水族館魚図鑑-チョウチョウウオ科

水族館魚図鑑-スダレチョウチョウウオ(Chaetodon ulietensis)

スダレチョウチョウウオは簾状の縞模様が名前の由来になっているチョウチョウウオの仲間です。 国内でも見られ、観賞魚として流通することもあります。 スダレチョウチョウウオについて! スダレチョウチョウウオを展示している水族館! スダレチョウチョウ…

水族館魚図鑑-チョウチョウウオ科 特徴や種類について紹介!

チョウチョウウオ科はスズキ目スズキ亜目に属する科で、世界中の温かい海域で120種類以上が確認されています。 チョウチョウウオは畑をチョウのようにヒラヒラと飛ぶことが由来と言われています。 英語で「Butterflyfish」と和名と同じようにチョウが由来に…

水族館魚図鑑-チョウチョウウオ(Chaetodon auripes)

チョウチョウウオは夏場には本州でも見ることができるチョウチョウウオの仲間です。(死滅回遊するため) 並みのチョウチョウウオということで、ナミチョウチョウウオと呼ばれることもあります。(アクアリウムショップや採集者の間で呼ばれているようです) チ…

水族館魚図鑑-クロオビチョウチョウウオ/リーフバタフライフィッシュ

クロオビチョウチョウウオはカリブ海に生息するチョウチョウウオの仲間です。 水族館によってはリーフバタフライフィッシュという名前で呼ばれていることもありますが、この記事中では黒帯チョウチョウウオで統一させていただきます。 クロオビチョウチョウ…

水族館魚図鑑-アミチョウチョウウオ(Chaetodon rafflesii)

アミチョウチョウウオは名前の通り、網目模様が特徴のチョウチョウウオの仲間です。 名前の似ているチョウチョウウオとして、アミメチョウチョウウオという種類がいますが、アミチョウチョウウオとは見た目が全く違う別種です。 アミチョウチョウウオについ…

水族館魚図鑑-コラーレバタフライフィッシュ(Chaetodon collare) 襟をしたチョウチョウウオ…?

今回紹介する魚はチョウチョウウオの仲間の中でも地味な体色をしたコラーレバタフライフィッシュです! 大きな群れを作る事でも知られているチョウチョウウオです! コラーレバタフライフィッシュについて! コラーレバタフライフィッシュを展示している水族…

水族館魚図鑑-カスミチョウチョウウオ(Hemitaurichthys polylepis) 珍しい群れを作るチョウチョウウオ!

今回紹介するチョウチョウウオはカスミチョウチョウウオです! カスミチョウチョウウオの名前の由来は海が霞むほど大きな群れをつくることからきています。 チョウチョウウオの中では珍しく、プランクトンを主食としているため、群れを作ってもエサの取り合…

水族館魚図鑑-チョウハン(Chaetodon lunula) 目元の白のラインが特徴的!

今回紹介するチョウチョウウオはチョウハンという種類になります! 変わった名前ですが、由来は蝶の模様から蝶班という説と、特徴的な目元の白い部分を長範頭布から来ているという説があるようです。 チョウハンについて! チョウハンを展示している水族館!…

水族館魚図鑑-バージェスバタフライフィッシュ(Chaetodon burgessi) 黒と銀の渋いチョウチョウウオ!

今回紹介するチョウチョウウオはバージェスチョウチョウウオという白(銀)と黒のチョウチョウウオの仲間です。 バージェスバタフライフィッシュに似ている種類としてはカガミチョウチョウウオがいます! バージェスバタフライフィッシュについて! バージェス…

水族館魚図鑑-アミメチョウチョウウオ(Chaetodon xanthurus)

今回紹介するアミメチョウチョウウオは名前の通り、身体についている網目状の模様が特徴的です! アミメチョウチョウウオに似ている種類としてベニオチョウチョウウオという種類がいます。 体の側面に入っている線が、網目模様になっているのがアミメチョウ…

水族館魚図鑑-フエヤッコダイ(Forcipiger flavissimus)

今回紹介するチョウチョウウオは観賞魚としても人気の高いフエヤッコダイです。 黄色の身体と長く伸びた口が特徴的な魚です! フエヤッコダイについて! フエヤッコダイを展示している水族館! フエヤッコダイについて! フエヤッコダイは20cmくらいになる中…

水族館魚図鑑-セグロチョウチョウウオ(Chaetodon ephippium) 背中の模様以外も綺麗なチョウチョウウオ!

