水族館魚図鑑-スズキ目(その他)

水族館魚図鑑-フタスジタマガシラ(Scolopsis bilineata)

フタスジタマガシラは体にある2本の帯が特徴のタマガシラの仲間です。 沖縄では地方名でアンヌマーと呼ばれています。 フタスジタマガシラについて! フタスジタマガシラを展示している水族館! フタスジタマガシラとアクアパーク品川 フタスジタマガシラを…

水族館魚図鑑-ヒトスジタマガシラ(Scolopsis monogramma)

ヒトスジタマガシラは体側に黒色の縦帯が名前の由来になっている魚ですが、大きな個体では縦帯が消失している個体もいます。 ヒトスジタマガシラについて! ヒトスジタマガシラを展示している水族館! ヒトスジタマガシラとアクアパーク品川 ヒトスジタマガ…

水族館魚図鑑-オビシメ(Scarus obishime)

オビシメは小笠原諸島にのみ生息するブダイの仲間で、国内では葛西臨海水族園でのみ展示されています。 オビシメについて! オビシメを展示している水族館! オビシメと葛西臨海水族園 オビシメについて! オビシメは60cm程度にまで成長するスズキ目ブダイ科…

水族館魚図鑑-ストップライトパロットフィッシュ(Sparisoma viride)

ストップライトパロットフィッシュは西部大西洋、カリブ海に生息しているブダイの仲間です。 ストップライトパロットフィッシュについて! ストップライトパロットフィッシュを展示している水族館! ストップライトパロットフィッシュと葛西臨海水族園 スト…

水族館魚図鑑-クロマグロ(Thunnus orientalis)

クロマグロはスズキ目サバ科の魚でスーパーで売られる際には本マグロ、ホンマグロと呼ばれることもあります。 日本国内ではミナミマグロやメバチマグロなど数種類のマグロが流通していますが、最も値段の高いマグロです。 クロマグロについて! クロマグロを…

水族館魚図鑑-ツートンフィンガーフィン(Chirodactylus brachydactylus)

ツートンフィンガーフィンは葛西臨海水族園でのみ展示されているアフリカ大陸南部沿岸に生息しているタカノハダイの魚です。 ツートンフィンガーフィンについて! ツートンフィンガーフィンを展示している水族館! ツートンフィンガーフィンと葛西臨海水族園…

水族館魚図鑑-レッドフィンガーズ(Cheilodactylus fasciatus)

レッドフィンガーズは国内では葛西臨海水族園でのみ展示されているタカノハダイの仲間で、変わった模様をしています。 レッドフィンガーズについて! レッドフィンガーズを展示している水族館! レッドフィンガーズと葛西臨海水族園 レッドフィンガーズにつ…

水族館魚図鑑-ウサギニベ(Pareques acuminatus)

ウサギニベは西部大西洋やカリブ海に生息しているニベ科の魚ですが、何故か和名が付いている魚です。 英名をそのまま読んだ「ハイアット」という名前で呼ばれることもあります。(葛西臨海水族園の掲示パネルはハイアットでした。) ウサギニベについて! ウサ…

水族館魚図鑑-シログチ(Pennahia argentata)

シログチは漢字で書くと「白愚痴」となり、白銀色の体色と釣りあげられると浮袋を使って「グーグー」と鳴く姿が愚痴を言っているように見える事が由来となっています。 シログチの他に似たような魚としてキグチやクログチもいます。(この3種類ではキグチが一…

水族館魚図鑑-ジャックナイフフィッシュ(Equetus lanceolatus)

ジャックナイフフィッシュは特徴的な名前・見た目をしたニベ科の魚で、サンゴニベと呼ばれることもあります。 ジャックナイフフィッシュについて! ジャックナイフフィッシュを展示している水族館! ジャックナイフフィッシュと葛西臨海水族園 ジャックナイ…

水族館魚図鑑-イエローゴートフィッシュ

イエローゴートフィッシュはアカヒメジの仲間で、ヒメジの仲間でも遊泳力の高い魚です。 ゴートフィッシュとはヒメジの仲間の英語での呼び方で、ヒメジの顎の下にあるヒゲが山羊のヒゲのように見えることが由来となっています。 イエローゴートフィッシュに…

水族館魚図鑑-ジャイアントホークフィッシュ(Cirrhitus rivulatus)

ジャイアントホークフィッシュは10cm前後の種類が多いゴンベ科の中で60cmを超えるゴンベ科の最大種です。 国内の水族館のうち葛西臨海水族園と大阪海遊館に展示されています。 ジャイアントホークフィッシュについて! ジャイアントホークフィッシュを展示し…

水族館魚図鑑-サーカスティックフリンジヘッド(Neoclinus blanchardi)

サーカスティックフリンジヘッドはカリフォルニア~バハカリフォルニアに生息しているイソギンポの仲間で、葛西臨海水族園でのみ展示されています。 大きな口を開けて威嚇する姿で有名な魚です。 サーカスティックフリンジヘッドについて! サーカスティック…

水族館魚図鑑-イボダイ(Psenopsis anomala)

イボダイはエボダイ、モチノウオ、メダイなどと呼ばれることもある魚で、夏が旬の魚で食用として流通しています。 小さい稚魚はクラゲの触手の近くで生活することにより身を守ります。 イボダイについて! イボダイを展示している水族館! イボダイと葛西臨…

水族館魚図鑑-トサカギンポ(Omobranchus fasciolatoceps)

トサカギンポは頭部にニワトリのようなトサカを持つギンポの仲間で、ナベカ属に分類されています。 トサカギンポについて! トサカギンポを展示している水族館! トサカギンポと葛西臨海水族園 トサカギンポを展示している水族館の一覧 トサカギンポについて…

