水族館魚図鑑-スズメダイ科

水族館魚図鑑-スズメダイ(Chromis notata)

スズメダイは東北以南の日本各地で見られるスズメダイの仲間で、スズメダイの仲間の中で最も高緯度に生息している種類です。 磯釣りの外道として釣られる事があり、食用として利用されることもあります。 スズメダイについて! スズメダイを展示している施設…

水族館魚図鑑-ソラスズメダイ(Pomacentrus coelestis)

ソラスズメダイは地域や個体による体色の差が大きなスズメダイの仲間で、観賞魚として飼育されることもあります。 ソラスズメダイについて! ソラスズメダイを展示している施設! ソラスズメダイと京急油壺マリンパーク ソラスズメダイを展示している施設の…

水族館魚図鑑-ヨスジリュウキュウスズメダイ(Dascyllus melanurus)

ヨスジリュウキュウスズメダイは体に4本の黒色の横帯(尾鰭を含めて)がある事が特徴のスズメダイの仲間です。 綺麗な見た目から観賞魚として飼育されることもあります。 ヨスジリュウキュウスズメダイについて! ヨスジリュウキュウスズメダイを展示している…

水族館魚図鑑-マツバスズメダイ(Chromis fumeus)

マツバスズメダイはスズメダイにも似た地味な見た目をしたスズメダイの仲間ですが、婚姻色では美しい見た目になる魚です。 見た目が地味なためか、展示している施設は少なく、JAZA加入の施設では東海大海洋博物館と海の中道マリンワールドでのみ展示されてい…

水族館魚図鑑-コガネスズメダイ(Chromis albicauda)

コガネスズメダイは観賞魚として飼育されることがある種類で、小さな個体の方が綺麗な黄色の体色をしており、大型個体は体色が黒ずんでいきます。 コガネスズメダイについて! コガネスズメダイを展示している施設! コガネスズメダイと志摩マリンランド コ…

水族館魚図鑑-ミツボシクロスズメダイ(Dascyllus trimaculatus)

ミツボシクロスズメダイは幼魚の頃の模様が名前の由来になっており、成魚では2つしか斑点がありません。 観賞魚として飼育される事がある魚ですが、成魚はやや気性が荒い面もあるようです。 ミツボシクロスズメダイについて! ミツボシクロスズメダイを展示…

水族館魚図鑑-アナーズダムセル(Chrysiptera arnazae)

アナーズダムセルは2010年に記載された種で、以前はシリキルリスズメダイと同種とされていたように両種は良く似ています。 シリキルリスズメダイと同じように観賞魚として飼育されることがあります。 アナーズダムセルについて! アナーズダムセルを展示して…

水族館魚図鑑-アマミスズメダイ(Chromis chrysura)

アマミスズメダイは奄美大島の近くでしか見られない訳ではありませんが、名前に地名が入っています。(ナガサキスズメダイやシコクスズメダイという種類もいます。) アマミスズメダイについて! アマミスズメダイを展示している施設! アマミスズメダイと鴨川…

水族館魚図鑑-オレンジテールデビル(Chrysiptera cyanea)

オレンジテールデビルは尾鰭の後端と腹鰭が橙色になる、ミクロネシア地方に生息するルリスズメダイの個体群の事を指します。 オレンジテールデビルについて! オレンジテールデビルを展示している施設! オレンジテールデビルと八景島シーパラダイス オレン…

水族館魚図鑑-ロクセンスズメダイ(Abudefduf sexfasciatus)

ロクセンスズメダイは漢字で書くと「六線雀鯛」となるように、体側に6本の線があることが由来のはずですが、実際は5本しか線がない不思議なスズメダイです。 ロクセンスズメダイについて! ロクセンスズメダイを展示している施設! ロクセンスズメダイと登別…

水族館魚図鑑-ホワイトダムセル(Dischistodus perspicillatus)

ホワイトダムセルは名前のから分かるように日本では見られない種類ですが、観賞魚として流通することがあります。 成魚は名前の通り白色の体色をしていますが、幼魚は腹側が黄色になります。 ホワイトダムセルについて! ホワイトダムセルを展示している施設…

水族館魚図鑑-フタスジリュウキュウスズメダイ(Dascyllus reticulatus)

フタスジリュウキュウスズメダイは名前の由来にもなっている2本の横帯が特徴のスズメダイで観賞魚として流通することもあります。 フタスジリュウキュウスズメダイについて! フタスジリュウキュウスズメダイを展示している施設! フタスジリュウキュウスズ…

水族館魚図鑑-ナミスズメダイ(Amblyglyphidodon leucogaster)

ナミスズメダイは国内では琉球列島で見られるスズメダイの仲間で、腹部が黄色になるのが特徴です。 ナミスズメダイについて! ナミスズメダイを展示している施設! ナミスズメダイと登別マリンパークニクス ナミスズメダイを展示している施設の一覧 ナミスズ…

水族館魚図鑑-スカンクアネモネフィッシュ(Amphiprion akallopisos)

スカンクアネモネフィッシュは動物のスカンクと同じように背側に白色の線があるのが特徴です。 スカンクアネモネフィッシュについて! スカンクアネモネフィッシュを展示している施設! スカンクアネモネフィッシュと東海大海洋博物館 スカンクアネモネフィ…

水族館魚図鑑-ワイドバンドアネモネフィッシュ(Amphiprion latezonatus)

ワイドバンドアネモネフィッシュは名前の通り、他の種類と比べて幅広い白色の横帯を持つクマノミです。 本種は東部オーストラリア、ニューカレドニアの限られた海域に生息しています。 ワイドバンドアネモネフィッシュについて! ワイドバンドアネモネフィッ…

