水族館魚図鑑-コイ目

水族館魚図鑑-カマツカ(Pseudogobio esocinus)

カマツカは砂底の環境に生息しているコイ目コイ科の魚で、美味しい魚とされており、食用として利用されています。 驚いたり、外敵が現れると砂に潜る習性から「スナモグリ」、「スナホリ」と呼ばれることもあります。 カマツカについて! カマツカを展示して…

水族館魚図鑑-ラスボラ・ヘテロモルファ(Trigonostigma heteromorpha)

ラスボラ・ヘテロモルファは観賞魚として人気の高いコイの仲間で、安価で安定して流通しています。 群れで飼育すると水草に映えるので、昔から観賞魚として飼育されています。 ラスボラ・ヘテロモルファについて! ラスボラ・ヘテロモルファを展示している水…

水族館魚図鑑-パキスタンローチ(Botia lohachata)

パキスタンローチは網目模様があるドジョウの仲間で、「YO-YO」という模様にも見えることから「YO-YOローチ」と呼ばれることもあります。 名前の通り、パキスタンの周辺で見ることができます。 パキスタンローチについて! パキスタンローチを展示している施…

水族館魚図鑑-フクドジョウ(Barbatula barbatula)

フクドジョウはユーラシア大陸に幅広く生息しているドジョウの仲間で、日本では北海道に自然分布しています。(福島県、宮城県でも見られます。) フクドジョウについて! フクドジョウを展示している施設! フクドジョウと千歳水族館 フクドジョウを展示して…

水族館魚図鑑-ホトケドジョウ(Lefua echigonia)

ホトケドジョウは丸い頭部が名前の由来になっているドジョウの仲間で、可愛い見た目から観賞魚として飼育されることがあります。(高温には弱いです。) ホトケドジョウについて! ホトケドジョウを展示している施設! ホトケドジョウと鴨川シーワールド ホト…

水族館魚図鑑-アユモドキ(Parabotia curtus)

アユモドキはドジョウ科の魚で、泳いでいる姿がアユに似ている事が名前の由来になっています。 生息数が激減しており、国の天然記念物に指定されています。 アユモドキについて! アユモドキを展示している施設! アユモドキと東山動物園 アユモドキと志摩マ…

水族館魚図鑑-エゾホトケドジョウ(Lefua nikkonis)

エゾホトケドジョウはホトケドジョウに似ているドジョウの仲間で、北海道と青森の一部に生息しています。 ホトケドジョウは優しそうな顔つきをしている事が由来となっているようです。 エゾホトケドジョウについて! エゾホトケドジョウを展示している施設!…

水族館魚図鑑-クラウンローチ(Chromobotia macracanthus)

クラウンローチは橙色と黒色の縞模様が特徴のドジョウ科の魚で、飼育者を驚かせる変わった行動とユニークな見た目から「Clown」(=ピエロ)が名前についています。 クラウンローチについて! クラウンローチを展示している施設! クラウンローチと千歳水族館 …

水族館魚図鑑-タイガーボーシャ(Syncrossus helodes)

タイガーボーシャは観賞魚としても飼育されることがありコイ目ドジョウ科の魚で、体側の縞模様が特徴です。 タイガーボーシャについて! タイガーボーシャを展示している施設! タイガーボーシャと千歳水族館 タイガーボーシャについて! タイガーボーシャは…

水族館魚図鑑-トウカイコガタスジシマドジョウ(Cobitis minamorii tokaiensis)

トウカイコガタスジシマドジョウは以前は、「スジシマドジョウ 小型種東海型」と呼ばれていた個体群になります。(2012年に分類されています。) スジシマドジョウの仲間の多くは生息数が減少しており、トウカイコガタスジシマドジョウも絶滅危惧種IB類に指定…

水族館魚図鑑-タモロコ(Gnathopogon elongatus)

タモロコはホンモロコに似ており、ホンモロコが湖などで多く見られるのに対して、タモロコは水田などで多く見られたため、「タモロコ」と呼ばれるようになりました。 タモロコについて! タモロコを展示している施設! タモロコと東山動物園 タモロコを展示…

水族館魚図鑑-ヒレナガニシキゴイ(Cyprinus carpio var.)

ヒレナガニシキゴイはインドネシア原産の鰭の長い種類と日本のニシキゴイを交配した品種で、鰭が長くなるのが特徴です。 ヒレナガニシキゴイについて! ヒレナガニシキゴイを展示している施設! ヒレナガニシキゴイと伊勢シーパラダイス ヒレナガニシキゴイ…

水族館魚図鑑-ミクロラスボラ・ハナビ(Danio margaritatus)

ミクロラスボラ・ハナビは比較的最近見つかった種類で、美しい見た目から観賞魚として飼育されることがあります。 (ミクロラスボラとはラスボラより小さなという意味のようです。) ミクロラスボラ・ハナビについて! ミクロラスボラ・ハナビを展示している施…

水族館魚図鑑-ヤチウグイ(Rhynchocypris percnurus sachalinensis)

ヤチウグイは湿原の細流などで見られる事から谷地(湿原の意味)ウグイという名前を付けられています。 ウグイ属の魚ではなくアブラハヤ属の魚です。 ヤチウグイについて! ヤチウグイを展示している施設! ヤチウグイと千歳水族館 ヤチウグイを展示している施…

水族館魚図鑑-チャイニーズバタフライプレコ(Beaufortia kweichowensis)

チャイニーズバタフライプレコは観賞魚として飼育されることがあり、プレコという名前が付いていますがコイ目の魚です。 チャイニーズバタフライプレコについて! チャイニーズバタフライプレコを展示している施設! チャイニーズバタフライプレコと沼津深海…

