2020-11-27から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-コガネシマアジ(Gnathanodon speciosus)

コガネシマアジは種小名の「speciosus」がラテン語で「美しい」という意味で、アジ科の中でも美しい見た目をした魚です。 1m以上に成長する大型の魚ですが、幼魚が観賞魚としてしいくい飼育されることがあります。 コガネシマアジについて! コガネシマアジ…

水族館魚図鑑-ギンガメアジ(Caranx sexfasciatus)

ギンガメアジは漢字で書くと「銀紙鯵」となり、銀紙を張り付けたような体色をしていることが名前の由来となっています。 幼魚はメッキと呼ばれ秋~冬に本州(太平洋沿岸に多い)でも見られ、釣りの対象魚としても人気の高い魚です。 ギンガメアジについて! ギ…

水族館魚図鑑-カンパチ(Seriola dumerili)

カンパチは寿司のネタとしても身近な魚で、アジ科の中ではヒラマサに次ぐ大型種です。 食材としても人気がある魚で、養殖も行われています。 カンパチについて! カンパチを展示している施設! カンパチと東海大海洋博物館 カンパチと志摩マリンランド カン…

水族館魚図鑑-オニアジ(Megalaspis cordyla)

オニアジという名前ですが、オニのように角があるわけではなく「ゼイゴが長く下すのが大変なこと」、「鬼のように大きくなるため」という説があるようです。(個人的にゼイゴが長い事と鬼が全く結びつきませんが…) オニアジについて! オニアジを展示している…

水族館魚図鑑-オキアジ(Uraspis helvola)

オキアジは舌が白いことから英名「Whitetongue jack 」と呼ばれているアジの仲間です。 成長過程により模様が異なる魚で、幼魚・若魚は体側に縞模様があります。 オキアジについて! オキアジを展示している施設! オキアジと東海大海洋博物館 オキアジを展…