水族館魚図鑑-イサキ科

水族館魚図鑑-ヒレグロコショウダイ(Plectorhinchus lessonii)

ヒレグロコショウダイは鰭が黒色になるのが名前の由来のイサキ科コショウダイ属の魚で、食用として利用されています。 コショウダイ属の中で特別目立つ色彩ではありませんが、飼育している施設は多いです。 ヒレグロコショウダイについて! ヒレグロコショウ…

水族館魚図鑑-アヤコショウダイ(Plectorhinchus lineatus)

アヤコショウダイは体側の綾模様が名前の由来になっているコショウダイの仲間で、鮮やかな黄色をしていることから水族館でも展示されることがあります。 アヤコショウダイについて! アヤコショウダイを展示している施設! アヤコショウダイとアクアパーク品…

水族館魚図鑑-ヒゲダイ(Hopalogenys sennin)

ヒゲダイは名前の通り、顎にヒゲを持つ魚です。 名前にタイと付いていますが、タイ科ではなくイサキ科の魚です。 ヒゲダイについて! ヒゲダイを展示している施設! ヒゲダイと鴨川シーワールド ヒゲダイと志摩マリンランド ヒゲダイと東海大海洋博物館 ヒゲ…

水族館魚図鑑-セトダイ(Hapalogenys analis)

セトダイは顎にヒゲがあるヒゲダイ属の魚で、瀬戸内海で多く見られることが由来となっています。 セトダイについて! セトダイを展示している施設! セトダイと東海大海洋博物館 セトダイを展示している施設の一覧 セトダイについて! セトダイは体長40cm程…

水族館魚図鑑-アジアコショウダイ(Plectorhinchus picus)

アジアコショウダイは主に琉球列島などの南方で見られる魚で、食用として利用されていますがコショウダイと区別されない事が多いです。 味はコショウダイよりも良いと言われており、メディアで取り上げられたこともあります。 アジアコショウダイについて! …

水族館魚図鑑-フレンチグラント(Haemulon flavolineatum)

フレンチグラントはカリブ海、メキシコ湾とその周辺の西部大西洋に生息している小型のイサキで食用として利用されています。 フレンチグラントについて! フレンチグラントを展示している水族館! フレンチグラントと葛西臨海水族園 フレンチグラントについ…

水族館魚図鑑-コショウダイ(Plectorhinchus cinctus)

コショウダイは 胡椒のような斑点模様があることが和名の由来となっております。 コショウダイについて! コショウダイを展示している水族館! コショウダイについて! コショウダイは70cmまで成長する大型のイサキ科の魚です。 コショウダイはイサキ科コシ…

水族館魚図鑑-クロオビダイ(Anisotremus virginicus) ポークフィッシュという名前でも流通!

クロオビダイは英名をそのまま読んだ「ポークフィッシュ」と呼ばれることも多いイサキ科の魚です。(この記事ではクロオビダイで統一させていただきます。) クロオビダイについて! クロオビダイを展示している水族館! クロオビダイについて! クロオビダイ…

水族館魚図鑑-チョウチョウコショウダイ

チョウチョウコショウダイはチョウチョウウオ属の魚に鰭などが似ていることが名前の由来になっているようです。 幼魚の模様と成魚の模様が大きく変化することでも知られています。 チョウチョウコショウダイについて! チョウチョウコショウダイを展示してい…

水族館魚図鑑-コロダイ(Diagramma picta)

コロダイは和歌山での地方名が和名になったようです。 和歌山ではイノシシの子供のウリ坊を「コロ」と呼んでおり、コロダイの幼魚の時の模様がウリ坊に似ていることが由来となっています。 コロダイについて! コロダイは最大で80cm程度にまで成長する大型の…