今回紹介する魚はセグロチョウチョウウオというチョウチョウウオの仲間です! 名前の通り、背中の黒い模様が特徴的なチョウチョウウオです! セグロチョウチョウウオについて! セグロチョウチョウウオを展示している水族館! セグロチョウチョウウオについ…

水族館魚図鑑-ミゾレチョウチョウウオ(Chaetodon kleinii Bloch)

今回紹介するチョウチョウウオはチョウチョウウオにしては地味な見た目をしたミゾレチョウチョウウオです! 他のチョウチョウウオのような派手な体色ではありませんが、良く見るとカフェラテみたいな色で可愛いです! ミゾレチョウチョウウオについて! ミゾ…

水族館魚図鑑-ムレハタタテダイ(Heniochus diphreutes) 群れているハタタテダイ!?

今回紹介する魚はハタタテダイに酷似しているムレハタタテダイという魚です! そのままの意味で群れているハタタテダイという意味ですが、ハタタテダイも群れることがありますし、ムレハタタテダイが必ず群れでいるとは限りません…! ムレハタタテダイについ…

水族館魚図鑑-シマハタタテダイ(Heniochus singularius) ハタタテダイ属の中でも展示施設が少ない種類!

シマハタタテダイはハタタテダイによく似た種類で、ぱっと見ても違いに気が付かないことが多いです! 見分け方さえ知っていれば簡単に見分けられるので一緒に紹介していきます! シマハタタテダイについて! シマハタタテダイを展示している水族館! シマハ…

水族館魚図鑑-ハタタテダイ(Heniochus acuminatus) 最も多く水族館で見られるチョウチョウウオ…?

今回紹介するのはチョウチョウウオの仲間でも最も多くの水族館に展示されている?かもしれないハタタテダイです! ツノダシとハタタテダイという似たような種類ですがハタタテダイの方が多くの水族館で見る事ができます。 ハタタテダイの方が飼いやすいので…

水族館魚図鑑-オニハタタテダイ(Heniochus monoceros) 鬼のような二本の角が特徴!

今回紹介するのはハタタテダイ属の中では背鰭のヒラヒラの長さが短いオニハタタテダイについてです! 名前の由来は頭の部分にある、2本の突起が鬼のように見える事が由来になっています! オニハタタテダイについて! オニハタタテダイを展示している水族館…

水族館魚図鑑-アケボノチョウチョウウオ(Chaetodon melannotus)

今回紹介するのは特徴的な名前をつけられているアケボノチョウチョウウオについてです! 和名の由来は曙光のように見えることから付けられているようです! たしかに、身体の部分が太陽で黄色の部分が光として見ると、曙光に見えるような気もします! 気にな…

水族館魚図鑑-トノサマダイ(Chaetodon speculum) 殿様なチョウチョウウオ…?

今回紹介するのはトノサマダイという種類になります! タイという名前が入っていますが、チョウチョウウオの仲間です! 調べてもトノサマの由来が良く分からなかった不思議な魚です… トノサマダイについて! トノサマダイを展示している水族館! トノサマダ…

水族館魚図鑑-ゴールデンバタフライフィッシュ(Chaetodon semilarvatus) 黄金のチョウチョウウオ…?

