水族館魚図鑑

水族館魚図鑑-モンツキカエルウオ(Blenniella chrysospilos)

モンツキカエルウオはユニークな見た目から人気の高い魚です。 ヨコハマおもしろ水族館ではモンツキカエルウオをメインキャラクターに採用しています。(入館して最初の水槽でモンツキカエルウオの展示もしています。) モンツキカエルウオについて! モンツキ…

水族館魚図鑑-キツネウオ(Pentapodus caninus)

キツネウオはイトヨリダイ科キツネウオ属の魚で、沖縄では「コウコウセイ」と呼ばれています。 これは体側にある黄色の模様が八重山にあった高校の学生帽子の装飾に似ている事が由来だと言われています。 キツネウオについて! キツネウオを展示している施設…

水族館魚図鑑-タマガシラ(Parascolopsis inermis)

タマガシラは漢字で「玉頭」と書きますが、名前の由来は分かっていません。 沖縄ではフエダイ科の数種類の魚と合わせて「ビタロー」と呼ばれています。 タマガシラについて! タマガシラを展示している施設! タマガシラと東海大海洋博物館 タマガシラを展示…

水族館魚図鑑-アカカマス(Sphyraena pinguis)

アカカマスはカマス科の中でも美味な魚として知られており、塩焼きや干物として食べられる事が多いです。 釣りの対象魚となることがあります。 アカカマスについて! アカカマスを展示している施設! アカカマスと東海大海洋博物館 アカカマスを展示している…

水族館魚図鑑-キチジ(Sebastolobus macrochir)

キチジは北海道・東北地方では高級魚として利用されており、北海道では「キンキ」という名前で流通しています。 キチジについて! キチジを展示している施設! キチジと登別マリンパークニクス キチジを展示している施設の一覧 キチジについて! キチジは体…

水族館魚図鑑-クロイシモチ(Apogonichthyoides niger)

クロイシモチはテンジクダイ科カクレテンジクダイ属の魚としては見る機会が多い魚で、水族館での展示も多い魚です。 クロイシモチについて! クロイシモチを展示している水族館! クロイシモチと八景島シーパラダイス クロイシモチと京急油壺マリンパーク ク…

水族館魚図鑑-クロサギ(Gerres equulus)

今回はクロサギという魚について紹介しますが、鳥類にもクロサギという和名の鳥がいるので注意が必要です。 クロサギは定置網や刺し網などで漁獲され、食用として利用されています。 クロサギについて! クロサギを展示している施設! クロサギと東海大海洋…

水族館魚図鑑-ミヤコテングハギ(Naso lituratus)

ミヤコテングハギは綺麗な見た目をしているニザダイ科の魚で、多くの水族館で展示されている魚です。 テングハギ属の中では最も展示施設が多い種類で、尾柄部の橙色の骨質版が特徴です。 ミヤコテングハギについて! ミヤコテングハギを展示している施設! …

水族館魚図鑑-インディアン・セルフィンタン(Zebrasoma desjardinii)

インディアン・セルフィンタンは日本でも見られるヒレナガハギと同じヒレナガハギ属で非常に姿が似ています。 展示している水族館は少なく、鳥羽水族館で展示されているのを確認したのみです。 インディアン・セルフィンタンについて! インディアン・セルフ…

水族館魚図鑑-アイブリ(Seriolina nigrofasciata)

アイブリはアジ科アイブリ属の魚で、アイブリ属は本種のみで構成されています。 国内では主に南日本で見られます。 アイブリについて! アイブリを展示している施設! アイブリと新江ノ島水族館 アイブリを展示している施設の一覧 アイブリについて! アイブ…

水族館魚図鑑-シマアジ(Pseudocaranx dentex)

シマアジの天然物は1尾数万円で取引されることもある高級魚で、養殖も行われています。 釣りの対象魚としても人気の高い魚ですが、唇が薄くバラシやすいようです。 シマアジについて! シマアジを展示している施設! シマアジと登別マリンパークニクス シマ…

水族館魚図鑑-ヒレナガカンパチ(Seriola rivoliana)

ヒレナガカンパチはカンパチによく似た魚ですが、第2背鰭が長くなることが特徴です。 以前はブリ属の中でも数が少ない種類でしたが、温暖化の影響のためか本州でも漁獲量が増えているようです。 ヒレナガカンパチについて! ヒレナガカンパチを展示している…

水族館魚図鑑-ブリ(Seriola quinqueradiata)

ブリは食用として一般的に流通しており、冬が旬となっています。 養殖も盛んに行われており、鹿児島を筆頭に愛媛、長崎等で養殖が行われています。 ブリについて! ブリを展示している施設! ブリと小樽水族館 ブリと志摩マリンランド ブリを展示している施…

水族館魚図鑑-マルコバン(Trachinotus blochii)

マルコバンは丸い体型をしているコバンアジというのが名前の由来となっています。 固い咽頭歯を持ち、貝類などを砕いて食べています。 マルコバンについて! マルコバンを展示している施設! マルコバンと東海大海洋博物館 マルコバンを展示している施設の一…

水族館魚図鑑-ヨコヅナマルコバン(Trachinotus anak)

マルコバンは2018年に初めて日本で確認された魚で、最初はコガネマルコバンと同定されていましたが、解剖した結果本種だと判明しました。(第2肋骨が大きく肥大することでコガネマルコバンと見分けることができます。) ヨコヅナマルコバンについて! ヨコヅナ…

水族館魚図鑑-オキアジ(Uraspis helvola)

