水族館魚図鑑-ベラ科

水族館魚図鑑-タテヤマベラ(Cymolutes torquatus)

タテヤマベラは日本では千葉県以南で見られるベラの仲間で、丸い頭部の変わった見た目をしています。 タテヤマベラについて! タテヤマベラを展示している施設! タテヤマベラと八景島シーパラダイス タテヤマベラについて! タテヤマベラは体長20cm程度にま…

水族館魚図鑑-ティモールラス(Halichoeres timorensis)

ティモールラスはティモールの固有種ではなく、インド洋~太平洋西部に生息しているベラの仲間です。 日本でも観賞魚として流通することがあります。 ティモールラスについて! ティモールラスを展示している施設! ティモールラスを展示している施設の一覧 …

水族館魚図鑑-モンツキベラ(Bodianus dictynna)

モンツキベラは名前の通り、体側に複数の斑点があるベラの仲間で、観賞魚として飼育される事があります。 以前はインド洋に生息している「Bodianus diana」と同種とされていましたが、現在は別種とされています。 モンツキベラについて! モンツキベラを展示…

水族館魚図鑑-スミツキカミナリベラ(Stethojulis maculata)

スミツキカミナリベラは日本固有種で、オスの体には黒色の斑紋が複数並んでいます。 スミツキカミナリベラについて! スミツキカミナリベラを展示している施設! スミツキカミナリベラと葛西臨海水族園 スミツキカミナリベラについて! スミツキカミナリベラ…

水族館魚図鑑-タキベラ(Bodianus perditio)

タキベラはベラ科の中でも大型に成長する種類で、体にある淡色の斑紋が特徴です。 成魚は食用として利用されており、幼魚は観賞魚として飼育される事があります。 タキベラについて! タキベラを展示している施設! タキベラと鴨川シーワールド タキベラを展…

水族館魚図鑑-キスジキュウセン(Halichoeres hartzfeldii)

キスジキュウセンは国内では駿河湾以南で見られ、体にある黄色の縦線が名前の由来となっています。 キスジキュウセンについて! キスジキュウセンを展示している施設! キスジキュウセンと八景島シーパラダイス キスジキュウセンを展示している施設の一覧 キ…

水族館魚図鑑-キツネダイ(Bodianus oxycephalus)

キツネダイはキツネのように吻が突き出ているのが特徴のベラの仲間で、定置網で漁獲されたものが食用として利用されています。 漁獲量が少ないためか、キツネダイを展示している水族館は少ないです。 キツネダイについて! キツネダイを展示している施設! …

水族館魚図鑑-シロタスキベラ(Hologymnosus doliatus)

シロタスキベラはオスの個体に見られる白色の横帯が名前の由来になっている30cm以上に成長する大型のベラ科の魚です。 シロタスキベラを展示している施設は少なく、八景島シーパラダイスで展示しているのを確認しました。(2020年11月時点) シロタスキベラに…

水族館魚図鑑-コガネキュウセン(Halichoeres chrysus)

コガネキュウセンは黄色の体色をしたベラの仲間で、観賞魚として人気の高い魚です。 イエローコリスという名前で呼ばれることもあります。 コガネキュウセンについて! コガネキュウセンを展示している水族館! コガネキュウセンと板橋区熱帯環境館 コガネキ…

水族館魚図鑑-ホンベラ(Halichoeres tenuispinis)

ホンベラはオスとメスで見た目が異なるベラの仲間で、力を持っているオスが綺麗な色になります。 ホンベラについて! ホンベラを展示している施設! ホンベラと名古屋港水族館 ホンベラを展示している施設の一覧 ホンベラについて! ホンベラは体長15cm程度…

水族館魚図鑑-タレクチベラ(Hemigymnus melapterus)

タレクチベラは最大で80cmにまで成長する大型のベラです。 名前の通り分厚い唇が特徴の魚です。 タレクチベラについて! タレクチベラを展示している施設! タレクチベラと名古屋港水族館 タレクチベラを展示している施設の一覧 タレクチベラについて! タレ…

水族館魚図鑑-トカラベラ(Halichoeres hortulanus)

トカラベラはトカラという地名が入っていますが、インド洋~太平洋で幅広く見ることができる魚です。 綺麗な見た目から観賞魚として飼育されることがあります。 トカラベラについて! トカラベラを展示している施設! トカラベラと鳥羽水族館 トカラベラと東…

水族館魚図鑑-ヒトスジモチノウオ(Oxycheilinus unifasciatus)

ヒトスジモチノウオは尾柄部にある白色の横帯が名前の由来になっています。 以前はモチノウオ属に分類されていました。 ヒトスジモチノウオについて! ヒトスジモチノウオを展示している施設! ヒトスジモチノウオと志摩マリンランド ヒトスジモチノウオにつ…

水族館魚図鑑-ホシササノハベラ(Pseudolabrus sieboldi)

ホシササノハベラは背側にある白色の斑点が星のように見えることが名前の由来になっているベラの仲間です。 波止場からの釣りでも良く釣れる魚で、見かける機会は多いですが食用としての価値は低いようです。 ホシササノハベラについて! ホシササノハベラを…

水族館魚図鑑-セナスジベラ(Thalassoma hardwicke)

セナスジベラは背中に7つの筋があることが由来になっていると思われますが、英名では「Sixbar wrasse 」と6本の筋が由来になっています。 英語圏と日本で筋が由来になっているのが同じですが、本数が違う面白い魚です。 セナスジベラについて! セナスジベラ…