今回紹介する魚は黄金のチョウチョウウオと名付けられたゴールデンバタフライフィッシュです! ゴールデンバタフライフィッシュは紅海固有種になります! ゴールデンバタフライフィッシュについて! ゴールデンバタフライフィッシュを展示している水族館につ…

水族館魚図鑑-ニセフウライチョウチョウウオ(Chaetodon lineolatus) 国内でも一般的な大型のチョウチョウウオ!

ニセフウライチョウチョウウオは名前の通り、フウライチョウチョウウオと似た見た目をしているチョウチョウウオです。 ニセフウライチョウチョウウオは国内でも一般的なチョウチョウウオです。 ニセフウライチョウチョウウオについて ニセフウライチョウチョ…

水族館魚図鑑-ハシナガチョウチョウウオ(Chelmon rostratus) クチバシの長いチョウチョウウオ

今回紹介するハシナガチョウチョウウオは、愛好家の間では「チェルモン」 と呼ばれているようですが、これはハシナガチョウチョウウオ属の「Chelmon」から取られているようです。 学名や英名ではなく、属名から愛称が付けられている珍しい種類です!(ハシナ…

水族館魚図鑑-ミレットシードバタフライフィッシュ 葛西水族館で見られる珍しいチョウチョウウオ!

今回紹介するのはハワイ沿岸に生息するチョウチョウウオの仲間、ミレットシードバタフライフィッシュです! ハワイ諸島の周辺にのみ生息しており、展示している水族館も少ないチョウチョウウオになります。 現地ではたくさん見られるようです! ミレットシー…

水族館魚図鑑-ベニオチョウチョウウオ(Chaetodon mertensii) 紅色の尾びれ…?

今回紹介するチョウチョウウオはベニオチョウチョウウオです。 尾びれの部分が紅色なのでベニイロという名前になっていますが、尾びれ付近の色は紅色というよりは薄目のオレンジ色や黄色に近い和名あるあるのようなチョウチョウウオです! ベニオチョウチョ…

水族館魚図鑑-レッドシーラクーンバタフライフィッシュ(Chaetodon fasciatus) 紅海のアライグマ…?

レッドシーラクーンバタフライフィッシュはレッドシーの名前の通り、紅海に生息するチョウチョウウオの仲間です。 チョウハンと似ていますが、尾びれの付け根に黒い斑点が有るかで判断することができます。(黒い斑点が無いのがレッドシーラクーンバタフライ…

水族館魚図鑑-トゲチョウチョウウオ(Chaetodon auriga) 最もポピュラーなチョウチョウウオ?

チョウチョウウオの中でもポピュラーな種類である、トゲチョウチョウウオについて紹介していきます! トゲチョウチョウウオは多くの水族館やアクアリウムショップで見る事ができます! トゲチョウチョウウオについて! トゲチョウチョウウオを見る事ができる…

魚図鑑-シチセンチョウチョウウオ(Chaetodon punctatofasciatus) 7本ラインのチョウチョウウオ!

今回紹介する魚はシチセンチョウチョウウオという種類になります! 名前から分かる通り、身体に入っている7つの線が特徴のチョウチョウウオになります。 チョウチョウウオの仲間の中でも小型の種類となります。 シチセンチョウチョウオについて シチセンチョ…

水族館魚図鑑-カガミチョウチョウウオ(Chaetodon argentatus) 銀色?白?に黒の3本ラインが特徴!

今回紹介する魚はチョウチョウウオの仲間であるカガミチョウチョウウオです! チョウチョウオの仲間ですが、白と黒の地味目な体色をしたチョウチョウウオになります。 日本国内でも暖かい地域で普通に見られる種類になります! カガミチョウチョウウオについ…

水族館魚図鑑-ユウゼン(Chaetodon daedalma) チョウチョウウオ唯一の日本固有種

日本固有種のチョウチョウウオの仲間である、ユウゼンを紹介していきます! チョウチョウウオとしては珍しい、黒ベースの色をした種類になります。 ユウゼンについて! ユウゼンを見る事ができる水族館(JAZA加入施設) ユウゼンについて! ユウゼンという名前…