの意味です。) 日本では見られない種類なので和名が無く、英名をそのまま読んでいるだけなので読みにくい名前になっています。 メディタレイニアンレイン…

水族館魚図鑑-ハワイアンクリーナーラス(Labroides phthirophagus) 虹色のソメワケベラ!

今回紹介する魚はソメワケベラ属の仲間のうち、唯一日本で見ることができないハワイアンクリーナーラスという種類です! 名前通りハワイ周辺で見られる種類になります! ハワイアンクリーナーラスについて! ハワイアンクリーナーラスを展示している水族館!…

水族館魚図鑑-コブダイ(Semicossyphus reticulatus) タイだけど鯛じゃない!

今回紹介する魚は立派なコブがトレードマークのコブダイです! タイと名前に入っていますが、タイの仲間ではなくベラ科の仲間になります!(和名はタイですが、英名はwrasseとベラ科の名前を指す単語が付けられています!) コブダイという名前がついています…