水族館魚図鑑-テンジクダイ科

水族館魚図鑑-ネンブツダイ(Apogon semilineatus)

ネンブツダイはマウスブリーダーと呼ばれている口の中で孵化するまで卵を守る魚として知られています。 その口の中で卵を守る姿が念仏を唱えているかのように見えたためネンブツダイという名前が付けられたようです。(テンジクダイの仲間はマウスブリーダー…

水族館魚図鑑-スミツキアトヒキテンジクダイ(Taeniamia fucata)

スミツキアトヒキテンジクダイは数百匹もの大きな群れを作ることもあるテンジクダイ科の魚で、漁獲されても食用として利用されることは少ないです。 他のテンジクダイ科の魚と比べると模様が少なく地味なためか、展示している施設は少ない種類です。 スミツ…

水族館魚図鑑-ヒラテンジクダイ(Ostorhinchus compressus)

ヒラテンジクダイは青色の目が美しく、観賞魚として飼育されることもある魚です。 展示している水族館は少なく、「八景島シーパラダイス」、「しまね海洋館」で展示されています。 ヒラテンジクダイについて! ヒラテンジクダイを展示している施設! ヒラテ…

水族館魚図鑑-オオスジイシモチ(Ostorhinchus doederleini)

オオスジイシモチは体側に4本の黒色縦帯があるスジイシモチ属の魚で、磯釣りなどの外道として釣られる事があります。 同じく釣りの外道として釣られるネンブツダイなどと比べるとやや沖合で見られるようです。 オオスジイシモチについて! オオスジイシモチ…

水族館魚図鑑-クロイシモチ(Apogonichthyoides niger)

クロイシモチはテンジクダイ科カクレテンジクダイ属の魚としては見る機会が多い魚で、水族館での展示も多い魚です。 クロイシモチについて! クロイシモチを展示している水族館! クロイシモチと八景島シーパラダイス クロイシモチと京急油壺マリンパーク ク…

水族館魚図鑑-ミヤコイシモチ(Ostorhinchus ishigakiensis)

ミヤコイシモチは地味な見た目をしたテンジクダイの仲間で、似たような名前の魚にアマミイシモチがいます。 ミヤコイシモチの和名は宮古島が由来になっていると思われますが、学名は「Ostorhinchus ishigakiensis 」と石垣島っぽいのが紛らわしいです… ミヤ…

水族館魚図鑑-ホソスジマンジュウイシモチ(Sphaeramia orbicularis)

マンジュウイシモチは名前の通り、マンジュウイシモチに比べると細い横帯が特徴のテンジクダイの仲間です。 ホソスジマンジュウイシモチについて! ホソスジマンジュウイシモチを展示している施設! ホソスジマンジュウイシモチと鳥羽水族館 ホソスジマンジ…

水族館魚図鑑-ウスモモテンジクダイ(Zoramia viridiventer)

ウスモモテンジクダイは5cm程度の小型のテンジクダイで、名前に薄桃とありますが体色は半透明です。 ウスモモテンジクダイについて! ウスモモテンジクダイを展示している施設! ウスモモテンジクダイとヨコハマおもしろ水族館 ウスモモテンジクダイを展示し…

水族館魚図鑑-イトヒキテンジクダイ(Zoramia leptacanthus)

イトヒキテンジクダイは観賞魚として流通しているテンジクダイの仲間で、状態の良い個体は頭部がメタリックな紫色に輝くのが特徴です。 イトヒキテンジクダイについて! イトヒキテンジクダイを展示している施設! イトヒキテンジクダイとサンピアザ水族館 …

水族館魚図鑑-ヤライイシモチ(Cheilodipterus quinquelineatus)

ヤライイシモチは漢字で書くと「矢来石持」となり、矢来の竹を並べたような模様が由来になっています。 ヤライイシモチについて! ヤライイシモチを展示している水族館! ヤライイシモチと板橋区熱帯環境植物館 ヤライイシモチを展示している水族館の一覧 ヤ…

水族館魚図鑑-アオスジテンジクダイ(Apogon aureus)

アオスジテンジクダイはアオスジイシモチと言わることもあるテンジクダイの仲間で、名前の由来にもなった目を通る青色の線が非常に綺麗な魚です。 アオスジテンジクダイについて! アオスジテンジクダイを展示している水族館! アオスジテンジクダイと板橋区…

水族館魚図鑑-クロホシイシモチ(Apogon notatus)

クロホシイシモチは尾柄部の模様が名前の由来になっているテンジクダイの仲間で、ネンブツダイと見た目が似ています。 一般的には食用としては利用されていませんが、一部地域では加工されて食用とされることもあるようです。 クロホシイシモチについて! ク…

水族館魚図鑑-マンジュウイシモチ(Sphaeramia nematoptera)

マンジュウイシモチはテンジクダイの仲間の中でも最も多くの水族館で見られる種類です。 水槽内で目立つ種類ではありませんが、水槽の脇約として人気の高い種類です。 マンジュウイシモチについて! マンジュウイシモチを展示している水族館! マンジュウイ…

水族館魚図鑑-キンセンイシモチ(Ostorhinchus properuptus)

キンセンイシモチは黄色っぽい体に白色のラインが5本~6本入っているテンジクダイの仲間で、これが黄色の線にも見えることからキンセン(金線)イシモチという名前が付けられたそうです。 キンセンイシモチについて! キンセンイシモチを展示している水族館! …

水族館魚図鑑-アマノガワテンジクダイ(Pterapogon kauderni) プテラポゴン・カウデルニーとも

アマノガワテンジクダイは プテラポゴン・カウデルニーという名前で呼ばれることもあるテンジクダイ科の魚です。 綺麗な見た目から観賞魚としても多く流通している魚です。 アマノガワテンジクダイについて! アマノガワテンジクダイを展示している水族館! …