水族館魚図鑑-スズキ目(その他)

水族館魚図鑑-ゴンベ科(Cirrhitidae)について

ゴンベはインド洋~太平洋の熱帯域に多くの種類が分布しており、大きな胸鰭を使って岩やサンゴの上に載っている姿が見られます。 岩やサンゴの上に乗って周囲を警戒している姿が鷹が上空から餌を探す姿に似ている事から英語では「hawk fish」と呼ばれていま…

水族館魚図鑑-サラサゴンベ(Cirrhitichthys falco)

サラサゴンベはインド洋~太平洋に生息するゴンベの仲間で、綺麗な見た目から観賞魚として飼育される事があります。 展示している水族館は多いですが、西日本側に偏っています。 サラサゴンベについて! サラサゴンベを展示している施設! サラサゴンベと京…

水族館魚図鑑-イエローベリーロックコッド(Notothenia coriiceps)

イエローベリーロックコッドは南極周辺に生息しているノトテニア科の魚で、国内の水族館では葛西臨海水族園と名古屋港水族館で展示されています。 イエローベリーロックコッドについて! イエローベリーロックコッドを展示している施設! イエローベリーロッ…

水族館魚図鑑-ボウズギンポ(Zaprora silenus)

ボウズギンポは頭部に白色の斑点があるのが特徴の魚で、日本では主に北海道で見られます。 オオカミウオに似た体型をしていますが、展示している水族館はオオカミウオよりも少ないです。 ボウズギンポについて! ボウズギンポを展示している施設! ボウズギ…

水族館魚図鑑-ノコギリダイ(Gnathodentex aureolineatus)

ノコギリダイは小型のフエフキダイの仲間で、主上顎骨の側面に鋸歯状の隆起がある事が名前の由来となっています。 水族館で飼育されている事も多く、背部に淡色の小さな斑点があります。 ノコギリダイについて! ノコギリダイを展示している施設! ノコギリ…

水族館魚図鑑-ハチビキ(Erythrocles schlegelii)

ハチビキは最大70cm以上に成長する魚で、やや深場の環境に生息しています。 英名では「Japanese rubyfish 」と呼ばれていますが、アフリカ大陸の沿岸部等にも分布しています。 ハチビキについて! ハチビキを展示している施設! ハチビキと新江ノ島水族館 ハ…

水族館魚図鑑-ギバゴチ(Gymnodraco acuticeps)

ギバゴチは南極大陸付近に生息している魚で、ゴチと名前についていますが、コチ科の魚ではありません。 日本国内では名古屋港水族館でのみ展示されています。(2020年10月時点) ギバゴチについて! ギバゴチを展示している施設! ギバゴチと名古屋港水族館 ギ…

水族館魚図鑑-キンメモドキ(Parapriacanthus ransonneti)

キンメモドキはキンメダイに似ている事が名前の由来になっていますが、キンメダイ目ではなく、ハタンポ科の魚です。 大きな群れを作る事があり、練り物の原料として利用されています。 キンメモドキについて! キンメモドキを展示している施設! キンメモド…

水族館魚図鑑-ハオコゼ(Paracentropogon rubripinnis)

ハオコゼは10cm程度の小型の魚で、背鰭の棘に毒を持つことで知られています。 藻場や岩礁、波止場など身近な環境に生息しており、釣りの外道として釣られる事があるため注意が必要です。 ハオコゼについて! ハオコゼを展示している施設! ハオコゼとしなが…

水族館魚図鑑-ツバメコノシロ(Polydactylus plebeius)

ツバメコノシロは下顎が短い事から「アゴナシ」と呼ばれる事も多い魚で、日本での漁獲量は多くありませんが産地では食用として利用されています。 ツバメコノシロ科は世界中で40種類程度が確認されていますが、本種が国内の水族館で展示されている唯一の種類…

水族館魚図鑑-ショウワギス(Trematomus bernacchii)

ショウワギスはエメラルドノトセンと呼ばれる事もある魚で、キスの仲間ではありません。 地域によって食性が異なると考えられています。 ショウワギスについて! ショウワギスを展示している施設! ショウワギスと名古屋港水族館 ショウワギスを展示している…

水族館魚図鑑-フサギンポ(Chirolophis japonicus)

フサギンポは頭部に皮弁が多くあるタウエガジ科の魚で、見た目が悪い事からあまり食用として利用されていないようです。 フサギンポについて! フサギンポを展示している施設! フサギンポと市立室蘭水族館 フサギンポと新江ノ島水族館 フサギンポを展示して…

水族館魚図鑑-ペスチャンチョ(Congiopodus peruvianus)

ペスチャンチョは太平洋南東部、大西洋南西部に生息しており、脱皮する魚として知られています。 ペスチャンチョについて! ペスチャンチョを展示している施設! ペスチャンチョと葛西臨海水族園 ペスチャンチョについて! ペスチャンチョは体長25cm程度にま…

水族館魚図鑑-ヨコスジクロゲンゲ(Lycodes hubbsi)

ヨコスジクロゲンゲは千葉県以北の太平洋側、オホーツク海等に生息しているゲンゲの仲間です。 国内では福島海洋科学館と新江ノ島水族館で展示されています。(2020年11月時点) ヨコスジクロゲンゲについて! ヨコスジクロゲンゲを展示している施設! ヨコス…

水族館魚図鑑-イネゴチ(Cociella crocodila)

イネゴチは日本各地で見られるコチの仲間で、マゴチに比べると味が落ちるため安価で流通しているようです。 イネゴチについて! イネゴチを展示している施設! イネゴチと八景島シーパラダイス イネゴチを展示している施設の一覧 イネゴチについて! イネゴ…

