水族館魚図鑑-スズキ目(その他)

水族館魚図鑑-ヒブダイ(Scarus ghobban)

ヒブダイはスズキ目ブダイ科アオブダイ属の魚で、綺麗な見た目をした魚です。 食用としても流通することがあります。 沖縄では「アーガイ」という地方名で呼ばれているようです。 ヒブダイについて! ヒブダイは最大90cm前後まで成長するスズキ目ブダイ科ア…

水族館魚図鑑-ナーサリーフィッシュ/コモリウオ(Kurtus gulliveri)

ナーサリーフィッシュはコモウリオとも呼ばれることもあるスズキ目コモリウオ科の魚です。 コモリウオという名前はオスの頭部にあるフック状の突起に卵をぶら下げて保護することが由来になっています。 ナーサリーフィッシュについて! ナーサーリーフィッシ…

水族館魚図鑑-インドカエルウオ(Atrosalarias fuscus)

カエルウオという名前の通り、横に広い口がカエルにそっくりな魚です。 インドという名前が付いていますが、国内でも琉球列島以南で見ることができます。 インドカエルウオについて! インドカエルウオを展示している水族館! インドカエルウオについて! イ…

水族館魚図鑑-タマカエルウオ(Alticus saliens)

タマカエルウオは魚なのに水の中に滅多に入らない魚で、濡れた岩場を主な生活の場にしています。 何故、生活の場を陸上にしたのかは分かりませんが岩の上の方が競合相手がいなかったのかもしれません。 タマカエルウオについて! タマカエルウオを展示してい…

水族館魚図鑑-コウライトラギス(Parapercis snyderi)

コウライトラギスはトラギスの仲間としては暗い色をしていますが、良く見ると他のトラギスと同じく綺麗な見た目をした魚です。 コウライトラギスについて! コウライトラギスを展示している水族館! コウライトラギスについて! コウライトラギスは10cm程度…

水族館魚図鑑-ナベカ(Omobranchus elegans)

ナベカは沿岸部の岩場などに生息しており、タイドプールでも見かける魚です。 小さいため食用としては利用されませんが、綺麗な見た目から観賞魚として流通することがあります。 ナベカについて! ナベカを展示している水族館! ナベカについて! ナベカは10…

水族館魚図鑑-ケムシカジカ(Hemitripterus villosus)

ケムシカジカは北海道ではトウベツカジカと呼ばれることもあるケムシカジカ科の魚です。 北海道や北陸では産卵期に波止場からも釣りで狙うことができ、食用として利用されているようです。 ケムシカジカについて! ケムシカジカを展示している水族館! ケム…

水族館魚図鑑-ヒメツバメウオ(Monodactylus argenteus)

ヒメツバメウオはツバメウオと名前に入っていますが、ツバメウオ科ではなくヒメツバメウオ科の魚です。 主に琉球諸島以南で見られ、幼魚はマングローブ等、成魚は内湾に多く生息しています。 ヒメツバメウオについて! ヒメツバメウオを展示している水族館!…

水族館魚図鑑-グルクマ(Rastrelliger kanagurta)

グルクマは沖縄での方言名「グルクマー」が和名の由来になっている魚です。 南西諸島からオーストラリア北技師、アフリカの東岸まで幅広く生息しており、特に東南アジアでは重要な食用魚で、漁獲量も多いです。 グルクマについて! グルクマを展示している水…

水族館魚図鑑-リーフフィッシュ(Monocirrhus polyacanthus)

リーフフィッシュは枯れ葉に擬態した魚で、アマゾン川など南アメリカ北部に生息しています。 変わった見た目から観賞魚として流通することがあります。 リーフフィッシュについて! リーフフィッシュを展示している水族館! リーフフィッシュについて! リー…

水族館魚図鑑-メガネゴンベ(Paracirrhites arcatus)

メガネゴンベは目の後ろの模様がメガネをかけているかのように見えることが名前の由来になっています。 メガネゴンベについて! メガネゴンベを展示している水族館! メガネゴンベについて! メガネゴンベは15cm程度になるスズキ目ゴンベ科の魚です。 メガネ…

水族館魚図鑑-マグパイパーチ(Cheilodactylus nigripes)

マグパイパーチはインド洋~西部太平洋に生息するタカノハダイの仲間です。 白と黒の縞模様で、模様は日本のイシダイに少し似ています。 マグパイパーチについて! マグパイパーチを展示している水族館! マグパイパーチについて! マグパイパーチは40cmにま…

水族館魚図鑑-タカノハダイ(Cheilodactylus zonatus)

タカノハダイは沿岸部の岩礁地帯で見られる魚で、磯釣りで釣られることもあります。 身に磯臭さがあるようですが、適切な処理を行ったものは磯臭さも消え美味なようです。 タカノハダイについて! タカノハダイを展示している水族館! タカノハダイについて…

水族館魚図鑑-ムーンライター(Tilodon sexfasciatus)

ムーンライターについて! ムーンライターを展示している水族館! ムーンライターについて! ムーンライターは40cmにまで成長するスズキ目カゴカキダイ科の魚です。 日本にも生息しているカゴカキダイとシルエットは似ており、カゴカキダイが黄色と黒の縦縞…

水族館魚図鑑-クルマダイ(Pristigenys niphonia)

クルマダイはやや水深が深い場所で見られる魚で数は漁獲されませんが、美味しい魚として食用として利用されています。 クルマダイについて! クルマダイを展示している水族館! クルマダイについて! クルマダイは30cm程度にまで成長するスズキ目キントキダ…

