2020-11-30から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-キチジ(Sebastolobus macrochir)

キチジは北海道・東北地方では高級魚として利用されており、北海道では「キンキ」という名前で流通しています。 キチジについて! キチジを展示している施設! キチジと登別マリンパークニクス キチジを展示している施設の一覧 キチジについて! キチジは体…

水族館魚図鑑-アカカマス(Sphyraena pinguis)

アカカマスはカマス科の中でも美味な魚として知られており、塩焼きや干物として食べられる事が多いです。 釣りの対象魚となることがあります。 アカカマスについて! アカカマスを展示している施設! アカカマスと東海大海洋博物館 アカカマスを展示している…

水族館魚図鑑-タマガシラ(Parascolopsis inermis)

タマガシラは漢字で「玉頭」と書きますが、名前の由来は分かっていません。 沖縄ではフエダイ科の数種類の魚と合わせて「ビタロー」と呼ばれています。 タマガシラについて! タマガシラを展示している施設! タマガシラと東海大海洋博物館 タマガシラを展示…

水族館魚図鑑-キツネウオ(Pentapodus caninus)

キツネウオはイトヨリダイ科キツネウオ属の魚で、沖縄では「コウコウセイ」と呼ばれています。 これは体側にある黄色の模様が八重山にあった高校の学生帽子の装飾に似ている事が由来だと言われています。 キツネウオについて! キツネウオを展示している施設…

水族館魚図鑑-モンツキカエルウオ(Blenniella chrysospilos)

モンツキカエルウオはユニークな見た目から人気の高い魚です。 ヨコハマおもしろ水族館ではモンツキカエルウオをメインキャラクターに採用しています。(入館して最初の水槽でモンツキカエルウオの展示もしています。) モンツキカエルウオについて! モンツキ…