水族館魚図鑑-オニカジカ(Enophrys diceraus)

オニカジカは「オイランカジカ」と呼ばれることもあるカジカの仲間で、定置網や底引き網で漁獲され食用として利用されています。 オニカジカについて! オニカジカを展示している施設! オニカジカと市立室蘭水族館 オニカジカを展示している施設の一覧 オニ…

水族館魚図鑑-ハナカジカ(Cottus nozawae)

ハナカジカは北海道を中心に東北地方にも断続的に分布しており、食用として利用されることもあります。 展示している水族館は少なく、JAZA加入の施設では千歳水族館でのみ展示されています。 ハナカジカについて! ハナカジカを展示している施設! ハナカジ…

水族館魚図鑑-タナゴモドキ(Hypseleotris cyprinoides)

タナゴモドキはハゼ亜目カワアナゴ科の魚ですが、タナゴに似た見た目をしている事が名前の由来となっています。 観賞魚として飼育されることもあります。 タナゴモドキについて! タナゴモドキを展示している施設! タナゴモドキと新江ノ島水族館 タナゴモド…

水族館魚図鑑-オニダルマオコゼ(Synanceia verrucosa)

オニダルマオコゼは毒魚として有名な魚で、シュノーケリングやダイビングを行っている人が踏み抜いて毒棘に刺さる事件も起こっています。 背鰭の棘に毒を持つ魚ですが、身は美味で現地では高級魚として扱われています。 オニダルマオコゼについて! オニダル…

水族館魚図鑑-アユカケ(Rheopresbe kajika)

アユカケは産卵のために降河回遊を行うカジカの仲間で、大きな頭部と大きな胸鰭が特徴の魚です。 自然界の個体数が減少しており、環境庁のレッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。 アユカケについて! アユカケを展示している施設! アユカケと八景…

水族館魚図鑑-オクカジカ(Myoxocephalus jaok)

オクカジカは太平洋の日本海・太平洋側、青森、新潟で見られるカジカの仲間です。 展示している水族館が少なく、北海道の小樽水族館と市立室蘭水族館で展示されていました。(2020年9月時点) オクカジカについて! オクカジカを展示している施設! オクカジカ…

水族館魚図鑑-ストライプドシーパーチ(Embiotoca lateralis)

ストライプドシーパーチは最大で40cm近くまで成長する大型のウミタナゴの仲間で、国内では葛西臨海水族園でのみ展示されています。 ストライプドシーパーチについて! ストライプドシーパーチを展示している施設! ストライプドシーパーチと葛西臨海水族園 …

水族館魚図鑑-ヤマトコブシカジカ(Malacocottus gibber)

ヤマトコブシカジカは日本近海や朝鮮半島などの太平洋北西部の深海に生息している魚です。 ヤマトコブシカジカについて! ヤマトコブシカジカを展示している施設! ヤマトコブシカジカと新江ノ島水族館 ヤマトコブシカジカを展示している施設の一覧 ヤマトコ…

水族館魚図鑑-オニオコゼ(Inimicus japonicus)

オニオコゼは沿岸部の砂泥底に生息しており、背鰭の棘条に毒線を持っており刺されると非常に痛みます。 背鰭の棘に毒を持ちますが、非常に美味な魚で高級魚として扱われています。 オニオコゼについて! オニオコゼを展示している施設! オニオコゼと東海大…

水族館魚図鑑-オウゴンニジギンポ(Meiacanthus atrodorsalis)

オウゴンニジギンポは青色と黄色の体色をしたイソギンポ科の魚で、綺麗な見た目から観賞魚として飼育されることがあります。 毒の牙を持つことから、オウゴンニジギンポに擬態して身を守っている魚もいます。 オウゴンニジギンポについて! オウゴンニジギン…

水族館魚図鑑-ロックサッカー(Chorisochismus dentex)

ロックサッカーは大西洋南東部に生息しているウバウオ科の魚で、国内の水族館では葛西臨海水族園でのみ展示されています。 ロックサッカーについて! ロックサッカーを展示している施設! ロックサッカーと葛西臨海水族園 ロックサッカーについて! ロックサ…

水族館魚図鑑-エゾアイナメ(Hexagrammos stelleri)

エゾアイナメは日本国内では北海道で見られるアイナメの仲間で、アイナメよりもやや細い見た目をしています。 日本国内では小樽水族館と八景島シーパラダイスで展示されています。 エゾアイナメについて! エゾアイナメを展示している施設! エゾアイナメと…

水族館魚図鑑-ペインテッドグリーンリング(Oxylebius pictus)

ペインテッドグリーンリングは汚れたような褐色の体色に黒色や赤色の縞模様を持っているアイナメの仲間です。 日本国内の水族館では葛西臨海水族園でのみ展示されています。 ペインテッドグリーンリングについて! ペインテッドグリーンリングを展示している…

水族館魚図鑑-シイラ(Coryphaena hippurus)

シイラは緑がかった体色をした特徴的な見た目をしている魚で、ハワイではマヒマヒと呼ばれ高級魚として扱われています。 釣りの対象魚としても人気のある魚で、ルアー釣りなどで狙われます。 世界中の温帯・熱帯記に生息しており、日本でも食用として利用さ…

水族館魚図鑑-ツバメタナバタウオ(Assessor randalli)

ツバメタナバタウオはサンゴ礁域の洞の中で見られる事が多い魚で、逆さまになって泳ぐ姿が多く見られます。 観賞魚として飼育されることもあります。 ツバメタナバタウオについて! ツバメタナバタウオを展示している施設! ツバメタナバタウオと志摩マリン…