2021-01-09から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-ムラソイ(Sebastes pachycephalus pachycephalus)

ムラソイはカサゴに似た見た目をしている魚で、日本国内の多くの地域で見ることができます。 テトラポットや波止場にも多く、釣りの対象魚となることもあります。 ムラソイについて! ムラソイを展示している施設! ムラソイと市立室蘭水族館 ムラソイを展示…

水族館魚図鑑-トゴットメバル(Sebastes joyneri)

トゴットメバルはウスメバルにも似ているメバルの仲間で、メバルに比べるとやや深場で見られます。 深場に多いためか、「オキメバル」という名称で流通することもあります。 トゴットメバルについて! トゴットメバルを展示している施設! トゴットメバルと…

水族館魚図鑑-コガネスズメダイ(Chromis albicauda)

コガネスズメダイは観賞魚として飼育されることがある種類で、小さな個体の方が綺麗な黄色の体色をしており、大型個体は体色が黒ずんでいきます。 コガネスズメダイについて! コガネスズメダイを展示している施設! コガネスズメダイと志摩マリンランド コ…

水族館魚図鑑-オオメジロザメ(Carcharhinus leucas)

オオメジロザメはホホジロザメと比べると知名度は低いサメですが、人間を襲う可能性が高いサメとして有名な種類と言われています。 オオメジロザメは淡水へも適応し、汽水域にも姿を現すことがあります。 オオメジロザメについて! オオメジロザメを展示して…

水族館魚図鑑-コバンザメ(Echeneis naucrates)

コバンザメは大型のサメやクジラ、ウミガメなどに吸盤で吸い付くことで知られているスズキ目コバンザメ科の魚です。 大きな魚に吸い付いているイメージが強い魚ですが、大型の個体は単独で表層部を活発に泳ぐことも多いです。 コバンザメについて! コバンザ…