水族館魚図鑑-フグ

水族館魚図鑑-トラフグ(Takifugu rubripes)

トラフグはフグの王様とも呼ばれるフグの仲間で、天然物は特に高価で取引されます。(養殖と5~6倍の値がつくこともあるようです) 養殖も盛んに行われており、温泉水で育てることで毒を持たないトラフグを育てている地域もあります。(2008年には栃木県那賀川…

水族館魚図鑑-シマフグ(Takifugu xanthopterus)

シマフグは体側にある3本の縞模様が特徴のフグの仲間で、鍋や刺身などで食用として利用されます。 他のフグと比べるとやや安価で流通しているようです。 シマフグについて! シマフグを展示している水族館! シマフグと京急油壺マリンパーク シマフグと市立…

水族館魚図鑑-キタマクラ(Canthigaster rivulata)

キタマクラは10cmちょっとの小型のフグですが強力な毒を持っており、名前の由来は食べると「北枕に寝かせられる」ことから来ています。(北枕は一般的には縁起の悪いとされ、遺体を安置する際に頭を北向きにします。) キタマクラについて! キタマクラを展示…

水族館魚図鑑-ウミスズメ(Lactoria diaphana)

ウミスズメはハコフグやコンゴウフグに似たフグの仲間です。 鳥類にもウミスズメという種類の生き物がいますが別種です。(ウミスズメと似た名前のウミガラスという鳥は葛西臨海水族園と福島海洋科学館で展示されています。) ウミスズメについて! ウミスズメ…

水族館魚図鑑-クマドリ(Balistapus undulatus)

クマドリは国内では和歌山県以南で見られるモンガラカワハギ科クマドリ属の魚で、本種だけでクマドリ属を構成しています。 クマドリについて! クマドリを展示している水族館! クマドリとアクアパーク品川 クマドリを展示している水族館の一覧 クマドリにつ…

水族館魚図鑑-ゴマモンガラ(Balistoides viridescens)

ゴマモンガラはモンガラカワハギ科の最大種で、非常に気性が荒い魚として知られています。 特に繁殖期は気が荒くなり卵を守るために巣に近づいた人間にも攻撃しかけることがあるようです。 ゴマモンガラについて! ゴマモンガラを展示している水族館! ゴマ…

水族館魚図鑑-ハナキンチャクフグ(Canthigaster axiologa)

ハナキンチャクフグはシマキンチャクフグに似た見た目をしたフグの仲間で、綺麗な見た目から観賞魚として利用されることがあります。 小さな身体をしているフグの仲間ですが、毒性を持っています。 ハナキンチャクフグについて! ハナキンチャクフグを展示し…

水族館魚図鑑-ノコギリハギ(Paraluteres prionurus)

ノコギリハギはシマキンチャクダイという有毒のフグ仲間に擬態したカワハギの仲間で、水族館でも一緒に展示されている事が多いです。(ノコギリハギ自体は無毒です。) ノコギリハギについて! ノコギリハギを展示している水族館! ノコギリハギと大洗水族館 …

水族館魚図鑑-アオサハギ(Brachaluteres ulvarum)

アオサハギは東京~長崎の太平洋側で見られ、成魚は綺麗な青色になります。(成魚を見る機会は意外と少ないようです) アオサハギについて! アオサハギを展示している水族館! アオサハギと葛西臨海水族園 アオサハギを展示している水族館の一覧 アオサハギに…

水族館魚図鑑-フチドリカワハギ(Acreichthys tomentosus)

フチドリカワハギは国内では琉球列島以南で見られるフチドリカワハギ属の魚で、フチドリカワハギ属は本種以外にトゲカワハギ、スダレカワハギを見ることができます。 フチドリカワハギについて! フチドリカワハギを展示している水族館! フチドリカワハギと…

水族館魚図鑑-コクテンフグ(Arothron nigropunctatus)

コクテンフグは「ヨゴレフグ」、「ドッグフェイスパッファー 」と呼ばれることもある変わった見た目のフグです。 愛嬌のある特徴的な見た目をしており観賞魚として流通することもあります。 コクテンフグについて! コクテンフグを展示している水族館! コク…

水族館魚図鑑-ムシフグ(Takifugu exascurus)

ムシフグは名前の由来にもなっている虫食い状の模様が特徴のフグで、多くの部位に毒を持っているため、多くの都道府県で食用不可に指定されています。 ムシフグについて! ムシフグを展示している水族館! ムシフグとマリンワールド海の中道 ムシフグを展示…

水族館魚図鑑-アミメハギ(Rudarius ercodes)

アミメハギは漁港など身近な場所でも見ることができる小型のカワハギの仲間です。 体に小さな斑点があり、これが網目模様に見えることが名前の由来になっています。 アミメハギについて! アミメハギを展示している水族館! アミメハギとマリンワールド海の…

水族館魚図鑑-コモンフグ(Takifugu poecilonotus)

コモンフグは様々な呼ばれ方をするフグでアカメフグやマフグなどと呼ばれたり、ショウサイフグやクサフグなどと混同してナゴヤフグと呼ばれることもあります。(標準和名がアカメフグ、マフグというフグは別にいます…) 食用とされていますが、特定の地域で漁…

水族館魚図鑑-ショウサイフグ(Takifugu synderi)

ショウサイフグ(潮騒河豚)は国内の多くの場所で見ることができる一般的な種類です。 トラフグに比べると安価で流通しており、昔から食べられていたようです。 ショウサイフグについて! ショウサイフグを展示している水族館! ショウサイフグについて! ショ…