水族館魚図鑑-レッドアンドブラックアネモネフィッシュ(Amphiprion melanopus)

レッドアンドブラックアネモネフィッシュは赤と黒のツートンカラーのクマノミです。 国内で展示している施設は少なく、JAZA加入の施設では東海大海洋博物館でのみ展示されています。 レッドアンドブラックアネモネフィッシュについて! レッドアンドブラック…

水族館魚図鑑-モルディブアネモネフィッシュ(Amphiprion nigripes)

モルディブアネモネフィッシュは名前の通りモルディブ諸島、スリランカ周辺に生息しているクマノミの仲間です。 外見は国内で見られるハマクマノミに似ていますが、外見上の違いで見分けることができます。 モルディブアネモネフィッシュについて! モルディ…

水族館魚図鑑-マックローキーズアネモネフィッシュ(Amphiprion mccullochi)

マックローキーズアネモネフィッシュはオーストラリア大陸とニュージーランドの中間付近にあるロードハウ島に生息しているクマノミの仲間です。 白色と黒色のツートンカラーが特徴です。 マックローキーズアネモネフィッシュについて! マックローキーズアネ…

水族館魚図鑑-バリアリーフアネモネフィッシュ(Amphiprion akindynos)

バリアリーフアネモネフィッシュはグレートバリアリーフ~ニューカレドニアに生息しているクマノミで、2本の横帯と白い尾鰭が特徴の種類です。 日本の水族館ではほとんど展示されていませんが、東海大海洋博物館で見ることができます。 バリアリーフアネモネ…

水族館魚図鑑-ティレズアネモネフィッシュ(Amphiprion thiellei)

ティレズアネモネフィッシュは中西部太平洋に生息しているクマノミで、30年ほど前から雑種である可能性があるとされています。 オレンジフィンアネモネフィッシュ×セジロクマノミ、カクレクマノミ×セジロクマノミの雑種である可能性が高いようです。 ティレ…

水族館魚図鑑-トウアカクマノミ(Amphiprion polymnus)

トウアカクマノミは頭部が赤くなることが名前の由来になっているクマノミで、国内にも生息しています。 沖縄以南で見られますが生息数は多くないようです。 トウアカクマノミについて! トウアカクマノミを展示している施設! トウアカクマノミと葛西臨海水…

水族館魚図鑑-セジロクマノミ(Amphiprion sandaracinos)

セジロクマノミは聞きなれない名前のクマノミですが、○○クマノミと和名が付けられている種類は日本で見られる種類です。(国内に生息していない種類は○○アネモネフィッシュと呼ばれます。) 国内に生息しているクマノミの中でもレアな種類で、展示施設数は少な…

水族館魚図鑑-クラウンアネモネフィッシュ(Amphiprion percula)

クラウンアネモネフィッシュはオーストラリア北西部周辺に生息するクマノミの仲間で、カクレクマノミに似ています。 国内で見られないクマノミの中では最も多くの水族館で展示されています。 クラウンアネモネフィッシュについて! クラウンアネモネフィッシ…

水族館魚図鑑-スパインチークアネモネフィッシュ(Premnas biaculeatus)

スパインチークアネモネフィッシュはクマノミ亜科の魚ですが、カクレクマノミなど他のクマノミの仲間が分類されているクマノミ属ではなくプレムナス属に分類されています。(プレムナス属は本種のみで構成されています) ごく一部ではシロミスジという和名っぽ…

水族館魚図鑑-クジャクスズメダイ(Pomacentrus pavo)

クジャクスズメダイは非常に綺麗な見た目をしたソラスズメダイ属の魚で、綺麗な見た目から観賞魚として流通することがあります。 和名が付けられている種類ですが、日本では珍しくほとんど見られません。 クジャクスズメダイについて! クジャクスズメダイを…

水族館魚図鑑-セナキルリスズメダイ(Chrysiptera starcki)

セナキルリスズメダイは背部が黄色になるルリスズメダイの仲間で、綺麗な見た目から観賞魚として流通することがありますが、ルリスズメダイと比べると深場に生息していることもあり流通量は少ないです。 セナキルリスズメダイについて! セナキルリスズメダ…

水族館魚図鑑-ガリバルディ(Hypsypops rubicundus)

ガリバルディは30cmを超えるスズメダイの仲間としては大型の種類で、橙色の体色が綺麗な種類です。 ガリバルディについて! ガリバルディを展示している水族館! ガリバルディと葛西臨海水族園 ガリバルディを展示している水族館の一覧 ガリバルディについて…

水族館魚図鑑-スパイニークロミス(Acanthochromis polyacanthus)

スパイニークロミスは西部太平洋に生息しているスズメダイの仲間で、地域による外見の変異が大きい種類と言われています。 スズメダイの仲間では珍しい孵化した稚魚を保護する魚です。 スパイニークロミスについて! スパイニークロミスを展示している水族館…

水族館魚図鑑-ブラックスミス(Chromis punctipinnis)

ブラックスミスは日本でも見られるスズメダイにも似ていますが、体の後半~尾鰭にかけての黒色の斑点で見分けることができます。 日本では葛西臨海水族園でのみ展示されています。 ブラックスミスについて! ブラックスミスを展示している水族館! ブラック…

水族館魚図鑑-ブルークロミス(Chromis cyanea)

ブルークロミスはカリブ海、西部大西洋に生息している青色のスズメダイの仲間で、国内でもいくつかの水族館で展示されています。 ブルークロミスについて! ブルークロミスを展示している水族館! ブルークロミスと葛西臨海水族園 ブルークロミスを展示して…