水族館魚図鑑-フエダイ科

水族館魚図鑑-フエダイ(Lutjanus stellatus)

フエダイは英語で「Star snapper 」と呼ばれているように、体側に白色の斑点があるのが特徴のフエダイの仲間です。 やや大型に成長することから釣りの対象魚とされることもあります。 沖縄ではイクナーと呼ばれています。 フエダイについて! フエダイを展示…

水族館魚図鑑-バラフエダイ(Lutjanus bohar)

バラフエダイは沖縄の方言では「アカナー」と呼ばれており釣りの対象魚となることもある大型のフエダイの仲間です。 しかし、シガテラ毒で有名な魚なので食べる際には注意が必要です。(火を通しても分解されず見た目からは分かりません。) バラフエダイにつ…

水族館魚図鑑-ヨスジフエダイ(Lutjanus kasmira)

ヨスジフエダイは名前の通り、四本の線が入っているのが特徴の魚です。 大きな群れを作る魚なので、多くの水族館で展示されています。(1匹1匹は大きくないですが、群れを作るので大きな水槽で展示されることが多いです。) ヨスジフエダイについて! ヨスジフ…

水族館魚図鑑-ヒメフエダイ(Lutjanus gibbus)

ヒメフエダイはインド洋~中部太平洋に生息するフエダイの仲間で、国内では相模湾や鹿児島以南で見ることができるようです。 食用として利用されており、美味しい魚のようですが大型の個体は地域によってシガテラ毒を持つ個体も確認されているようです。(東…

水族館魚図鑑-センネンダイ(Lutjanus sebae)

センネンダイは最大90cmにもなる大型のフエダイの仲間で、 「千年に一度しか見れないほど珍しい」というのが由来になっていると言われています。 これは本土で漁獲できるのが稀であることが由来になっているのかもしれません。(熱帯域の魚ですが、本州や四国…

水族館魚図鑑-イレズミフエダイ(Symphorichthys spilurus)

イレズミフエダイは国内では琉球列島等で見ることができるフエダイの仲間です。 名前の由来はイレズミのような模様という意味でしょうか? イレズミフエダイについて! イレズミフエダイを展示している水族館! イレズミフエダイについて! イレズミフエダイ…

水族館魚図鑑-アミメフエダイ(Lutjanus decussatus)

アミメフエダイは名前のとおり、網目状の模様があるフエダイです。 国内では主に沖縄以南で見られますが、局地的に分布しておるとされています。 沖縄では、他のフエダイとごっちゃ混ぜでビタローと呼ばれているようです。 アミメフエダイについて! アミメ…