水族館魚図鑑-ハタ科

水族館魚図鑑-ヌノサラシ(Grammistes sexlineatus)

ヌノサラシは黒色の体色に白色の線・点線があるハタ科の魚で、粘液毒を分泌する事で知られてます。 食べた場合の毒性が不明なため、原則食用不可とされています。(綺麗な見た目から観賞魚として飼育される事があります。) ヌノサラシについて! ヌノサラシを…

水族館魚図鑑-ハクテンハタ(Epinephelus coeruleopunctatus)

ハクテンハタは名前の通り、白色の斑点が散在しているハタ科の魚です。 日本で見られる事は稀ですが、海外では食用として利用されています。 ハクテンハタについて! ハクテンハタを展示している施設! ハクテンハタと八景島シーパラダイス ハクテンハタを展…

水族館魚図鑑-ヤイトハタ(Epinephelus malabaricus)

ヤイトハタはインド洋~太平洋西部の熱帯・亜熱帯域のサンゴ礁・岩礁で見られるハタの仲間で、食用として利用されています。 クエやチャイロマルハタに似ていますが、斑点の色や大きさなどで見分ける事ができます。 ヤイトハタについて! ヤイトハタを展示し…

水族館魚図鑑-カケハシハタ(Epinephelus radiatus)

カケハシハタはイヤゴハタやホウキハタに似た見た目をしているハタの仲間で、食用として利用されています。 東海大海洋博物館で展示されているのを確認しました。(2020年10月時点) カケハシハタについて! カケハシハタを展示している施設! カケハシハタと…

水族館魚図鑑-カスリハタ(Epinephelus tukula)

カスリハタは体側の斑紋が絣模様のようであることから「カスリハタ」という和名が付けられています。 最大で2mを超える大きさに成長するハタ科の中でも大型の種類です。 カスリハタについて! カスリハタを展示している施設! カスリハタと名古屋港水族館 カ…

水族館魚図鑑-ツチホゼリ(Epinephelus cyanopodus)

ツチホゼリは体側に小さな黒色の斑点が無数にあるハタの仲間で、砂を掘って住処を作る習性があることが名前の由来になっています。 ツチホゼリについて! ツチホゼリを展示している施設! ツチホゼリと東海大海洋博物館 ツチホゼリを展示している施設の一覧 …

水族館魚図鑑-ナミハタ(Epinephelus ongus)

ナミハタは体長30cm程度にまでしか成長しない小型のハタで、名前の由来は分かっていないようです。(成魚の模様が波打ち際のように見えるからでしょうか…?) ナミハタについて! ナミハタを展示している施設! ナミハタと東海大海洋博物館 ナミハタを展示して…

水族館魚図鑑-ルリハタ(Aulacocephalus temmincki)

ルリハタは青色の体色と背中の黄色のラインが特徴的なハタの仲間です。 危険を感じると皮膚から毒を含む粘液を出す事から英語では「Goldribbon soapfish 」と呼ばれています。 ルリハタについて! ルリハタを展示している施設! ルリハタと志摩マリンランド …

水族館魚図鑑-アラ(Niphon spinosus)

九州ではクエの事を「アラ」と地方名で呼ぶことがありますが、本種は標準和名が「アラ」で、全くの別種です。 1m以上に成長する大型種ですが、漁獲されるものは数が少ないうえに小型が中心で味が良い事から高値で取引されています。 アラについて! アラを展…

水族館魚図鑑-イヤゴハタ(Epinephelus poecilonotus)

イヤゴハタは体側にある弧を描くような模様が特徴のハタの仲間で、美味で他のハタの仲間と同じように食用として利用されています。 和名の由来は分かっていないようです。 イヤゴハタについて! イヤゴハタを展示している施設! イヤゴハタと名古屋港水族館 …

水族館魚図鑑-オオモンハタ(Epinephelus areolatus)

オオモンハタは体側に密に分布している斑点が名前になっており、ハタとしては中型の種類です。 他のハタと同じように食用として利用されており、鍋や刺身などで食べられています。 オオモンハタについて! オオモンハタを展示している施設! オオモンハタと…

水族館魚図鑑-キジハタ(Epinephelus akaara)

キジハタは西日本では「アコウ」と呼ばれている高級魚で、非常に美味しい魚として知られています。 体側に橙色や黄色の斑点が無数にある、ハタとしては中型の種類です。 キジハタについて! キジハタを展示している水族館! キジハタと小樽水族館 キジハタと…

水族館魚図鑑-アカイサキ(Caprodon schlegelii)

アカイサキは名前にイサキと付けられていますが、イサキ科ではなくハタ科の魚です。 底引き網漁等で漁獲され、食用として利用されています。 アカイサキについて! アカイサキを展示している施設! アカイサキと八景島シーパラダイス アカイサキと名古屋港水…

水族館魚図鑑-パープルビューティー(Pseudanthias tuka)

パープルビューティーは紫色の体色をしたナガハナダイ属の魚で、日本では見られません。 パープルクイーンという名称で呼ばれることもあります。 パープルビューティーについて! パープルビューティーを展示している施設! パープルビューティーと名古屋港…

水族館魚図鑑-アズマハナダイ(Plectranthias kelloggi)

アズマハナダイは水深の深い岩礁域で見られる魚で、美しい見た目から観賞魚として飼育されることがあります。 アズマハナダイについて! アズマハナダイを展示している施設! アズマハナダイと名古屋港水族館 アズマハナダイを展示している施設の一覧 アズマ…