水族館魚図鑑-オールドワイフ(Enoplosus armatus)

オールドワイフはオーストラリア固有種の魚で、沿岸の岩礁地帯や入り江などに生息しています。 現地では食用として利用されており、美味な魚のようです。 オールドワイフについて! オールドワイフを展示している水族館! オールドワイフについて! オールド…

水族館魚図鑑-フライングガーナード(Dactylopterus volitans)

フライングガーナードは大きな翼のように発達した胸鰭を持つセミホウボウの仲間です。 フライングガーナードについて! フライングガーナードを展示している水族館! フライングガーナードについて! フライングガーナードは50cmにまで成長するスズキ目セミ…

水族館魚図鑑-キホウボウ(Peristedion orientale)

キホウボウは深い水深に生息するホウボウの仲間で名前の通り黄色っぽいスリムなホウボウです。 キホウボウについて! キホウボウを展示している水族館! キホウボウについて! キホウボウは20cm程度まで成長するスズキ目キホウボウ科キホウボウ属の魚です。 …

水族館魚図鑑-チカメキントキ(Cookeolus japonicus)

チカメキントキは大きな目と赤っぽい体色からキンメダイ目だと思われがちですが、スズキ目キントキダイ科に属する魚です。 これはキンメダイ目が尻鰭が4棘なのに対してチカメキントキは3棘であるためです。 チカメキントキについて! チカメキントキを展示し…

水族館魚図鑑-ブルーデビル(Assessor macneilli)

ブルーデビルはオーストラリアの南部に生息しているタナバタウオ科の魚で、発達した背鰭や尻鰭が幽霊のように見えたのが名前に由来になっているのかもしれません。 ブルーデビルについて! ブルーデビルを展示している水族館! ブルーデビルについて! ブル…

水族館魚図鑑-シモフリタナバタウオ(Calloplesiops altivelis)

シモフリタナバタウオは変わった見た目をしていることから観賞魚としても流通することもある魚で、ウツボの仲間に擬態していると言われています。 シモフリタナバタウオについて! シモフリタナバタウオを展示している水族館! シモフリタナバタウオについて…

水族館魚図鑑-ホシゴンベ(Paracirrhites forsteri)

ホシゴンベは国内で見られるゴンベ科の魚としては大型の魚です。 ホシゴンベの名前は頭部に星のような黒点が無数にあることが由来になっています。 ホシゴンベについて! ホシゴンベを展示している水族館! ホシゴンベについて! ホシゴンベは20cmにまで成長…

水族館魚図鑑-クダゴンベ(Oxycirrhites typus)

クダゴンベはゴンベ科の魚の中でも変わった形状をした魚で、観賞魚としても流通することがあります。 クダゴンベについて! クダゴンベを展示している水族館! クダゴンベについて! クダゴンベは13cm程度にまで成長するスズキ目ゴンベ科クダゴンベ属の魚で…

水族館魚図鑑-オキゴンベ(Cirrhitichthys aureus)

オキゴンベは黄色~薄い赤色の体色をしたゴンベ科の魚で、背鰭には糸状に数本伸びています。 オキゴンベについて! オキゴンベを展示している水族館! オキゴンベについて! オキゴンベは15cm程度に成長するスズキ目ゴンベ科オキゴンベ属の魚です。 上の画像…

水族館魚図鑑-ギンユゴイ(Kuhlia mugil)

ギンユゴイはユゴイの仲間の中でも幅広い地域で見られる魚でインド洋~太平洋に広く分布しています。 ギンユゴイについて! ギンユゴイを展示している水族館! ギンユゴイについて! ギンユゴイは15cm程度に成長する中型のユゴイの仲間です。 ギンユゴイは特…

水族館魚図鑑-イシダイ(Oplegnathus fasciatus)

イシダイは釣りの対象魚としても人気が高く、岩場に住む魚の中では知名度の高い魚だと思います。 高級魚としても知られていますが、大型の個体は地域によってシガテラ毒を持っている可能性があるので注意が必要です。(40cm前後くらいが一番美味しいようです)…

水族館魚図鑑-ロングスナウテッドボアフィッシュ(Pentaceropsis recurvirostris)

ロングスナウテッドボアフィッシュはオーストラリア南部の沿岸部に生息している魚で、吻がイノシシのような長い鼻のように見えることからボアフィッシュという名前になっています。 ロングスナウテッドボアフィッシュについて! ロングスナウテッドボアフィ…

水族館魚図鑑-テングダイ(Evistias acutirostris)

テングダイは口が天狗のように突き出ていることが由来となっているスズキ目カワビシャ科の魚です。 国内では相模湾以南の温かい地域で見ることができます。(見た目が南国っぽいので見た目通りですね。) テングダイについて! テングダイを展示している水族館…

水族館魚図鑑-シマイサキ(Rhyncopelate Oxyhynchus)

シマイサキはイサキという名前が付いていますが、イサキ科の魚ではなくシマイサキ科の魚です。(他のシマイサキ科の魚はコトヒキなどがいます) シマイサキについて! シマイサキを展示している水族館! シマイサキについて! シマイサキは30cm程度にまで成長…

水族館魚図鑑-ウミタナゴ(Ditrema temmincki temmincki)

ウミタナゴは胎生で、子供を出産する魚として知られています。 ウミタナゴは2007年まで1種類とされていましたが、現在は青みがかった型をマタナゴとして亜種に、赤みが強い型をアカタナゴとして別種としました。(水族館では特に分けられてはいないようです) …