2020-12-17から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-トウカイコガタスジシマドジョウ(Cobitis minamorii tokaiensis)

トウカイコガタスジシマドジョウは以前は、「スジシマドジョウ 小型種東海型」と呼ばれていた個体群になります。(2012年に分類されています。) スジシマドジョウの仲間の多くは生息数が減少しており、トウカイコガタスジシマドジョウも絶滅危惧種IB類に指定…

水族館魚図鑑-タイガーボーシャ(Syncrossus helodes)

タイガーボーシャは観賞魚としても飼育されることがありコイ目ドジョウ科の魚で、体側の縞模様が特徴です。 タイガーボーシャについて! タイガーボーシャを展示している施設! タイガーボーシャと千歳水族館 タイガーボーシャについて! タイガーボーシャは…

水族館魚図鑑-クラウンローチ(Chromobotia macracanthus)

クラウンローチは橙色と黒色の縞模様が特徴のドジョウ科の魚で、飼育者を驚かせる変わった行動とユニークな見た目から「Clown」(=ピエロ)が名前についています。 クラウンローチについて! クラウンローチを展示している施設! クラウンローチと千歳水族館 …

水族館魚図鑑-エゾホトケドジョウ(Lefua nikkonis)

エゾホトケドジョウはホトケドジョウに似ているドジョウの仲間で、北海道と青森の一部に生息しています。 ホトケドジョウは優しそうな顔つきをしている事が由来となっているようです。 エゾホトケドジョウについて! エゾホトケドジョウを展示している施設!…

水族館魚図鑑-アユモドキ(Parabotia curtus)

アユモドキはドジョウ科の魚で、泳いでいる姿がアユに似ている事が名前の由来になっています。 生息数が激減しており、国の天然記念物に指定されています。 アユモドキについて! アユモドキを展示している施設! アユモドキと東山動物園 アユモドキと志摩マ…