水族館魚図鑑-コガシラベラ(Thalassoma amblycephalum)

コガシラベラは他のベラと同じように成長に伴い見た目が変わる魚です。 観賞魚として飼育されることがあります。 コガシラベラについて! コガシラベラを展示している施設! コガシラベラと志摩マリンランド コガシラベラと東海大海洋博物館 コガシラベラを…

水族館魚図鑑-カマスベラ(Cheilio inermis)

カマスベラは名前の通りカマスのような細長い体型をしたベラの仲間で、ベラの中でも細長い種類です。 カマスベラについて! カマスベラを展示している施設! カマスベラと東海大海洋博物館 カマスベラについて! カマスベラは体長40cm近くまで成長するスズキ…

水族館魚図鑑-キツネベラ(Bodianus bilunulatus)

キツネベラは最大70cmにもなる大型のベラの仲間で、紅色の体色と口から覗く牙が特徴です。 大型に成長することもあり釣りの対象魚となることもあります。 キツネベラについて! キツネベラを展示している施設! キツネベラと東海大海洋博物館 キツネベラを展…

水族館魚図鑑-クロヘリイトヒキベラ(Cirrhilabrus cyanopleura)

クロヘリイトヒキベラは観賞魚としても流通している魚で、色彩に変異があるため今後は別種とされる可能性があります。 クロヘリイトヒキベラについて! クロヘリイトヒキベラを展示している施設! クロヘリイトヒキベラと志摩マリンランド クロヘリイトヒキ…

水族館魚図鑑-カザリキュウセン(Halichoeres melanurus)

カザリキュウセンは観賞魚として飼育されることもある綺麗な見た目をしたベラの仲間です。 カザリキュウセンについて! カザリキュウセンを展示している施設! カザリキュウセンと鴨川シーワールド カザリキュウセンと東海大海洋博物館 カザリキュウセンを展…

水族館魚図鑑-オビテンスモドキ(Novaculichthys taeniourus)

オビテンスモドキは食用として利用されている他、特徴的な見た目から観賞魚として飼育されることもあります。 オビテンスモドキについて! オビテンスモドキを展示している水族館! オビテンスモドキと名古屋港水族館 オビテンスモドキと板橋区熱帯環境館 オ…

水族館魚図鑑-イトヒキベラ(Cirrhilabrus temminckii)

イトヒキベラはオスの個体の腹鰭が糸状に伸長することが名前の由来になっています。 イトヒキベラについて! イトヒキベラを展示している施設! イトヒキベラと東海大海洋博物館 イトヒキベラを展示している施設の一覧 イトヒキベラについて! イトヒキベラ…

水族館魚図鑑-テンス(Iniistius dea)

テンスは背側に黒色の斑点があることで「点魚(てんす)」となったようです。 食用としても利用されている魚で柔らかい身質で煮つけなどで調理されます。 テンスについて! テンスを展示している水族館! テンスと京急油壺マリンパーク テンスを展示している水…

水族館魚図鑑-カンムリベラ(Coris aygula)

カンムリベラはベラ科カンムリベラ属の魚で、カンムリベラ属20種類以上の中で最も大きくなる種類です。 成長に伴い見た目が変化することでも知られており、水族館や観賞魚として飼育されることもあります。 カンムリベラについて! カンムリベラを展示してい…

水族館魚図鑑-キュウセン(Parajulis poecilopterus)

キュウセンはベラの仲間で砂で眠る事で有名ですが、ベラの仲間は本種以外にも砂に潜る種類は多いです。 キュウセンが分類されているキュウセン属は本種のみが確認されています。 キュウセンについて! キュウセンを展示している水族館! キュウセンと葛西臨…

水族館魚図鑑-ヒレグロベラ(Bodianus loxozonus)

ヒレグロベラは名前の通り、鰭(腹鰭は全体、尻鰭、背鰭、尾鰭は一部)が黒いべラの仲間で、琉球諸島では食用として利用されることもあります。 ヒレグロベラについて! ヒレグロベラを展示している水族館! ヒレグロベラとアクアパーク品川 ヒレグロベラにつ…

水族館魚図鑑-ホンソメワケベラ(Labroides dimidiatus)

ホンソメワケベラと言えば、魚に詳しくない方にも知名度の高い魚で多くの水族館で展示されています。(私が小学生の頃は教科書にも載っていました。) ホンソメワケベラは「ホソソメワケベラ」という名前になるはずでしたが、「ン」と「ソ」の読み違いによりホ…

水族館魚図鑑-ブルームテールラス(Cheilinus lunulatus)

ブルームテールラスは地中海、オマーン湾に生息しているナポレオンフィッシュと同じモチノウオ属の魚です。 地中海に生息しているため、国内で見られる水族館は葛西臨海水族園のみとなっています。 ブルームテールラスについて! ブルームテールラスを展示し…

水族館魚図鑑-ピーコックラス(Symphodus tinca)

ピーコックラスは地中海などに生息しているベラの仲間で、葛西臨海水族園でのみ展示されている魚です。(2020年9月時点) ピーコックとは「peacock」=クジャク という意味で、メスは地味な色をしていますが、オスは非常に綺麗な見た目をしています。 ピーコッ…

水族館魚図鑑-ニセモチノウオ(Pseudocheilinus hexataenia)

ニセモチノウオは綺麗な見た目から観賞魚として利用されることもあるベラの仲間ですが、気性が荒く混泳には注意が必要だと言われています。(水族館では他の小型魚と一緒に展示されていますが、小型のベラは展示されいないので同じような見た目の魚には反応す…