水族館魚図鑑-タイ科

水族館魚図鑑-キダイ(Dentex tumifrons)

キダイはレンコダイという名称で流通することが多いタイ科の魚で、古くから食用として利用されています。 名前の由来の通り、背中側にある黄色の斑紋が特徴です。(薄い黄色なので注意して観察しないと分かりません。) キダイについて! キダイを展示している…

水族館魚図鑑-チダイ(Evynnis tumifrons)

チダイは鰓蓋の後方に血が滲んでいるような筋があることが「血鯛」という標準和名の由来になっています。 マダイと同じく味の良い魚として、昔から食用として利用されています。 チダイについて! チダイを展示している施設! チダイと鳥羽水族館 チダイを展…

水族館魚図鑑-アフリカチヌ(Diplodus vulgaris)

アフリカチヌは英名をそのまま読んだコモンツーバンデッドシーブリームと呼ばれることもあるタイの仲間です。 アフリカチヌについて! アフリカチヌを展示している水族館! アフリカチヌと葛西臨海水族園 アフリカチヌについて! アフリカチヌは45cm程度にま…

水族館魚図鑑-サレマ・ポーギー(Sarpa salpa)

サレマ・ポーギーは頭部を食べると幻覚状態に陥ることがある魚として知られています。(幻覚状態以外にも嘔吐などの症状も出る場合があるようです。) サレマ・ポーギーについて! サレマ・ポーギーを展示している水族館! サレマ・ポーギーと葛西臨海水族園 …

水族館魚図鑑-ブロッチトピカレル(Spicara maena)

ブロッチトピカレルは魔法の言葉のような名前ですが英名の「Blotched picarel 」をそのまま読んだものとなっています。 「Blotched」とは しみがある という意味で、その名の通り体の中央部に黒色の大きな斑点があります。 ブロッチトピカレルについて! ブ…

水族館魚図鑑-ヘダイ(Rhabdosargus sarba)

ヘダイはクロダイと似た見た目をしていますが、沿岸部で多く見られるクロダイに対してヘダイは沖合で多く見られる種類です。 ヘダイについて! ヘダイを展示している水族館! ヘダイとマリンワールド海の中道 ヘダイを展示している水族館の一覧 ヘダイについ…

水族館魚図鑑-クロダイ/チヌ(Acanthopagrus schlegelii)

クロダイはチヌと呼ばれることも多い、タイ科クロダイ属の魚です。 生息域が内湾や河口域など浅瀬から釣りで狙えることもあり、釣りの対象魚として古くから人気の高い種類です。 クロダイについて! クロダイを展示している水族館! クロダイについて! クロ…

水族館魚図鑑-キチヌ/キビレ(Acanthopagrus latus)

キチヌはキビレと呼ばれることも多い、タイ科クロダイ属の魚です。 クロダイの事をチヌと呼ぶことがあり、黄色のチヌでキチヌと名付けられているようです。 キチヌ/キビレについて! キチヌを展示している水族館! キチヌ/キビレについて! キチヌは50cm程度…