水族館魚図鑑-キンメダイ目

水族館魚図鑑-ウケグチイットウダイ(Neoniphon sammara)

ウケグチイットウダイは下あごが突き出しており、受け口のようになっていることが名前の由来になっているイットウダイの仲間です。 ウケグチイットウダイについて! ウケグチイットウダイを展示している水族館! ウケグチイットウダイは登別マリンパークニク…

水族館魚図鑑-ニジエビス(Sargocentron diadema)

ニジエビスはサンゴ礁や岩礁に生息している魚で、食用として利用されることがあります。 イットウダイの仲間の中でも綺麗な見た目をしており、水族館で展示されています。 ニジエビスについて! ニジエビスを展示している施設! ニジエビスと鳥羽水族館 ニジ…

水族館魚図鑑-イットウダイ(Sargocentron spinosissimum)

イットウダイは鰓蓋の後方に一本の棘があることが名前の由来だと言われています。 イットウダイについて! イットウダイを展示している施設! イットウダイと志摩マリンランド イットウダイと鳥羽水族館 イットウダイを展示している施設の一覧 イットウダイ…

水族館魚図鑑-アヤメエビス(Sargocentron rubrum)

アヤメエビスはイットウダイ属の魚の中で最も多くの施設で展示されている魚です。(JAZA加入の施設のみカウント時) アヤメエビスについて! アヤメエビスを展示している施設! アヤメエビスとサンピアザ水族館 アヤメエビスと鳥羽水族館 アヤメエビスと東海大…

水族館魚図鑑-マツカサウオ(Monocentris japonica)

マツカサウオは固い鱗を持つ魚として知られており、体にある網状の模様が松ぼっくりの傘のように見えることが名前の由来になっています。 鎧を着ているようにも見える事からヨロイウオと呼ばれることもあります。 マツカサウオについて! マツカサウオを展示…

水族館魚図鑑-トガリエビス(Sargocentron spiniferum)

トガリエビスは吻が尖っていることが由来になっている魚です。 美味しい魚で沖縄県では高級魚として扱われています。 トガリエビスについて! トガリエビスを展示している水族館! トガリエビスについて! トガリエビスは45cmにまで成長するキンメダイ目イッ…

水族館魚図鑑-エビスダイ(Ostichthys japonicus)

エビスダイは非常に美味な魚とされており、鮮やかな体色をしている魚です。(名前が魚としても知られています。) エビスダイについて! エビスダイを展示している水族館! エビスダイについて! エビスダイは30cm程度に成長するキンメダイ目イットウダイ科エ…

水族館魚図鑑-アカマツカサ(Myripristis berndti)

アツマツカサウオは名前からは赤色のマツカサウオだと考える方が多いと思います。 アカマツカサはキンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ属で、マツカサウオはキンメダイ目マツカサウオ科マツカサウオ属で科から違うのでマツカサウオとは色以外にも見た目は…