水族館魚図鑑-シマキンチャクフグ(Canthigaster valentini)

シマキンチャクフグは10cm程度の小型のフグ目フグ科キタマクラ属の魚です。 綺麗な見た目から観賞用として流通することがあります。 小型で身体に毒を持っているため、食用としては利用されません。 シマキンチャクフグについて! シマキンチャクフグを展示…

水族館魚図鑑-マンボウ(Mola mola)

マンボウは特徴的な形から知名度の高いフグ目マンボウ科マンボウ属の魚です。 マンボウ属の魚は「マンボウ」、「ウシマンボウ」、「カクレマンボウ」の3種類がいます。 大洗水族館にはマンボウとウシマンボウの大きさ比較の展示物があります。(左側がウシマ…

水族館魚図鑑-メイタイシガキフグ(Cyclichthys orbicularis)

メイタイシガキフグはハリセンボン科メイタイシガキフグ属の種類です。 ハリセンボン(針千本)という名前ですが、針の数は約350本くらいで千本もないと言われています。 メイタイシガキフグについて! メイタイシガキフグを展示している水族館! メイタイシガ…

水族館魚図鑑-アカモンガラ(Odonus niger)

アカモンガラはモンガラカワハギ科の種類で、唯一のアカモンガラ属の魚です。 沖縄では、ドラキュラやカーハジャーとも呼ばれています。 アカモンガラについて! アカモンガラを展示している水族館! アカモンガラについて! アカモンガラは最大50cmにもなる…

水族館魚図鑑-カワハギ(Stephanolepis cirrhifer)

カワハギは日本でも良く見られるカワハギの仲間で、食用としても一般的に流通しています。 皮を簡単に剥げる事がカワハギの由来となっています。 カワハギについて! カワハギを展示している水族館! カワハギについて! カワハギは30cm程度にまで成長するカ…

水族館魚図鑑-コンゴウフグ(Lactoria cornuta)

コンゴウフグは、漢字で書くと「金剛河豚」と書きます。 コンゴウフグのはハコフグの仲間で、フグという名前もついていますが膨らむことができません。 膨らむことはできませんが、甲羅のように固い骨板で身を守っています! コンゴウフグについて! コンゴ…

水族館魚図鑑-モンガラカワハギ(Balistoides conspicillum)

今回紹介するモンガラカワハギはイカツイ見た目で、モンガラカワハギの仲間で最も知名度のある種類です。 漢字で書くと紋殻皮剥となります! シガテラ毒を持つ個体もいるため、食用としては利用されていません。 モンガラカワハギについて! モンガラカワハ…

水族館魚図鑑-ミドリフグ(Dichotomyctere nigroviridis)

ミドリフグは東南アジアの汽水域〜淡水域にも生息するフグの仲間です。 可愛い見た目から観賞魚としても人気の高い魚です。(長期飼育する場合は汽水の方が好ましいです) ミドリフグについて! ミドリフグは最大20cm程度の小型のフグの仲間です。 熱帯魚を取…

水族館魚図鑑-ムラサメモンガラ(Rhinecanthus aculeatus)

今回紹介するムラサメモンガラはモンガラカワハギの仲間で綺麗な体色から観賞魚としても流通することがあります。 綺麗で観賞魚としても人気のある種類ですが、モンガラカワハギらしく気性が荒いことでも知られています。 ムラサメモンガラについて! ムラサ…

ホワイトバードボックスフィッシュ(Anoplocapros lenticularis)

ホワイトバードボックスフイッシュはオーストラリア南部に生息するハコフグ科の魚です。 日本ではほとんど展示されていない魚ですが、観賞魚として極稀に流通することもあるようです。 ホワイトバードボックスフィッシュについて! ホワイトバードボックスフ…

水族館魚図鑑-ネズミフグ(Diodon hystrix)

今回紹介する魚はネズミフグという魚です。 1m近くにもなる大きなハリセンボンの仲間で、顔がネズミに似ている事からネズミフグという名前が付けられています。 ネズミフグについて! ネズミフグを展示している水族館! ネズミフグについて! ネズミフグは最…

水族館魚図鑑-ヒトヅラハリセンボン(Diodon liturosus)

今回紹介する魚はヒトヅラハリセンボンというハリセンボンの仲間です。 人面という名前が付けられているように、ハリセンボンと比べると黒の範囲が広く角度によっては人面のように見えます! ヒトヅラハリセンボンについて! ヒトヅラハリセンボンは最大60cm…

水族館魚図鑑-ホースシューレザージャケット(Meuschenia hippocrepis)

今回紹介するホースシューレザージャケットはオーストラリア南部に生息するモンガラカワハギの仲間です。 ホースシューレザージャケットの特徴は複雑で奇抜な模様です! 変わった模様が多いモンガラカワハギ科の魚の中でも大きなインパクトを受ける模様をし…

水族館魚図鑑-ナメモンガラ(Xanthichthys mento)

今回紹介する魚はナメモンガラと魚です! モンガラカワハギと言えば黒と白のイカツイ魚を思い浮かべる方が多いと思いますが、この魚もモンガラカワハギ属の仲間で綺麗な色をしています! ナメモンガラについて! ナメモンガラを展示している水族館! ナメモ…

水族館魚図鑑-テングカワハギ(Oxymonacanthus longirostris)

今回紹介する魚はテングカワハギという魚です。 独特の模様とシルエットから観賞魚としても人気の高い種類です。 テングカワハギについて! テングカワハギを展示している水族館! テングカワハギについて! テングカワハギは最大10cm程度の小型のカワハギの…