水族館魚図鑑-カワヒガイ(Sarcocheilichthys variegatus variegatus)

カワヒガイは西日本の一部に生息しているヒガイ属の魚で、琵琶湖固有種のビワヒガイとは亜種関係にあります。 カワヒガイについて! カワヒガイを展示している施設! カワヒガイと東山動物園 カワヒガイを展示している施設の一覧 カワヒガイについて! カワ…

水族館魚図鑑-カワムツ(Nipponocypris temminckii)

カワムツは西日本に生息しており、西日本では一般的な川魚です。 長年にわたって、ヌマムツと同種とされていましたが現在は別種として分類されています。 カワムツについて! カワムツを展示している施設! カワムツと東山動物園 カワムツを展示している施設…

水族館魚図鑑-コウライモロコ(Squalidus chankaensis tsuchigae)

コウライモロコは高麗(朝鮮)に生息していることが名前の由来?になっていると思われるコイ科の魚です。 同じスゴモロコ属のイトモロコと非常によく似ており、両種間で交雑することもあります。 コウライモロコについて! コウライモロコを展示している施設!…

水族館魚図鑑-ソウギョ(Ctenopharyngodon idellus)

ソウギョは体長2m以上に成長する大型のコイ科の魚で、日本の各地に移入されていますが、日本のほとんどの河川で繁殖することができません。(利根川水系を除く) ソウギョについて! ソウギョを展示している施設! ソウギョと千歳水族館 ソウギョを展示してい…

水族館魚図鑑-タカハヤ(Rhynchocypris oxycephalus jouyi)

タカハヤはアブラハヤの仲間で、中国に広く生息している種類の日本固有亜種とされています。 タカハヤについて! タカハヤを展示している施設! タカハヤと鴨川シーワールド タカハヤを展示している施設の一覧 タカハヤについて! タカハヤは体長10cm程度に…

水族館魚図鑑-ウシモツゴ(Pseudorasbora pugnax)

ウシモツゴは昔から見つかっていた種類ですが、シナイモツゴの亜種とされていたため、学名記載されたのは2015年と最近です。 生息域が狭く、限られた都道府県でしか見られないので絶滅が危惧されています。 ウシモツゴについて! ウシモツゴを展示している施…

水族館魚図鑑-エゾウグイ(Tribolodon sachalinensis)

エゾウグイは東北以北に生息しており、ウグイとは異なり降海する個体がいません。 ウグイとよく似ていますが、婚姻色の違い、ウグイと比べてやや吻が突き出る事で見分けることができます。 エゾウグイについて! エゾウグイを展示している施設! エゾウグイ…

水族館魚図鑑-オイカワ(Opsariichthys platypus)

オイカワは非常に綺麗な婚姻色を発色することで知られており、都心部の河川でも見られます。 オイカワについて! オイカワを展示している施設! オイカワと鴨川シーワールド オイカワと東山動物園 オイカワと志摩マリンランド オイカワを展示している施設の…

水族館魚図鑑-カワバタモロコ(Hemigrammocypris rasborella)

カワバタモロコは環境庁のレッドリストでは絶滅危惧IB類に指定されているコイ科の魚で、生息環境の破壊や外来種の脅威により生息数が減少しています。 カワバタモロコについて! カワバタモロコを展示している施設! カワバタモロコと鳥羽水族館 カワバタモ…

水族館魚図鑑-ワタカ(Ischikauia steenackeri)

ワタカは琵琶湖と淀川水系にのみ生息していましたが、稚アユの放流に紛れて全国の河川に定着し分布を広げています。 ワタカについて! ワタカを展示している施設! ワタカと鴨川シーワールド ワタカを展示している施設の一覧 ワタカについて! ワタカは体長3…

水族館魚図鑑-アブラハヤ(Rhynchocypris lagowskii steindachneri)

アブラハヤは本州に広く生息している魚で、本来は生息していない北海道の一部河川へ定着していることが確認されています。(琵琶湖産のアユの放流に紛れて侵入したと考えられます。) アブラハヤは日本固有種で、近縁種にタカハヤやヤマナカハヤがいます。(タ…

水族館魚図鑑-イタセンパラ(Acheilognathus longipinnis)

イタセンパラは国の天然記念物に指定されており、環境庁のレッドリストでは絶滅危惧種IA類に指定されています。 日本の固有種で、淀川水系、富山平野、濃尾平野の3ヵ所にしか生息していません。 琵琶湖の内湖などに多く見られた(現在は絶滅)ため、ビワタナゴ…

水族館魚図鑑-ウグイ(Tribolodon hakonensis)

ウグイは婚姻色が美しい魚として知られており、多くの地域では他のオイカワやカワムツなどの中型川魚とまとめて「ハヤ」、「ハエ」と呼んでいます。 ウグイについて! ウグイを展示している施設! ウグイと千歳水族館 ウグイと東山動物園 ウグイを展示してい…

水族館魚図鑑-メロンバルブ(Haludaria fasciata)

メロンバルブは観賞魚として流通することがある赤系と黒色の模様の魚で、南インドに生息しています。 国内では観賞魚として流通することがあるようですが、流通量は多くありません。 メロンバルブについて! メロンバルブを展示している水族館! メロンバル…

水族館魚図鑑-ブラックルビー(Puntius nigrofasciatus)

ブラックルビーはスリランカ南部に生息しているコイの仲間で、観賞魚として流通することがあります。 ブラックルビーについて! ブラックルビーを展示している水族館! ブラックルビーと板橋区熱帯環境館 ブラックルビーについて! ブラックルビーは7cm程度…