2020-11-28から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-ヨコヅナマルコバン(Trachinotus anak)

マルコバンは2018年に初めて日本で確認された魚で、最初はコガネマルコバンと同定されていましたが、解剖した結果本種だと判明しました。(第2肋骨が大きく肥大することでコガネマルコバンと見分けることができます。) ヨコヅナマルコバンについて! ヨコヅナ…

水族館魚図鑑-マルコバン(Trachinotus blochii)

マルコバンは丸い体型をしているコバンアジというのが名前の由来となっています。 固い咽頭歯を持ち、貝類などを砕いて食べています。 マルコバンについて! マルコバンを展示している施設! マルコバンと東海大海洋博物館 マルコバンを展示している施設の一…

水族館魚図鑑-ブリ(Seriola quinqueradiata)

ブリは食用として一般的に流通しており、冬が旬となっています。 養殖も盛んに行われており、鹿児島を筆頭に愛媛、長崎等で養殖が行われています。 ブリについて! ブリを展示している施設! ブリと小樽水族館 ブリと志摩マリンランド ブリを展示している施…

水族館魚図鑑-ヒレナガカンパチ(Seriola rivoliana)

ヒレナガカンパチはカンパチによく似た魚ですが、第2背鰭が長くなることが特徴です。 以前はブリ属の中でも数が少ない種類でしたが、温暖化の影響のためか本州でも漁獲量が増えているようです。 ヒレナガカンパチについて! ヒレナガカンパチを展示している…

水族館魚図鑑-シマアジ(Pseudocaranx dentex)

シマアジの天然物は1尾数万円で取引されることもある高級魚で、養殖も行われています。 釣りの対象魚としても人気の高い魚ですが、唇が薄くバラシやすいようです。 シマアジについて! シマアジを展示している施設! シマアジと登別マリンパークニクス シマ…