水族館魚図鑑-ウナギ目

水族館魚図鑑-アミウツボ(Gymnothorax minor)

アミウツボは太平洋西部に生息している中型のウツボの仲間で、体側に横帯があるのが特徴です。 底引き網などで漁獲されることがありますが、一般的には食用として利用されていません。 アミウツボについて! アミウツボを展示している施設! アミウツボと八…

水族館魚図鑑-マアナゴ(Conger myriaster)

マアナゴは夏が旬の魚として古くから食用として利用されています。 ニホンウナギに似た見た目をしていますが、側線に沿って白色の点線が入っている事で見分けることができます。 マアナゴについて! マアナゴを展示している施設! マアナゴと大洗水族館 マア…

水族館魚図鑑-ニホンウナギ(Anguilla japonica)

ニホンウナギは日本国内で古くから食用として利用されてきた魚で、漁獲量が大きく減少しており、現在は養殖や輸入されたものが主に流通しています。 ニホンウナギについて! ニホンウナギを展示している施設! ニホンウナギと新江ノ島水族館 ニホンウナギと…

水族館魚図鑑-クモウツボ(Echidna nebulosa)

クモウツボは暗色の縞模様と黄色斑点が特徴のウツボの仲間で、綺麗な見た目から観賞魚として飼育されることがあります。 展示している施設は多くなく、JAZA加入の施設では4ヵ所でしか飼育されていません。(4ヵ所のうち葛西臨海水族園とすみだ水族館を訪れた…

水族館魚図鑑-ダイナンウミヘビ(Ophisurus macrurhynchos)

ダイナンウミヘビはウナギ目のウミヘビの中でも凶悪な顔つきをしている魚です。 名前の由来は分かっていませんが、漢字で書くと「大灘海蛇」となるようです。 ダイナンウミヘビについて! ダイナンウミヘビを展示している施設! ダイナンウミヘビと大洗水族…

水族館魚図鑑-スソウミヘビ(Ophichthus urolophus)

スソウミヘビは爬虫類ではなく、魚類のウミヘビで鋭い歯は持っていないウミヘビです。(毒は持っていません。) スソウミヘビについて! スソウミヘビを展示している施設! スソウミヘビと沼津深海水族館 スソウミヘビを展示している施設の一覧 スソウミヘビに…

水族館魚図鑑-モヨウモンガラドオシ(Myrichthys maculosus)

モヨウモンガラドオシはウナギ目ウミヘビ科の魚で、黄色に黒色の斑点が特徴的な魚です。 ユニークな見た目から観賞魚として流通することがあります。 モヨウモンガラドオシについて! モヨウモンガラドオシを展示している施設! モヨウモンガラドウシと小樽…

水族館魚図鑑-ホタテウミヘビ(Ophichthus altipennis)

ホタテウミヘビはウミヘビという名前がついていますが、ウナギ目ウミヘビ科ウミヘビ属の魚です。 ウミヘビと呼ばれている生き物は大きく分けて2種類に分けることができ、爬虫類のウミヘビとウナギ目のウミヘビです。 毒性を持つのは爬虫類のウミヘビなので、…

水族館魚図鑑-モヨウタケウツボ(Pseudechidna brummeri)

モヨウタケウツボは白色のハナヒゲウツボのような見た目をしている魚です。 国内では沖縄本島以南で見られるようですが、数は少なくレアな魚のようです。 モヨウタケウツボについて! モヨウタケウツボを展示している水族館! モヨウタケウツボと板橋区熱帯…

水族館魚図鑑-ホワイトスポッテッドガーデンイール(Gorgasia maculata)

ホワイトスポッテッドガーデンイールはニシキアナゴと同じシンジュアナゴ属の魚で、ニシキアナゴやチンアナゴに比べると見かける機会が少ないです。(水族館で展示しているのは すみだ水族館のみ) ホワイトスポッテッドガーデンイールについて! ホワイトスポ…

水族館魚図鑑-ニセゴイシウツボ(Gymnothorax isingteena)

ニセゴイシウツボは2mを超える大きさにもなる大型のウツボで、大型の個体は丸太のように太くなります。 白色の体色に黒点が全身に散りばめられています。 ニセゴイシウツボについて! ニセゴイシウツボを展示している水族館! ニセゴイシウツボについて! ニ…

水族館魚図鑑-シマウミヘビ(Myrichthys colubrinus)

シマウミヘビは毒々しい見た目をしており、いかにも毒を持っていそうですが毒を持っていません。 毒を持っているのは爬虫類のウミヘビでシマウミヘビはウナギ目ウミヘビ科に分類される魚類です。 シマウミヘビについて! シマウミヘビを展示している水族館!…