水族館魚図鑑-タカベ(Labracoglossa argentiventris)

タカベは夏の魚として知られており、6月~8月が旬と言われており高値で取引されています。 ウメイロに似ていますが、ウメイロは40cm近くに成長し、ウメイロの背鰭、背鰭は黄色くならないことで見分けることができます。 タカベについて! タカベを展示してい…

水族館魚図鑑-ジャイアントグラスパーチ(Parambassis gulliveri)

ジャイアントグラスパーチは名前の通りタカサゴイシモチ科Parambassis属の中では大型に成長する種類で、稀に観賞魚として流通します。 ジャイアントグラスパーチについて! ジャイアントグラスパーチを展示している水族館! ジャイアントグラスパーチと板橋…

水族館魚図鑑-オオニベ(Argyrosomus japonicus)

オオニベはニベ科の中でも大型に成長する魚で、南日本の太平洋側で見ることができる魚です。 宮崎県では種苗放流を行っており、国内でも魚影が濃いと言われており産卵期となる冬に釣りに訪れる釣り人もいるようです。 オオニベについて! オオニベを展示して…

水族館魚図鑑-タチウオ(Trichiurus lepturus)

タチウオは漢字で書くと「太刀魚」となり、太刀のような見た目が名前の由来となっています。 釣りの対象魚としても人気の高い魚で、船からのルアーや餌釣りで狙うのが一般的です。 タチウオについて! タチウオを展示している水族館! タチウオとマリンワー…

水族館魚図鑑-ホウセキキントキ(Priacanthus hamrur)

ホウセキキントキはルビーのような体色が名前の由来になったと言われています。 国内では相模湾以南で見ることができます。 ホウセキキントキについて! ホウセキキントキを展示している水族館! ホウセキキントキとマリンワールド海の中道 ホウセキキントキ…

水族館魚図鑑-アカヒメジ(Mulloidichthys vanicolensis)

アカヒメジは生きている間は薄いピンクや黄色をしていますが、死後は名前通り赤くなるヒメジの仲間です。 ヒメジの仲間としては珍しく、底部ではなく中層で多く見られる魚です。 アカヒメジについて! アカヒメジを展示している水族館! アカヒメジとマリン…

水族館魚図鑑-インドヒメジ(Parupeneus barberinoides)

インドヒメジは赤と黄色のツートンカラーが特徴のヒメジの仲間で、観賞魚として流通することがあります。 綺麗で変わった見た目をしていますが、展示している水族館は少ないです。 インドヒメジについて! インドヒメジを展示している水族館! インドヒメジ…

水族館魚図鑑-ヒイラギ(Nuchequula nuchalis)

ヒイラギは表面がヌルヌルしており、「ギーギー」と鳴くことができ、食道で発光バクテリアを共生させているなど特徴の多い魚です。 地域によっては食用として利用されますが、鋭い部分が多いので取り扱いには注意が必要です。 ヒイラギについて! ヒイラギを…

水族館魚図鑑-ミナベヒメジ(Parupeneus biaculeatus)

ミナベヒメジは最近になってようやく標準和名が付けられたウミヒゴイの仲間で、食用として利用されています。 一般的な知名度が低いためか展示している水族館は少ないかもしれません。 ミナベヒメジについて! ミナベヒメジを展示している水族館! ミナベヒ…

水族館魚図鑑-ジャイアントグラミー(Osphronemus goramy)

ジャイアントグラミーはオスフロネムスグラミーと呼ばれることもあるグラミーの仲間の中でも最大クラスの大きさに成長する魚です。 オスフロネムスグラミーについて! ジャイアントグラミーを展示している水族館! ジャイアントグラミーと しながわ水族館 ジ…

水族館魚図鑑-アカオビサンゴアマダイ(Hoplolatilus marcosi)

アカオビサンゴアマダイは名前の通り、赤色の縦帯が特徴のサンゴアマダイの仲間で観賞魚として流通することもあります。 アカオビサンゴアマダイについて! アカオビサンゴアマダイを展示している水族館! アカオビサンゴアマダイと板橋区熱帯環境館 アカオ…

水族館魚図鑑-ヤマノカミ(Trachidermus fasciatus)

ヤマノカミは国内では九州の有明海とその流入河川にのみ生息しています。 地域によってはミノカサゴの仲間のことをヤマノカミと呼ぶ地域もあります。 ヤマノカミについて! ヤマノカミを展示している水族館! ヤマノカミとマリンワールド海の中道 ヤマノカミ…

水族館魚図鑑-ヨダレカケ(Andamia tetradactyla)

ヨダレカケは陸上で生活する魚として有名な魚で、産卵までも陸上で行う変わった魚です。 この変わった生態から水族館でも展示されることが多い魚で、口の下にある吸盤が赤ちゃんの涎掛けのように見えたことが名前の由来です。 ヨダレカケについて! ヨダレカ…

水族館魚図鑑-ボウズカジカ(Ebinania brephocephala)

ボウズカジカは坊主のような頭が特徴のスズキ目ウラナイカジカ科アカドンコ属の魚で、アカドンコ属は国内では2種が見つかっています。 ボウズカジカについて! ボウズカジカを展示している水族館! ボウズカジカと大洗水族館 ボウズカジカについて! ボウズ…

水族館魚図鑑-フタイロカエルウオ(Ecsenius bicolor)

フタイロカエルウオは暗色と橙色のツートンカラーをしたイソギンポの仲間で観賞魚としても流通しています。 しかし、環境や個体差によっては2色のツートンカラーとならない場合もあります。 フタイロカエルウオについて! フタイロカエルウオを展示している…