オキアジは舌が白いことから英名「Whitetongue jack 」と呼ばれているアジの仲間です。 成長過程により模様が異なる魚で、幼魚・若魚は体側に縞模様があります。 オキアジについて! オキアジを展示している施設! オキアジと東海大海洋博物館 オキアジを展…

水族館魚図鑑-オニアジ(Megalaspis cordyla)

オニアジという名前ですが、オニのように角があるわけではなく「ゼイゴが長く下すのが大変なこと」、「鬼のように大きくなるため」という説があるようです。(個人的にゼイゴが長い事と鬼が全く結びつきませんが…) オニアジについて! オニアジを展示している…

水族館魚図鑑-カンパチ(Seriola dumerili)

カンパチは寿司のネタとしても身近な魚で、アジ科の中ではヒラマサに次ぐ大型種です。 食材としても人気がある魚で、養殖も行われています。 カンパチについて! カンパチを展示している施設! カンパチと東海大海洋博物館 カンパチと志摩マリンランド カン…

水族館魚図鑑-ギンガメアジ(Caranx sexfasciatus)

ギンガメアジは漢字で書くと「銀紙鯵」となり、銀紙を張り付けたような体色をしていることが名前の由来となっています。 幼魚はメッキと呼ばれ秋~冬に本州(太平洋沿岸に多い)でも見られ、釣りの対象魚としても人気の高い魚です。 ギンガメアジについて! ギ…

水族館魚図鑑-コガネシマアジ(Gnathanodon speciosus)

コガネシマアジは種小名の「speciosus」がラテン語で「美しい」という意味で、アジ科の中でも美しい見た目をした魚です。 1m以上に成長する大型の魚ですが、幼魚が観賞魚としてしいくい飼育されることがあります。 コガネシマアジについて! コガネシマアジ…

水族館魚図鑑-クロホシマンジュウダイ(Scatophagus argus)

クロホシマンジュウダイは幼魚が観賞魚として飼育されることがあり、アクアリウムショップ等では「スキャットファーガス」という名称で流通することがあります。 これは属名の「Scatophagus」をそのまま読んでいるのですが、意味は「糞を食べる者」という意…

水族館魚図鑑-コトヒキ(Terapon jarbua)

コトヒキは「ぐーぐー」と鳴くことができ、これが琴を弾いているように聞こえたことから「琴弾」という名前が付けられています。 浮袋を使って「グーグー」と鳴く魚は多くいますが、何故本種だけ…というのは少し不思議ですね。 ヤガタイサキと呼ばれることも…

水族館魚図鑑-スギ(Rachycentron canadum)

スギは外洋で生息する季節回遊を行う魚で、成長が早く味も良いことから外国・国内で養殖が行われている魚です。 以前は「クロカンパチ」等の名称で販売されることもありました。(寿司屋でカンパチとして提供されることもあったようです。) スギについて! ス…

水族館魚図鑑-ムロランギンポ(Pholidapus dybowskii)

ムロランギンポは北海道やオホーツク海北部、サハリン東岸などで見られるタウエガジ科の魚です。 名前の由来は分かっていませんが、室蘭で多く見られたのでしょうか? ムロランギンポについて! ムロランギンポを展示している施設! ムロランギンポと小樽水…

水族館魚図鑑-アストロノータス(Astronotus ocellatus)

アストロノータスは黒色の体色に赤色の模様があるアストロノータスの仲間で、現地から輸入された個体や養殖された個体が流通しています。 迫力のある見た目と人に慣れやすいことから人気のある観賞魚で「オスカー」という名前ので流通することが多いです。 …

水族館魚図鑑-ヒガンフグ(Takifugu pardalis)

ヒガンフグはアカメフグと呼ばれることもあるフグの仲間です。(標準和名がアカメフグという魚が他にいます) アカメフグとヒガンフグでは可食部も異なります。 彼岸花が咲く春に漁獲量が増えることが名前の由来とされています。 ヒガンフグについて! ヒガン…

水族館魚図鑑-モヨウフグ(Arothron stellatus)

モヨウフグは1m以上に成長する大型のフグで、毒性が不明なこともあり多くの都道府県で食用可とされていません。 モヨウフグについて! モヨウフグを展示している水族館! モヨウフグとアクアパーク品川 モヨウフグと八景島シーパラダイス モヨウフグと東海大…

水族館魚図鑑-ハコフグ(Ostracion immaculatus)

ハコフグと言えば某お魚系タレントの方が頭の上に被っていることもあり知名度の高い魚です。 ハコフグは名前の通り箱の形をしており、英語ではハコフグの仲間を「boxfish」と呼んでいます。 ハコフグについて! ハコフグを展示している水族館! ハコフグと京…

水族館魚図鑑-ヨメヒメジ(Upeneus tragula)

ヨメヒメジは細長い体型をしたヒメジの仲間で、食用として利用されています。 ヨメヒメジの名前の由来は分かっていません。 ヨメヒメジについて! ヨメヒメジを展示している施設! ヨメヒメジと名古屋港水族館 ヨメヒメジと志摩マリンランド ヨメヒメジを展…

水族館魚図鑑-アカイサキ(Caprodon schlegelii)

アカイサキは名前にイサキと付けられていますが、イサキ科ではなくハタ科の魚です。 底引き網漁等で漁獲され、食用として利用されています。 アカイサキについて! アカイサキを展示している施設! アカイサキと八景島シーパラダイス アカイサキと名古屋港水…