水族館魚図鑑-メラネシアン・アンティアス(Pseudanthias huchtii)

メラネシアン・アンティアスは最大10cm以上に成長するナガハナダイ属の魚で、稀に観賞魚として飼育されることがあります。 メラネシアン・アンティアスについて! メラネシアン・アンティアスを展示している施設! メラネシアン・アンティアスと鳥羽水族館 …

水族館魚図鑑-チャイロマルハタ(Epinephelus coioides)

チャイロマルハタは名前の通り、茶色の小さな斑点が身体中にあるハタの仲間です。 熱帯域・亜熱帯域に生息しているため国内では鹿児島県、沖縄県などで主に漁獲されています。 チャイロマルハタについて! チャイロマルハタを展示している水族館! チャイロ…

水族館魚図鑑-ホウキハタ(Epinephelus morrhua)

ホウキハタは名前の由来は不明ですが、ホウキを掃いたような模様が由来だと言われています。 ハタの仲間では特別大型に成長する種類ではありませんが、特徴的な模様をしているので水族館で展示されることもあります。 ホウキハタについて! ホウキハタを展示…

水族館魚図鑑-ユカタハタ(Cephalopholis miniata)

ユカタハタは赤色の体色に青色の斑点が特徴のハタの仲間で、綺麗な見た目から水族館で展示されることがある他、食用としても利用されます。(シガテラ毒の報告もあるので注意が必要です。) ユカタハタについて! ユカタハタを展示している水族館! ユカタハタ…

水族館魚図鑑-マハタ(Epinephelus septemfasciatus)

マハタは高級魚として知られているハタの仲間で、近年では養殖も盛んに行われている魚です。 水族館での展示も多く、大型の水槽でサメやエイと一緒に展示されていることも多いです。 マハタについて! マハタを展示している水族館! マハタとマリンワールド…

水族館魚図鑑-ペインテッドコンバー(Serranus scriba)

ペインテッドコンバーは腹部に落書きしたような青色の模様が特徴の魚です。 ペインテッドコンバーについて! ペインテッドコンバーを展示している水族館! ペインテッドコンバーと葛西臨海水族園 ペインテッドコンバーについて! ペインテッドコンバーは30cm…

水族館魚図鑑-マダラハナダイ(Odontanthias borbonius)

マダラハナダイはピンク色の体色に暗色の斑点が特徴の魚で、観賞魚として流通しています。 マダラハナダイについて! マダラハナダイを展示している水族館! マダラハナダイと板橋区熱帯環境植物館 マダラハナダイについて! マダラハナダイは10cm以上に成長…

水族館魚図鑑-ケラマハナダイ(Pseudanthias hypselosoma)

ケラマハナダイは観賞魚として流通することがあるナガハナダイの仲間ですが、他のナガハナダイ属の魚と比べるとやや地味目な見た目をしています。 ケラマハナダイについて! ケラマハナダイを展示している水族館! ケラマハナダイとマリンワールド海の中道 …

水族館魚図鑑-アカオビハナダイ(Pseudanthias rubrizonatus)

アカオビハナダイはスミレナガハナダイに似たナガハナダイの仲間で、観賞魚として流通する他に水族館でも展示されています。 アカオビハナダイについて! アカオビハナダイを展示している水族館! アカオビハナダイとマリンワールド海の中道 アカオビハナダ…

水族館魚図鑑-マダラハタ(Epinephelus polyphekadion)

マダラハタはまだら模様が名前の由来になっているハタの仲間です。 ハタの仲間なので高価で取引されていますが、地域や個体によってはシガテラ毒を持つので注意が必要です。 マダラハタについて! マダラハタを展示している水族館! マダラハタと すみだ水族…

水族館魚図鑑-ナガハナダイ(Pseudanthias elongatus)

ナガハナダイはスズキ目ハタ科ナガハナダイ属の魚で、赤色の体にピンク・黄色のラインが入っています。 ナガハナダイについて! ナガハナダイを展示している水族館! ナガハナダイについて! ナガハナダイは15cm程度にまで成長するハタ科ナガハナダイ属の魚…

水族館魚図鑑-シキシマハナダイ(Callanthias japonicus)

シキシマハナダイは非常に綺麗な色彩を持つハナダイの仲間です。 シキシマハナダイについて! シキシマハナダイを展示している水族館! シキシマハナダイについて! シキシマハナダイは20cm程度にまで成長するシキシマハナダイ科シキシマハナダイ属の魚です…

水族館魚図鑑-スミレナガハナダイ(Pseudanthias pleurotaenia)

スミレナガハナダイはナガハナダイ属の中でも特徴的な模様を持つ種類です。 この特徴から他のナガハナダイ属の魚とは簡単に見分けることができます。 スミレナガハナダイについて! スミレナガハナダイを展示している水族館! スミレナガハナダイについて! …

水族館魚図鑑-サクラダイ(Sacura margaritacea)

サクラダイは美しい色をした魚で、タイという名前が付いていますがタイ科ではなくハタ科の魚になります。 長く日本固有種だと思われていましたが、近年パラオ近海でも見つかっているようです。 サクラダイについて! サクラダイを展示している水族館! サク…

水族館魚図鑑-アカボシハナゴイ(Pseudanthias lori)

アカボシハナゴイは背中に縞模様があるハナゴイの仲間で、アサヒハナゴイととても似ている種類になります。(見分けるポイントは縞模様の最後が横長になっている点です) アカボシハナゴイについて! アカボシハナゴイを展示している水族館! アカボシハナゴイ…