水族館魚図鑑-ハゼ

水族館魚図鑑-クモハゼ(Bathygobius fuscus)

クモハゼは蜘蛛ではなく、雲のような模様があることが名前の由来となっています。 国内では南方の岩礁地帯やサンゴ礁で見られます。 クモハゼについて! クモハゼを展示している水族館! クモハゼについて! クモハゼは10cm程度まで成長するスズキ目ハゼ科ク…

水族館魚図鑑-クロユリハゼ(Ptereleotris evides)

クロユリハゼはクロユリハゼ科に属する魚で、この科に属する魚は中層付近を泳ぐ種類が多いです。 イトマンクロユリハゼやオグロクロユリハゼなど〇〇クロユリハゼという種類がいますが、それらは黒い部分がほとんどありません。標準和名の不思議です… クロユ…

水族館魚図鑑-アカハチハゼ(Valenciennea strigata)

アカハチハゼの名前の由来は赤い鉢のハゼという意味らしいですが、アカハチハゼは頭部が黄色のハゼです。 死んだ後に頭部が赤くなることが由来になっている説が有力なようです。 アカハチハゼについて! アカハチハゼを展示している水族館! アカハチハゼに…

水族館魚図鑑-カニハゼ(Signigobius biocellatus)

カニハゼはカニのような見た目をしていることが名前の由来になっており、特徴的な見た目をしているハゼの仲間です。 国内に生息していない種類ですが観賞魚用として流通しています。 カニハゼについて! カニハゼを展示している水族館! カニハゼについて! …

水族館魚図鑑-ギンガハゼ(Cryptocentrus cinctus)

ギンガハゼはエビと共生するハゼの中でも有名な種類で、エビが巣穴が掘ってハゼが外敵の警戒をするという役割分担をします。 ギンガハゼには黄色の個体と褐色の個体と2つのタイプが存在します。 天皇陛下が命名されたハゼとしても知られています。 ギンガハ…

水族館魚図鑑-キヌバリ(Pterogobius elapoides)

キヌバリは日本各地の沿岸部に住むハゼの仲間で、黄色と黒のストライプ柄が特徴の魚です。 見た目が綺麗な魚なので観賞魚としても流通することがあります。 キヌバリについて! キヌバリを展示している水族館! キヌバリについて! キヌバリは15cm程度にまで…

水族館魚図鑑-ハタタテハゼ(Siganus fuscescens)

ハタタテハゼは綺麗な見た目と中層を泳ぐことから、ハゼの仲間の中でも観賞魚としての人気が高い種類です。 背鰭が突出しており、このことが帆を立てているように見えたことが名前の由来になっています。 ハタタテハゼについて! ハタタテハゼを展示している…