水族館魚図鑑-エイ

水族館魚図鑑-ナンヨウマンタ(Mobula alfredi)

ナンヨウマンタは以前はオニイトマキエイのシノニムとされていましたが、2009年から本種を復活する説が提唱されました。 日本近海ではオニイトマキエイとナンヨウマンタの両種が見られますが、ナンヨウマンタの方が個体数は多いようです。 ナンヨウマンタに…

水族館魚図鑑-カラスエイ(Pteroplatytrygon violacea)

カラスエイは体色がカラスのように黒いことが名前の由来となっており、アカエイ科としては珍しく外洋に生息している種類です。 カラスエイについて! カラスエイを展示している施設! カラスエイと東海大海洋博物館 カラスエイを展示している施設の一覧 カラ…

水族館魚図鑑-ヒラタエイ(Urolophus aurantiacus)

ヒラタエイはヒラタエイ科の中で唯一日本国内で見られる種類で、アカエイにも似ていますが、尾に尾鰭があることで見分けることができます。 ヒラタエイについて! ヒラタエイを展示している施設! ヒラタエイと八景島シーパラダイス ヒラタエイと志摩マリン…

水族館魚図鑑-ウチワザメ(Platyrhina tangi)

ウチワザメは「サメ」と和名に入っていますが、サメの仲間ではなくエイの仲間です。(分類的には鰓孔が腹面にあるのがエイ、横にあるのがサメです。) 名前の通り、体盤がうちわ型をしたエイです。 ウチワザメについて! ウチワザメを展示している施設! ウチ…

水族館魚図鑑-マダラエイ(Taeniurops meyeni)

マダラエイは体盤の幅が2m以上にもなる大型のエイの仲間で、食用として利用されることもあります。 飼育が難しい種類と言われていますが、東海大海洋博物館やアクアパーク品川では繁殖にも成功しているようです。 マダラエイについて! マダラエイを展示して…

水族館魚図鑑-マダラトビエイ(Aetobatus narinari)

マダラトビエイは背面に白色の斑点が無数にあるトビエイの仲間で、体盤の幅が2m以上に成長する大型種です。 派手な見た目で、水槽内を活発に泳ぐことから水族館で展示されることも多いです。 マダラトビエイについて! マダラトビエイを展示している水族館!…

水族館魚図鑑-オグロオトメエイ(Himantura fai)

オグロオトメエイはアカエイ科オトメエイ属のエイで、日本では沖縄や小笠原諸島など南方で見られます。 展示している水族館は少ないですが、「アクアパーク品川」、「大阪海遊館」、「美ら海水族館」という入場者が多い施設で展示されています。 オグロオト…

水族館魚図鑑-ヒマンチュラ・チャオプラヤ(Urogymnus polylepis)

ヒマンチュラ。チャオプラヤは世界最大の淡水魚と言われることもある巨大な淡水エイです。 現在の学名をそのまま読んだウロジムヌス・ポリレピスと呼ばれることもあります。 国内の施設では板橋区熱帯環境植物館でのみ展示されています。(2021年4月まで改修…

水族館魚図鑑-メガネカスベ(Raja pulchra)

メガネカスベは1対の斑紋があり、これがメガネのように見えることが名前の由来になっています。 かすべとは「魚のカスのような」が由来になっており、冷蔵技術が発達していなかった昔は煮ても焼いても美味しくなかったことから付けられたようです。 メガネカ…

水族館魚図鑑-アカエイ(Dasyatis akajei)

アカエイは国内で最も多く見られるエイの一種で、海水浴場や砂浜、河口などの汽水域で見ることがあります。 強力な毒針を持ち、死んだ後も毒は有効なので取り扱いには注意が必要です。 アカエイについて! アカエイを展示している水族館! アカエイとアクア…

水族館魚図鑑-トンガリサカタザメ(Rhynchobatus djiddensis)

トンガリサカタザメはインド洋~太平洋に広く分布する種類だと思われていましたが、現在では4種類に分類されています。(本種は西部インド洋付近にのみ生息) トンガリサカタザメについて! トンガリサカタザメを展示している水族館! トンガリサカタザメとア…

水族館魚図鑑-ジャイアントシャベルノーズ(Glaucostegus typus)

ジャイアントショベルノーズレイ?ジャイアントシャベルノーズレイ?はどちらの呼び方でも呼ばれることがあるサカタザメ科の中で大型の種類です。 (この記事ではジャイアントシャベルノースレイで統一します。) ジャイアントシャベルノーズレイについて! ジ…

水族館魚図鑑-サザンフィドラーレイ(Trygonorrhina dumerilii)

サザンフィドラーレイはオーストラリアの南部沿岸にのみ生息しているサカタザメの仲間です。 サザンフィドラーレイについて! サザンフィドラーレイを展示している水族館! サザンフィドラーレイとアクアパーク品川 サザンフィドラーレイについて! サザンフ…

水族館魚図鑑-ホシエイ(Dasyatis matsubarai)

ホシエイは水族館などで良く展示されているアカエイの仲間で、活発に泳いでくれることから観察しやすいエイです。 黒色の体色からクロエイと呼ばれることもあります。 ホシエイについて! ホシエイを展示している水族館! ホシエイと大洗水族館 ホシエイと …

水族館魚図鑑-コモンサカタザメ(Rhinobatos hynnicephalus)

コモンサカタザメは名前を聞くとサメの仲間であると思う方も多いかもしれませんが、ガンギエイ目の種類でエイの仲間です。 コモンは漢字で書くと「小紋」となり、身体にある小さな斑紋が由来となっています。 コモンサカタザメについて! コモンサカタザメを…

水族館魚図鑑-ウシバナトビエイ(Rhinoptera javanica)

今回紹介する魚はトビエイの一種、ウシバナトビエイについてです! 顔の頭鰭の部分が牛の鼻のような形をしていることが由来となっています。 ウシバナトビエイについて! ウシバナトビエイを展示している水族館! ウシバナトビエイについて! ウシバナトビエ…

水族館魚図鑑-シノノメサカタザメ(Rhina ancylostoma) 名前はサメなのにエイの仲間…?

今回紹介する魚は変わった形と名前でサメと間違えられやすいエイ、シノノメサカタザメについてです! えっ!?サメって言ってるじゃん! と言いたくなりますが、ギンガエイ目に属するエイの仲間になります。 漢字で書くと東雲坂田鮫となり、ちょっとカッコイ…

水族館魚図鑑-ブルースポッテッドファンテイルレイ(アオマダラエイ)(Tarnfura lymma)

今回紹介するのは綺麗な青い斑点が特徴のエイ、ブルースポッテッドファンテイルレイについてです。 ちなみに、レイとはRayというスペルでエイという意味になります! ブルースポッテッドファンテイルレイについて! ブルースポッテッドファンテイルレイを展…

水族館魚図鑑-ヒョウモンオトメエイ(Himantura uarnak) 子供の頃はヒョウ柄の大型のエイ!

今回紹介するエイは体盤幅が最大2m近くまで成長するヒョウモンオトメエイです! その名前の通り、子供の頃に見る事ができるヒョウ柄の模様が特徴のエイになります。 ヒョウモンオトメエイについて! ヒョウモンオトメエイは体盤幅が2mを超える大型のエイです…