水族館魚図鑑-スズメダイ科

水族館魚図鑑-アラルズアネモネフィッシュ(Amphiprion allardi)

アラルズアネモネフィッシュはアラーズアネモネフィッシュ、アラルズクラウンアネモネと呼ばれることもあるクマノミの仲間です。 日本では見られない種類なので流通量が少ないクマノミです。 この記事ではアラルズアネモネフィッシュで統一します。 アラルズ…

水族館魚図鑑-ハナビラクマノミ(Amphiprion perideraion)

ハナビラクマノミは国内で見られるクマノミ6種のうちの1種類で、他の種類よりも体色が薄くピンク色をしています。 展示している施設は国内で見られるクマノミとしては少ないですが、それでも多くの施設で展示されています。(なぜか東北以北で展示している施…

水族館魚図鑑-セバエアネモネフィッシュ(Amphiprion sebae)

セバエアネモネフィッシュは日本には生息しないため、英名をそのまま読んだ名前となっています。 他のクマノミと同じようにオス⇒メスに性転換し、一番強い個体がメスになります、 セバエアネモネフィッシュについて! セバエアネモネフィッシュを展示してい…

水族館魚図鑑-クマノミ(Amphiprion clarkii)

クマノミはカクレクマノミの橙と白の明るい色彩と比べると、暗色が多いクマノミの仲間です。 本種は名前の通り、THE・クマノミという種類ですが、クマノミというとカクレクマノミをイメージする方が多いようです。 観賞魚として人気の高い種類で、クマノミ全…

水族館魚図鑑-カクレクマノミ(Amphiprion ocellaris)

カクレクマノミはクマノミの仲間の中でも多く飼育・展示されている種類で、クマノミと言えば本種をイメージされる方も多いです。 サンゴと共生することで有名で、イソギンチャクは触手に毒を持っており、これを用いて獲物を捕食しますが、クマノミはイソギン…

水族館魚図鑑-ナガサキスズメダイ(Pomacentrus nagasakiensis)

今回紹介するナガサキスズメダイは長崎という地名が入っていますが、長崎の固有種ではなく中部太平洋~インド洋までの暖かい海域で見られる種類になります。 スズメダイには何故か地域の名称が和名になっている種類が多いのですが、小さい種類で食用として利…

水族館魚図鑑-シコクスズメダイ(Chromis margaritifer)

今回紹介するシコクスズメダイは和名に地名が入っているスズメダイになります。 シコクスズメダイの他にはアマミスズメダイやナガサキスズメダイなども国内の地名が名前になっています。 シコクスズメダイについて! シコクスズメダイを展示している水族館!…

水族館魚図鑑-ルリスズメダイ(Chrysiptera cyanea)

ルリスズメダイはコバルトスズメダイという名前でも呼ばれることもある瑠璃色の綺麗なスズメダイです。 観賞魚としても人気の種類ですが縄張り意識が強く縄張りに入ってくる他の魚を追いかけまわしてしまうこともあります。 ルリスズメダイについて! ルリス…

水族館魚図鑑-リボンスズメダイ(Neopomacentrus taeniurus)

リボンスズメダイは真っ黒な体に背ビレの後半と尾ビレの間が黄色になっているのが特徴のスズメダイです。 主にマングローブに生息しており、国内では石垣島以南に生息しています。 リボンスズメダイについて! リボンスズメダイを展示している水族館! リボ…

水族館魚図鑑-ヤマブキスズメダイ(Amblyglyphidodon aureus)

ヤマブキスズメダイは綺麗な黄色のスズメダイの仲間で、ゴールデンダムセルという名前で流通していることもあります。 食用として利用されることはありませんが、観賞魚として流通することがあります。 ヤマブキスズメダイについて! ヤマブキスズメダイを展…

水族館魚図鑑-ミスジリュウキュウスズメダイ(Dascyllus aruanus)

ミスジリュウキュウスズメダイは琉球という名前が入っていますが、インド洋~太平洋で一般的に見られるスズメダイの仲間です。 日本では和歌山県以南のサンゴ礁等で見られます。 ミスジリュウキュウスズメダイについて! ミスジリュウキュウスズメダイを展示…

水族館魚図鑑-デバスズメダイ(Chromis viridis)

デバスズメダイはスズメダイの仲間では珍しく温和な種類で、他の種類との混泳の難易度が低いので多くの水槽で見ることができるアクアリウムの定番の魚です。 国内では奄美大島以南の温暖な地域で見ることができます。 デバスズメダイについて! デバスズメダ…

水族館魚図鑑-シリキルリスズメダイ(Chrysiptera parasema)

シリキルリスズメダイはお尻が黄色のルリスズメダイです! 数cm程度のとても小さな魚ですが、鮮やかな瑠璃色で観賞用としても人気の魚です。 シリキルリスズメダイについて! シリキルリスズメダイを展示している水族館! シリキルリスズメダイについて! シ…

水族館魚図鑑-シマスズメダイ(Abudefduf sordidus)

シマスズメダイは名前の通り、縞模様が特徴的なスズメダイの仲間です。 小さな個体は縞模様がないので別種類のような見た目をしています! シマスズメダイについて! シマスズメダイを展示している水族館! シマスズメダイについて! シマスズメダイは20ccm…

水族館魚図鑑-クラカオスズメダイ(Amblyglyphidodon curacao)

クラカオスズメダイは体高のあるシルエットとエメラルドグリーンが綺麗なスズメダイの仲間です。 丈夫な種類で飼育しやすく、観賞魚として流通することもあります。 クラカオスズメダイについて! クラカオスズメダイを展示している水族館! クラカオスズメ…

水族館魚図鑑-オヤビッチャ(Abudefduf vaigiensis)

オヤビッチャは本州では最も一般的に見られるスズメダイのうちの1種です。(千葉県以南に生息しています) 一部地域では食用として利用されています。 オヤビッチャについて! オヤビッチャを展示している水族館! オヤビッチャについて! オヤビッチャは約20c…

水族館魚図鑑-アオバスズメダイ(Chromis atripectoralis)

アオバスズメダイはデバスズメダイに似ており、混在している場合も多い種類です。 水族館でもデバスズメダイと混ざって展示されている場合もあるので是非探してみてください。 アオバスズメダイについて! アオバスズメダイを展示している水族館! アオバス…